新車同様に価値がある?車を売却する時に価格が下がらないワケ – J.Score

Home » ショップ » 自動車 » 新車同様に価値がある?車を売却する時に価格が下がらないワケ – J.Score
自動車 コメントはまだありません



LINEで送る

ドライブで遠出をするのが好きだという人もいることでしょう。最近ではカーシェアリングを利用して、自分の好みの車に乗る人もいますが、マイカーを持ちたいと考えている人にとって、新車をと中古車のどちらを購入するのかは悩ましいことではないでしょうか。車を趣味に持つ富裕層たちは、車に乗るのが好きだと言うだけではなく、車を資産として保有する目的もあるといいます。なかには新車よりも中古車のほうが高いケースもあれば、資産価値を下げずに長期間高い価値を保つ場合もあります。それはどのようなことを指すのでしょうか。

代表格はフェラーリ

実はフェラーリは、ただ「かっこいい、乗りたい」という位置づけの高級車であるだけでなく、資産価値のある自動車だと思う富裕層もいます。これは、フェラーリの希少性に起因することとなります。フェラーリは、大量生産を行う自動車会社とは異なり、生産台数に上限を設けて、戦略的に販売を行っています。そのため、世界中で出回る台数が他の自動車と比べて少なく、希少性を保つことができるのです。

そうすれば、当然価格維持にも繋がります。需要が高ければ市場でそれなりの高い価格がついてもおかしくありません。

ランボルギーニも資産価値の高い車

資産価値が高い車はフェラーリだけではありません。ランボルギーニも資産価値を維持する車の一つとして知られています。フェラーリ同様、生産台数管理を行い、顧客の購買意欲を駆り立てるような戦略を打ち出しています。

しかも、納期までが長いことでも知られており、新車を契約してから納期まで1~2年以上かかる状況が続いています。ランボルギーニを購入すると決めてから実際に手元に来るまでに1〜2年かかるとわかれば、新車の納品を待つ人と、1,2年も待てないと中古車のランボルギーニを探す人もいます。ここに中古車でも価格が維持される理由があるのです。つまり、ランボルギーニの中古車に対する需要が強いということです。

人も同様、価値を維持、高めることは可能

車の価値が維持できるケースを説明してきましたが、これを人にあてはめると何が言えるでしょうか。人も同様、どう生きるかでその人の価値を高く維持、もしくはさらに高めることができます。例えば、次のステップアップとして転職したり、キャリアを磨いたり、社内で昇格・昇進したり、新しいビジネスの立ち上げといったことも、自分の価値を高めるための行動であり、証左だといえるでしょう。

この他、資格取得に精を出す、英会話学校に通うなどの個人の自主的な活動も、自身の価値が下がらないようにするための一つのツールだといえます。誰しも時間は有限で、平等に与えられています。いかに有効に使うか、自身の価値を高めるかでその後の道が開けることでしょう。

クラシックカーになぞらえて生き方を考えてみる

政府が手動している働き方改革は、今後の日本の働き方を変える可能性があります。副業解禁や企業に属さない働き方など、さまざまな働き方によってますます自身の価値が問われる時代になるでしょう。企業に属さなくても一緒に働きたい・何かをやろうと思われる人は、どこにいってもオンリーワンの存在だとして認識されるのではないでしょうか。自分の価値を下げないようにするにはどうしたらよいか、またさらに自分の価値を高めるためにはどうしたらよいのかを考えることが大切でしょう。

自分の自己実現に向かって歩む

人生は一度切りです。将来自分がどうなりたいのか、どのようにしたいのか、そのために今何を始めればよいのかを考えましょう。そのために何を今始めればよいのかを検討し、すぐに始めるのがよいでしょう。使える時間を有効活用し、さまざまなことにチャレンジしてみませんか。

他にもメンバー限定コンテンツを多数公開中!
新規登録の方はこちら >
メンバーの方はこちら >

【オススメ記事】
今アツい?急成長中のインドのフィンテック分野のポテンシャル!
イーロン・マスクは「ロングスリーパー」経営者に学ぶ理想の睡眠時間とは?
見合いよりTinder?インド人の結婚観に訪れる変化の波
【インタビュー】ヨシダナギさんに聞く「あなたのターニングポイントは」Vol.1
自分独自の肩書ブック・コーディネーター内沼晋太郎さんの「ターニングポイント」Vol.1





コメントを残す