韓国、「リサイクルゴミ大乱」真っ只中にも日本からのリサイクルゴミ輸入が増加? – 中央日報

Home » リサイクル » 韓国、「リサイクルゴミ大乱」真っ只中にも日本からのリサイクルゴミ輸入が増加? – 中央日報
リサイクル コメントはまだありません



写真拡大

仁川市富平区清川洞(インチョンシ・プピョング・チョンチョンドン)のあるマンションの婦女会メンバーがゴミの分別をしている。(写真=中央フォト)

  中国のリサイクルゴミ輸入規制措置で韓国の廃プラスチック単価が下落し、韓国リサイクル業界が廃プラスチック回収を拒否している反面、韓国の日本産廃プラスチック輸入量が今年に入り倍近く急増したことが分かった。

  韓国環境部によると、去年1~2月に韓国が日本から輸入した廃プラスチック類は2468トンだったが、今年は倍近く増えた4916トンを記録した。日本産廃プラスチックは接着剤を使わず、ラベル分離が簡単で収益性が高いため輸入されているという。

  環境部関係者は「中国の輸入規制の影響で世界的に圧縮ペットボトルなど廃プラスチック単価が大きく落ちた」とし「価格が安くなったところ、リサイクル原料として使うために民間企業が輸入量を増やしたとみられる」と説明した。





コメントを残す