単なる強盗殺人ではないとする見方も 死にたいと漏らしていた夜回り組長 … – livedoor

Home » 質屋 » 単なる強盗殺人ではないとする見方も 死にたいと漏らしていた夜回り組長 … – livedoor
質屋 コメントはまだありません



「事件を起こす以前から、周囲に『もう死にたい』と漏らしていたそうです」(関係者)

 5日、警視庁に容疑者死亡のまま強盗殺人容疑で書類送検された「夜回り組長」の石原伸司こと住所不詳、元山口組系組長の石毛義雄容疑者(79)。昨年10月26日未明、東京都豊島区にある簡易宿泊所の仮眠室で、宿泊客の男性(当時71)を絞殺し、約100万円相当の腕時計を奪った疑いだ。

 石毛容疑者は3月6日夜、都内の公園で知人男性を背後から刺す傷害事件を起こした後、隅田川で死亡しているのが発見された。

「目撃者によると、石毛容疑者は自ら川に飛び込んだそうで、入水自殺とみられています。ちなみに現場の宿泊所も公園も、同性愛者の“ハッテン場”として知られているそうです」(捜査事情通)

 関係者らによると、石毛容疑者は22歳のころに暴力団に入り、その後は刑務所を出たり入ったり計30年近く服役。2001年に出所後、暴力団から足を洗い、新宿や渋谷といった繁華街で不良少年らの悩みを聞く「夜回り組長」を始めた。

 2006年ごろからテレビのドキュメンタリー番組などにも出演。石原伸司の名前で本も出版し、「不良の更生に尽力してきた」(前出の関係者)はずが、なぜまた自ら罪を犯してしまったのか。

「石毛容疑者は奪った腕時計を持って宿泊所を出た後、台東区の質屋を2軒訪れ、売りはらおうとしましたが、身分証明書がなくて断られてしまった。その姿が防犯カメラの映像などで確認されています。ただ、現場の宿泊所には昨年8月から毎日泊まっていて、そこまでお金に窮していたというわけでもなさそうです。殺害された被害男性は首の骨が折れるまで締められていて、着ていたガウンには血痕のほか、体液も付着していた。『単なる強盗殺人ではないんじゃないか』と見る向きもあります」(前出の捜査事情通)

 心の闇は深そうだ。





コメントを残す