折りたたみ自転車の選び方。意外と豊富な種類・ポイントをまとめて紹介! – SPOT+[スポットプラス]

Home » ショップ » バイク » 折りたたみ自転車の選び方。意外と豊富な種類・ポイントをまとめて紹介! – SPOT+[スポットプラス]
バイク コメントはまだありません



2018年04月17日

折りたたみ自転車は、実はさまざまな種類があるのをご存知ですか?今回は折りたたみ自転車の種類の紹介と、購入を検討されている方への選び方のご紹介です。

折りたたみ自転車の選び方

価格設定を先に決める

まずは自分の出せる予算を決めておきましょう。折りたたみ自転車の相場は、同じグレードであれば通常のママチャリよりも少し高めの値段設定だと思ってください。折りたたみに限ったことではないですが、自転車というのは値段に正直で、値段が高ければ高いほどそれに比例して性能が良いものになっていきます。

どこに比重をかけるか決める

予算をある程度決めたら、次は自転車をどのようにして利用するのかを考えてみてください。折りたたみ自転車を買うけれども折りたたまずに普通の自転車のように使うのか、車に積んで旅行先の公園でサイクリングを楽しむのか等、用途は人それぞれかと思います。その用途に合わせて、選ぶべき車体も変わってくるということです。

・収納性で選ぶ

日常的に折りたたみ自転車を使うが、駐輪場に駐輪すると盗まれるのが心配、という方は、折りたたんで家の中に収納する使い方になるでしょう。ただ家の中に置いておくには、なるべく省スペースで収納できた方が良いので、どこまでコンパクトになるか、という点を重視することになります。折りたたみ方もさまざまで、車体の中心を1回折るだけのタイプや、ハンドルも折り曲げられたり、2〜3回折るタイプもあります。なるべく折りたたみ時のサイズが小さいものを選ぶと良いでしょう。

・運びやすい軽さ

旅行が好きな方で、自転車を電車に乗せて旅先に向かい、降りた先で自転車に乗って景色を楽しみ、また電車に乗って別の場所へ、という方もいます。電車に乗せるとはいっても、駅前で自転車を折りたたみ、階段を上って降りて改札を通過したり、駅構内やホームを歩き回ったりする必要があるため、自転車が重いとかなり大変です。自転車の車体の重さが軽いものを選ぶのがベストです。

・軽快な速さ

折りたたんで使うのは二の次で、通勤通学やサイクリングに使用したい方は、軽快に走れるものを選ぶべきです。そもそも折りたたみ自転車は車輪の小さいものが多いカテゴリーなので、どうしても1回の漕ぎで進む距離が普通の自転車に比べて短くなりがちです。それを解消するために、変速機が多段になっているものや、ギア比が特に重めに設定されている種類もあります。またロードバイクのように、ハンドルがドロップハンドル型になっていて乗車姿勢が低くなり、漕ぐ力が入りやすく設計されているタイプもあります。

ネットで購入の場合

もともとがコンパクトな自転車なため、他の種類の自転車に比べてインターネットでの購入がしやすい種類であるといえます。ただし買いやすいとはいっても、ネットで自転車を買う際には注意しておかなければならない点もいくつかあります。

・どこまで組み立てられているか

ネット販売の自転車は多くの場合、無組み立て無調整で乗り出せることは少なく、購入者自身がある程度組み立て、調整しなければならないことがほとんどです。特殊な工具が必要になることはありませんが、最低でも六角レンチやスパナ、プラスドライバーくらいのレベルは覚悟しておいた方がいいです。購入前に、どこまで組み立てた状態で家に届くのかは、あらかじめ購入店に確認しておいた方が良いでしょう。

・万が一の場合近くの自転車屋で組み立ててくれるか

どうしても自分ではできないレベルの状態で届いてしまった場合、近所の自転車屋に持って行くしかありませんが、むしろその方が安心で、そうすべきだとは思います。公道を走る乗り物で「軽車両」なわけですから、素人がわからずになんとなく組み上げて事故を起こすよりは、プロにお金を払ってきちんと整備された自転車に乗ってください。当然自転車屋側は快くは思わないので断られることもありますし、届いた状態がどこまで組み立ててあるかで金額は変わると思いますが、折りたたみ自転車の組立工賃は概ね5000円〜10000円が相場といったところです。

