最先端の医療都市「健都」に2018年秋オープン 「(仮称)グンゼスポーツ岸辺」 吹田市の「健康・医療のまちづくり」に貢献し、地域との連携を強化 – 時事通信

Home » ショップ » フィットネス・スポーツ用品 » 最先端の医療都市「健都」に2018年秋オープン 「(仮称)グンゼスポーツ岸辺」 吹田市の「健康・医療のまちづくり」に貢献し、地域との連携を強化 – 時事通信
フィットネス・スポーツ用品 コメントはまだありません



[グンゼ株式会社]

 グンゼ株式会社(本社:大阪市北区、社長:廣地 厚)の連結子会社であるグンゼスポーツ株式会社(本社:兵庫県 尼崎市、社長:廣江将利)は、2018年秋、JR岸辺駅前で開発が進む北大阪健康医療都市「健都」の一角に建設中の複合商業施設「VIERRA岸辺健都」の5階に「(仮称)グンゼスポーツ岸辺」をオープンします。

「(仮称)グンゼスポーツ岸辺」が入る複合商業施設「VIERRA岸辺健都」イメージ
※イメージパースのため実際と異なる場合があります

最先端の医療都市「健都」に「(仮称)グンゼスポーツ岸辺」がオープン
2018年秋の開業を目指す「(仮称)JR岸辺駅ビル開発」プロジェクトでは、北大阪健康医療都市(愛称:健都)の周辺関係機関などと連携し、「健康・医療」をテーマにしたまちづくりの開発を進めています。グンゼスポーツが入る「VIERRA岸辺健都」は、健都の核となる国立循環器病研究センターと市立吹田市民病院の間に現在建設中です。同ビルにはクリニックモール、スーパーマーケット、ビジネスホテルなどが併設。当クラブも行政、周辺医療機関、テナントと連携し、従来のフィットネスクラブ機能のみならずウォーキングなどのイベントの運動指導、健康を維持する食事指導などを行い、「健康・医療のまちづくり」に貢献します。

【出店概要】
所在地:大阪府吹田市岸部新町17他 「VIERRA岸辺健都」5階 ※JR京都線「岸辺駅」直結
延床面積:2,762平方メートル
施設構成:マシンジム、スタジオ、多目的スペース、プール、温浴、シャワー、ロッカー

【現在検討している「(仮称)グンゼスポーツ岸辺」の取り組みおよび健都との連携】
■緑の遊歩道を利用したランニングメニューを提供
クラブ会員以外に、更衣室やシャワーなどのクラブ施設を“ランニングステーション”として利用できるランニング教室を実施します。
■健康維持、メタボ予防のための運動と食事指導セミナーを実施(検討中)
■行政ならびに近隣医療機関との連携により運動指導を実施

健康教室や高齢者向けの運動教室を実施します。
■「(仮称)カンデオホテルズ大阪吹田(健都)」との提携
ホテルご宿泊中のお客さまは、グンゼスポーツ岸辺の各施設を特別料金にてご利用いただけます。

企業プレスリリース詳細へ (2018/04/13-15:01)





コメントを残す