月額ファッションレンタル4社が合同キャンペーンを実施 – ECのミカタ

Home » リペア » 月額ファッションレンタル4社が合同キャンペーンを実施 – ECのミカタ
リペア コメントはまだありません



株式会社K-GOLDインターナショナル(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:横田 光夫)が展開するブランドバッグレンタルサービス『SHAREL(シェアル)』は、月額ファッションレンタル春の合同キャンペーンを開催することを公表した。

定額制で高級バッグがレンタルできるアプリを展開

K-GOLDインターナショナル社は、貴金属・ブランド商品等の買取りおよび販売、リユース店舗運営、宝石リフォーム・リペア等を行う事業運営、インターネットを通じた宝飾品等の通信販売などを行う企業だ。

その同社が展開するブランドバッグレンタルサービス『SHAREL(シェアル)』は、月額ファッションレンタル春の合同キャンペーンを、2018年4月12日(木)から5月15日(火)まで期間限定で行うことを公表した。

ブランドバッグレンタルアプリ『SHAREL』とは、DL無料・月額定額制で高級ブランドバッグがレンタルできるアプリだ。レンタル対象のブランドバッグは、ルイ・ヴィトンやシャネル、エルメス、プラダ、グッチ等の海外有名ブランド品が名を連ねる。

全国のリサイクルキングで買い取った物や、専任のバイヤーがオークションで仕入れた物の中から状態の良い物だけを厳選してレンタルしているのも特徴だ。レンタル後に返却された商品は、クリーニングされた後に全国の店舗にて低価格で販売が出来るため、『SHAREL』では常に状態の綺麗な物だけをユーザーに提供する事が可能になっている。また連携して『SHAREL』の使い方の応用や、季節のコーディネート、お出かけスポットを紹介するメディアもスタートしている。

4社合同でキャンペーンを実施

今回のキャンペーンは、株式会社enish(本社:東京都港区、代表取締役社長:安徳 孝平、以下 enish)が展開するファッションレンタルサービス『EDIST. CLOSET(エディストクローゼット)』、株式会社スパークルボックス(本社:東京都目黒区、代表取締役:太田 理加)が展開するジュエリー・アクセサリーレンタルサービス『SparkleBox(スパークルボックス)』、株式会社キーザンキーザン(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井上 大輔)と合同で開催される大々的なものだ。

月額定額制ファッションレンタルサービスは、近年、テレビや新聞、雑誌など多くのメディアで取り上げられる機会が増え、ファッションレンタルへの認知度や理解度も向上してきている。さらに、より多くのユーザーに便利で毎日が楽しくなるファッションレンタルサービスを認知してもらるよう、キャンペーンを開催する運びとなったのだ。

また、4月19日(木)からは、マンガ作家である、遥那もより氏による、ファッションレンタルサービスの体験マンガが公開される予定だ。実際に、サービスの会員登録から利用した感想までを、マンガにすることでよりわかりやすく伝えるとしている。

各種の特典を用意

同キャンペーンでは、期間中にキャンペーンコード「UNITED18S」を入力の上、対象となるサービスに新規会員として登録することで、もれなく特典が入手できる。さらに、2つ目となるファッションレンタルサービスに新規会員として登録することで、そのサービスの初回利用分について半額相当の割引サービスを受けることが可能だ。

「サブスクリプション」あるいは「定額制」というワードはEC市場でもかなり浸透してきている。特にファッション業界は市場そのものを牽引しており、SHARELのようにブランドバッグにフォーカスしたものは、そうしたモデルとの親和性も高いと思われる。

今回のようなキャンペーンを通して、定額制あるいはレンタルといったスタイルがより一層認知され、アイテムの「購買」だけに縛られずに、より自由なラフスタイルを楽しめる、そんな未来へとつながって行くことだろう。

 ECノウハウ





コメントを残す