ヤマシンフィルタは調整一巡感、18年3月期大幅増収増益予想で19年3月期も収益拡大期待 – 財経新聞

Home » ショップ » 家具 » ヤマシンフィルタは調整一巡感、18年3月期大幅増収増益予想で19年3月期も収益拡大期待 – 財経新聞
家具 コメントはまだありません



 ヤマシンフィルタ<6240>(東1)は、建設機械の油圧回路用フィルタで世界首位である。18年3月期大幅増収増益予想である。そして19年3月期も収益拡大が期待される。株価は戻り高値圏から反落したが調整一巡感を強めている。

■建設機械の油圧回路用フィルタで世界首位


 建設機械の油圧回路用フィルタで世界首位である。産業機械用や電子部品製造工程用のフィルタも展開している。

 18年3月には米国および中国の連結子会社への生産委託を発表した。現在はフィリピンで約9割、日本で約1割を生産しているが、地政学リスクの回避、流通コストの削減、主要取引先との関係強化を目的として生産委託する。

■18年3月期大幅増収増益予想、19年3月期も収益拡大期待


 18年3月期の連結業績予想は、売上高が17年3月期比24.9%増の125億円、営業利益が82.7%増の17億50百万円、経常利益が84.1%増の17億20百万円、純利益が84.4%増の11億80百万円としている。

 主力の建機用フィルタの需要が高水準に推移して大幅増収増益予想である。19年3月期も収益拡大が期待される。

■株価は調整一巡感


 株価(17年12月1日付で株式5分割)は、3月の戻り高値圏1500円近辺から反落して上値を切り下げる形となったが、1200円近辺で調整一巡感を強めている。4月23日の終値は1299円、前期推定連結PERは約68倍、時価総額は約899億円である。週足チャートで見ると26週移動平均線近辺で下げ渋る形だ。戻りを試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)

【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)

カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)

【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)





コメントを残す