テイツー(7610)、店舗で使える割引券の株主優待を新設!「古本市場 … – ダイヤモンド・オンライン

Home » ショップ » トレカ » テイツー(7610)、店舗で使える割引券の株主優待を新設!「古本市場 … – ダイヤモンド・オンライン
トレカ コメントはまだありません



 中古本・ソフト販売の「古本市場」などを展開する株式会社テイツーが、株主優待制度を新設すると、2018年4月16日に発表した。

テイツーが新設する株主優待は、毎年2月末時点の株主が対象となり、内容は「1000株(10単元)以上保有する株主を対象に、自社の『中古商品割引券』1000円分を贈呈。1万株以上を1年未満保有する株主に、中古商品割引券1万円分を贈呈。1万株以上を1年以上保有する株主には、中古商品割引券1万円分に加え、『古本市場パスポート』を贈呈」というもの。

テイツー(7610)の株主優待テイツーは岡山市に拠点を置き、古本市場などを展開する企業。
拡大画像表示

 テイツーが株主優待を新設した理由は「当社は、株主の皆様への日頃からのご支援に感謝するとともに、当社株式への投資の魅力を高め、より多くの株主様に中長期的に当社株式を保有していただけること、当社が運営している店舗の活性化を図ることを目的として、株主優待制度を導入いたします」とのことだ。

 なお、中古商品割引券はテイツーが運営する「古本市場」直営店及び「ブック・スクウェア」直営店で利用できる。「古本市場パスポート」は、同社の商品購入の際に、通常の買物ポイントに別途ポイントが加算されるもの。初回贈呈予定の「古本市場パスポート」はデニムの産地として有名な岡山の繊維素材を使用したものが検討されているということだ。

 テイツーの株主優待は、毎年2月末の株主名簿に記載または記録された株主を対象に実施されるが、初回のみ特別に2018年8月末に実施。その後は2月末時点の株主を対象に実施される。

テイツーの株主優待制度の詳細と利回りは?

 ■テイツーの株主優待制度の詳細
 基準日  保有株式数  保有期間  株主優待内容
 2月末
 ※2018年のみ8月末に実施
 1000株以上  ー  中古商品割引券1000円
 1万株以上  1年未満  中古商品割引券1万円
 1年以上  ◆中古商品割引券1万円
 ◆古本市場パスポート

テイツーの2018年4月16日時点の終値は48円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※古本市場パスポートは考慮せず計算)。

(1000株保有の場合)

投資金額:100株×48円=4万8000円

株主優待品:1000円分

株主優待利回り=1000円÷4万8000円×100=2.08%

(1万株保有の場合)

投資金額:1万株×48円=48万円

株主優待品:1万円分

株主優待利回り=1万円÷48万円×100=2.08%

 テイツーの株主優待でもらえるのは、同社の店舗で利用できる中古商品割引券など。西日本が地盤の企業だが全国的に店舗網を拡大しているので、株主優待を検討する際には利用できる店舗の有無も確認しよう。また、2017年2月期と比べると2018年2月期は赤字幅が縮小し、2019年2月期の業績予想は黒字転換となっているが、2017年以降は無配のままなので、株主優待利回りは2.08%と悪くないものの、投資する際には業績の推移にも注意しておいたほうがいいだろう。

 なお、テイツーは「古本市場」や「トレカパーク」「ブック・スクウェア」などを展開する企業。株主優待の新設と同時に発表した2018年2月期の通期の業績は、前期比で売上高0.7%減。4月13日に業績予想を修正して、営業利益や経常利益の赤字幅が予想よりも縮小している。2019年2月期の業績予想では、売上高こそ前期比14.0%減となるものの、営業利益、経常利益、純利益はすべて黒字転換の予想となっている。





コメントを残す