折りたたみ自転車を選ぶメリット

ここで、折りたたみ自転車を使うことのメリットを紹介していきます。

メリット1実は速い

車輪が小さい、というのは遅いイメージがありますが必ずしもそうでもありません。車輪が小さくても少ない漕ぎで長い距離を進めるように、ギアクランクやギアの歯数が調整されており、大きい車輪の自転車とも遜色ない回転数で走れるものもあります。もちろん最高時速はスポーツバイクには及びませんが、普通の自転車に比べて車体が軽いため、少ない力でペダルを漕ぐことができます。

メリット2軽く持ち運べるものもある

スポーツバイクと同じように、フレームの素材にこだわっているモデルもあり、特にアルミフレーム車は持ち運びやすいように軽く作られています。また折りたたんで手に持つ場所に、重心が来るように重さのバランスも考えられていて、実際の重さほど重量を感じにくいように設計された自転車もあります。

メリット3街乗りに適している

車輪が小さいと漕ぎ出しが軽くなるため、信号で止まることが多い街中で、止まって走り出して、止まって走り出して、を繰り返すのに向いているといえます。

メリット4電車や車に乗せやすい

折りたたみ以外の自転車の場合、電車や車に乗せるためには車輪を外さないと乗せられないことがほとんどです。逐一乗せる度に車輪を外し、降ろしたら左右のバランスを確認しながら車輪を装着したり、ギアやブレーキの調整をし直したりするのは大変な手間です。折りたたみ自転車はそんな面倒な手間が一切必要ありません。

メリット5帰りを気にせず遠方で乗り回せる

先述のように折りたたみ自転車は、電車や車に簡単に乗せることができるため、自転車では引き返せないほど遠くまで走ってしまっても、帰りの手段の選択肢に困ることはありません。タクシーのようなセダン車にも乗せられるコンパクトさは他には真似できないメリットといえるでしょう。

万が一トラブルで遠方で走れない状態になってしまっても、すぐに修理せずに折りたたんで持ち帰ってから落ち着いて修理することもできます。

メリット6室内などでも場所を取らずに管理できる

室内保管しやすいことは、盗難防止にもなりますし、自転車そのものの寿命を延ばすことにもなります。金属とゴムの塊である自転車は、雨や直射日光が天敵です。

電車でも持ち運びができる運びやすさ

電車での持ち運びについて詳しく見ていきましょう。

輪行袋やスーツケースに入れて運ぼう

電車に乗せやすいとはいっても、折りたたんだそのままでは、タイヤの汚れ等で他の人の迷惑になってしまうので、輪行袋という自転車専用のバッグに入れるのがマナーです。ナイロン生地を少し丈夫にしたような袋で、収納時はリュックの中に入れておき、必要な時に広げてバッグ状にします。自転車を入れた状態でショルダーバッグのように肩からかけることもできますので、手に持つよりもずっと楽に運べます。特に小さいサイズの折りたたみ自転車ならば、スーツケースに入るものもあります。スーツケースならばキャスターも付いているので運びやすさは上ですが、自転車には乗るときにスーツケースが邪魔になってしまうので、どちらも状況に応じて使い分けた方が良いでしょう。

大半の電車では自転車の持ち込みは無料になった

昔は電車への自転車の持ち込みは、ほぼ人間一人分のスペースを占有してしまうことになるので別料金がかかっていた時期もありましたが、輪行袋の登場で、「手荷物」の扱いになったので今では電車への持ち込みは無料になっています。ただし通勤ラッシュの時間帯などは、輪行袋に入っていても他の人にぶつけて怪我をさせてしまうリスクがあるため、場合によっては注意を受けることもあります。持ち込みは可能であるとはいえ、最低限のマナーは守りながら自転車を楽しみましょう。

電車通勤などと併用する場合

通勤で電車と折りたたみ自転車を併用する場合のケースを考えてみましょう。

重さは10㎏程度の軽いものがいい

駅まで自転車、電車に乗せて駅を降りてまた自転車を使用するケースの場合、駅構内やホームの階段を自転車を持って移動することになるので、軽いものを選ぶのが良いでしょう。ただでさえ疲れるお仕事なのに、通勤途中に疲れてしまっては意味がありません。

コインロッカーに収納できるとなおよし!

