値上げは、売れる・売れないを見極める絶好のチャンス! 4000万円の「増分売上」が出た理由 – ダイヤモンド・オンライン

Home » リサイクル » 値上げは、売れる・売れないを見極める絶好のチャンス! 4000万円の「増分売上」が出た理由 – ダイヤモンド・オンライン
リサイクル コメントはまだありません



JR新宿ミライナタワー改札から15秒! 夏は神宮外苑の花火大会、冬は日本一高い富士山の雪化粧が見られる10階の一等地。ここに15年連続増収の株式会社武蔵野がセミナールームを開いたのは2017年2月。あれから1年弱……。社長の小山昇氏を直撃すると、「新卒説明会にも前年比2.36倍の1020名がきて、どんどん採用できる。しかも辞めない」という。JR新宿ミライナタワーの家賃は「月500万円」。ここだけで年間6000万円にもなる。

小山氏が社長に就任した1989年の売上が7億円だったが、直近では63億円に達した。

実に28年間で売上を「9倍」にした“経営のカリスマ”は、なぜこれだけの大金を1ヵ所に投資したのか?

全国700社以上を指導し、倒産企業ゼロ、5社に1社が過去最高益、自社も日本初の「日本経営品質賞」2度受賞、15年連続増収の小山氏が、創業以来最も大切にするのが「数字は人格」という経営哲学だ。

話題の『数字は人格――できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか』に関して、「書いてはマズイ全51社のエピソードと、99%の社長が勘違いしている“人を育てる数字・ダメにする数字”を書き尽くしてしまった。“数字は人格”には魔力がひそんでいる」と小山氏。

企業の不正発覚が相次ぐ中、なぜいま「数字は人格」なのか?

全国を飛び回っている分刻みのスケジュールの小山氏をついにつかまえた!(構成:寺田庸二)。

消費税率アップを

チャンスに変えた

 値上げのインパクトを弱めるために、消費税率引き上げのタイミングで値上げするという方法もあります。

 ネットカフェなどを展開するタイムス株式会社が運営するリサイクルショップは、もともと内税方式で商品を販売していました。

 しかし、2014年4月に消費税が8%になったとき、高畠章弘社長は頭を悩ませた。

 リサイクルショップは、この古着はいくら、このDVDはいくらと、1点ごとに値段がつきます。

 内税方式では税率引き上げに合わせて1点ずつ値札を貼り替える必要があり、とても対応できそうにありませんでした。

「どうしようかと悩んでいたとき、小山さんの声がたまたま聞こえてきました。小山さんはほかの社長に『内税を外税にして、値札をそのままにすれば儲かるのに』と悪魔のささやきをしていた。これだと思って、さっそくパクりました(笑)」(高畠社長)





コメントを残す