グローバルベイス、「室内緑化」に特化したリノベプランで公園の空気を家の中でも – リフォーム産業新聞

Home » ショップ » 家具 » グローバルベイス、「室内緑化」に特化したリノベプランで公園の空気を家の中でも – リフォーム産業新聞
家具 コメントはまだありません



グローバルベイス、「室内緑化」に特化したリノベプランで公園の空気を家の中でも

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

リノベーションの物語

GREEN DAYS

 都心のマンションでもたくさんの緑に囲まれ、心地よい空気の中で生活ができる。それを可能にするのが、室内緑化に特化したリノベーションプラン「GREEN DAYS」だ。買取再販を手掛けるグローバルベイス(東京都渋谷区)と青山フラワーマーケットを運営するパーク・コーポレーション(東京都港区)の空間事業parkERs(パーカーズ)が事業提携して誕生した。コンセプトは「公園のような居心地の良さ」。このプランを体感できるモデルルームをリポートする。

グローバルベイス Before:以前の部屋の様子 After:たくさんの緑に包まれるリビングBefore:以前の部屋の様子
After:たくさんの緑に包まれるリビング。植物の影が壁に映し出される

築36年物件を再生

 同モデルルームがあるのは、東京・渋谷にある築36年のマンションの一室。元々は3LDKだったものを2LDKに間取り変更した。

 玄関のドアを開けると、廊下の突き当たりには出迎えるようにライティングされたグリーンが植えられている。玄関からリビングへと続く廊下は、壁もトイレや個室などのドアも全て薄いグレーで塗られている。「濃いグリーンが映え、影が奇麗に映るようにしています」と新規事業部・広報企画室の植田有紀氏。

 洗面台は造作で、緑が映えるように水栓も白だ。鉢植えをそのまま入れられるように穴がくり抜かれている。「日に当てたいときには鉢のままベランダに持っていき、ベランダで育てた鉢と簡単に交換できます」と植田氏。

 キッチンにも植物を育てやすい仕掛けがある。シンクの奥に、水耕栽培ができるようにプランターが埋め込まれている。水栓の向きを変えれば、そのまま水やり可能で、排水もできる。バジルやミニトマトなどを収穫して、そのままサラダに入れることもできる。

グローバルベイス キッチンには水耕栽培のプランターキッチンには水耕栽培のプランター。水栓の向きを変えると簡単に水やりができる

 リビングルームのソファ、ダイニングテーブル、照明もすべて造作家具で、植物を室内で楽しむことのできる工夫が凝らされている。ソファ裏はプランターになっており、植えられたグリーンの影が壁に映し出されるように照明で演出されている。日の傾きや植物の揺らぎにより影が変化し、室内の表情が変わる。「植物を通して、一日の変化を感じてもらえます」と植田氏。

 テーブルには試験管が埋め込まれ、一輪挿しができるようになっている。植田氏は「挿す花によってイメージががらりと変わります」と語る。花瓶を倒してしまう心配もなく、花によるテーブルコーディネートができる。鉢がはめ込めるような吊り下げの照明器具もあり、至るところで植物が取り入れられるようになっている。

グローバルベイス 一輪挿しができるテーブル一輪挿しができるテーブル

水やりは週に一度だけ

 室内でグリーンを楽しみたいというニーズは以前から根強くある。しかし、手入れが難しく、枯らしてしまった人も多いだろう。新規事業部・広報企画室の瀧本裕子室長によると、枯らしてしまう多くの原因は水やり不足と虫。このモデルルームは、これだけ植物が満載であるにもかかわらず、週に一度の水やりで大丈夫なように設計されている。プランターは二重構造になっており、水を保持しながら少しずつ吸っていくような仕組みのため、水やりの回数が少なくて済む。また、土はオリジナルの「parkERs soil(パーカーズソイル)」を用いているため虫がわく心配もない。

 「新築でもリノベーションでも、後から家の中にグリーンを入れるというのは難しいです。なぜなら置く場所を想定していないから。置くことはできても日当たりが良くない、手入れしやすい場所に置いていないという理由で枯らしてしまいます」と瀧本氏は語る。

グローバルベイス 造作の洗面台には鉢植えを入れられる造作の洗面台には鉢植えを入れられる

専門家による3つのサポート

 さらに専門家による3つのサポートがあり、植物の知識がなくても無理なく維持できる。

 1つ目は、マンションの日当たりやライフスタイルに合わせた植物の提案。植物を選ぶ段階から専門家がヒアリングして提案する。「最初から植物を育てられる環境をつくります」と瀧本氏。

 2つ目は、初年度は無料で4回受けることができるアフターサポート。専門家が訪問し、水やりについてのアドバイスやメンテナンスを行ってくれる。植物が弱ってしまった際には、なぜそうなったかを教えてもらえるので心強い。

 3つ目は育成キットとマニュアルのプレゼント。育成キットにはスコップやじょうろに加えて、栄養剤や薬剤も含まれる。

 「本物の植物があると空気が清々しく、心がほどけます。グリーンを通して、『芽が出たね』などコミュニケーションが生まれる家をつくりたい」と瀧本氏は語る。

 同社のリノベーションワンストップ事業「マイリノ」が中古物件の調達から設計、施工を行う。緑のある生活空間をパーカーズがプロデュース。内装デザインや家具設計を行う。

グローバルベイス 鉢を入れることができる照明器具鉢を入れることができる照明器具


↓ 過去の「リノベーションの物語」「グローバルベイス」「パーク・コーポレーション」の記事はこちらから

小田急ハウジング、ペットや趣味「あそぶ」がテーマのリノベモデルルーム誕生
中古改修「マイリノ」本格化
パーク・コーポレーション、「青山フラワーマーケット」の緑化リノベ





コメントを残す