駅までしか自転車に乗らない場合でも、コンパクトな自転車なら駐輪場に停めるよりもコインロッカーに入れてしまいましょう。駐輪場代とコインロッカー代、どちらが安いかは別として、コインロッカー内は盗難防止にはうってつけです。少し高くてもコインロッカーに入れられれば盗難のリスクはほぼ無くなるといっていいでしょう。

手軽に持ち運べるようにキャスターが取り付けられるものを選ぶ

担いだり、持って歩くのは大変という方は、折りたたんだ状態のときにはキャスターで転がせるようになっているものを選びましょう。もともと車体にその機能が付いているモデルもありますし、キャスターのみ後付けできるように別でも売っています。

輪行バッグとセットになったモデルも

輪行バッグはある程度大きく、どんな自転車でも入れられるような汎用的なサイズのものもあります。

一方で、その折りたたみ自転車を入れやすいように、メーカーが独自に開発し、その自転車用のバッグとして自転車とセットで販売しているものもあります。ピッタリと自転車が収納されるので、バッグに余計なダブつきがなく、スッキリとしているので他の手荷物もある場合は邪魔にならずに便利です。

折りたたみ自転車のブランドは意外と多い

『DAHON』

折りたたみ自転車ブランドの中でも最も歴史のあるブランドの1つです。独自の技術でコンパクトかつ走行性能が高い自転車を多く生み出し、独特な折りたたみ機構で特許も持っています。

『NANOO』

コンパクトさと持ち運びやすさを追求した折りたたみ自転車ブランドです。車輪が小さく、自転車を折るのではなく、ホイールベースを縮めるように独特なスタイルで収納できます。折りたたんだ状態でも同じポジションで自転車を押して歩けるため、キャスターもいらずに楽に持ち運びが可能です。

『BRONPTON』

イギリスのブランドで、全て職人がハンドメイドで作っていることで有名です。一番の特徴は、折りたたみ時のサイズがとても小さく、コインロッカーにも入れられるほどコンパクトになります。その上折りたたみの構造も簡単でわかりやすく、工具いらずで10秒前後でスピーディに折りたためるのも人気の一つです。

『BIRDY』

ドイツのブランドで、前後にサスペンションが付き、そのサスペンションを折りたたみ機構の支点として利用している独特な自転車を作っています。スポーティなフォルムで走行性能が高く、サスペンションのおかげでどこでも走れるというコンセプトのもとに作られています。

『Carry me』

その名の通り、8インチの極小タイヤを装備しているとても軽量で持ち運びやすいモデルを

作っているブランドです。折りたたみ時はA4サイズの紙に収まるほどに細長い形状になり、後輪タイヤと標準装備のキャスターで、スーツケースのように転がして運べるのが特徴です。

『DOPPEL GANGER』

全体的に安価で有名です。細いフレームでスポーティなモデルが多いですが、安価ゆえに部品や整備は最低限なので、安いからといって初心者にはオススメできません。逆に自分である程度自転車をいじれる方に向いています。

通勤通学におすすめの折りたたみ自転車5選

DAHON(ダホン) Dash P8 20インチ アルミフレーム 2×8段変速 折りたたみ自転車 2018年モデル

Frame:Dalloy aluminum dual arc design, Lock Jaw technologyBrake Lever:Avid FR5Derailleur/Front:N/AKickstand:Aluminum

インヴィジブルフォールディングバイクとも称されるDash P8。スマートな見た目のLock Jawヒンジにより一般的なミニベロと変わらないデザインに。シフターはRapid Fireシフターへと変更され操作感も向上。

Amazonで見る

NANOO(ナノー) 折りたたみ自転車 12インチ アルミ製 シマノ7段変速 専用輸行バッグ/トライフレームバッグ付属

タイヤサイズ 12-1/2×2-1/4
フレーム材質 アルミ
適応身長 140cm以上
フレームサイズ 460mm
リム アルミ
重量 11.5kg

●瞬時に折り畳み:折畳・展開の所要時間と手間にフォーカスし、いかに簡単に折りたたむかを研究開発しました。世界初のリフトフォールディングシステム「Lift Foldn’ Sys」(以下リフトシステムに略)により、フレームの開閉はわずか5秒●車体の重量:NANOOについて、よく「重さはどれくらいですか?」と聞かれることがあります。答えは11.5kg(ペダル含む)。

Amazonで見る

BROMPTON(ブロンプトン) M6R(M6R) ミニベロ・小径車 2016年 -サイズ

【サイズ】- / 【適正身長】155cm~(あくまで目安です。)
商品は最終整備実施後の配送となります。

ミニベロ・小径車 / 年式:2016年 / メーカー:BROMPTON(ブロンプトン) / モデル名:M6R(M6R) / フレーム素材:クロモリ / シートチューブ:240mm(実寸) / トップチューブ:610mm(実寸) / 重量:12.66kg / クランク:純正 / 170mm / 変速レバー:純正 / フロントディレイラー:- / リアディレイラー:純正 / 6速 / ブレーキキャリパー:純正 / ホイール:純正 / ステム:純正 / ハンドル:純正 / 520mm / サドル:純正
状態説明:チェーンステーのブリッジ部分に折りたたみによる凹みがございます。トップチューブ、フェンダー、クランクに微キズがございます。
商品説明:BROMPTON(ブロンプトン)M6Rの2016年モデルの中古品です。
人気のRAWカラーブロンプトンです。便利で走行性能の高いキャリア、6段変速付モデルです。

Amazonで見る

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 折りたたみ自転車 FALTRADシリーズ BLACKBULLET II 104-DP 16インチ 軽量アルミフレーム採用モデル

色 ブラック
素材 アルミ
ホイールサイズ16 インチ

小径車=進まない、体格が小さな人が乗るもの、というイメージを覆すべく再設計されています。
フレームは6センチストレッチされていますが、折りたたんだ時に最もコンパクトになるようにフレームの前後を均等に3センチずつ延長。
こうすることで、フォールディング時に前輪と後輪との車軸が一致し、より小さい容積での折りたたみが可能となります。

Amazonで見る

MONTAGUE 折りたたみ自転車 NAVIGATOR (モンタギュー ナビゲーター

タイヤサイズ :Kenda 700c x 35mm semi-knobby 変速機 :Shimano Sora. 27-Speed フロントサスペンション :SR Suntour XCT Suspension. 80mm travel ブレーキ :mechanical disc brakes シートポスト :Kalloy 30.0 X 300mm ハンドルバー :30mm

モンタギュークロスバイク。クロスバイクで折りたたむ機能が必要ですか?実際に使用してみるとその問いに対して活用性が非常に高いことが大いに理解できます。トップチューブ2本のみの独特なフレーム形状もおすすめです。ステムにはオクタゴン™を採用し工具不要でハンドルバーの高さを調整できます。

Amazonで見る

あわせて買っておきたい便利グッズ

折りたたんで持ち運ぶ、という特性上なるべく軽量になるように作られたものが多いので、スポーツバイクのように余計な部品は付いていません。普段街乗り用として使用するにはある程度のグッズは揃えるひつようがあります。駐輪や夜間走行のためにワイヤーロックやライトは最低限必要でしょう。荷物を載せたい方は後付けの前カゴもあります。電車等で輪行する場合は、自転車のサイズに合った輪行バッグが必要になります。

編集部からヒトコト

折りたたみ自転車の魅力を感じていただけたでしょうか。折りたたみ自転車の購入の際は、自転車としての走行性能以外にも、コンパクトさや持ち運びの手軽さという部分も考慮する必要があります。この記事を読んで、自分はどんな機能を求めているのかを決めてから、選んでみてはいかがでしょうか。

【関連記事】





コメントを残す