宝飾買い取り、業界の常識 – 日本経済新聞

Home » 買取 » 宝飾買い取り、業界の常識 – 日本経済新聞
買取 コメントはまだありません



 「色石だけは分からない」

 宝飾業界で一般的に交わされる会話だ。それほどに鑑定は難しい。筆者は骨董の鑑定程度に見ている。そもそも、エンハンスメント(加熱処理)による美化は業界の常識であり、何が真の価値なのか定かでない。

 エメラルド、サファイアといった色石に比し、ダイヤモンドは重量、色、透明度などの基準によってある程度の標準化は可能だ。それでも「月給3か月分」程度の価格のダイヤモンドを買い取りに出しても、まずまともな値はつかない。高額な買い取り価格が提示されると、抱き合わせで何か高額品を販売する仕掛けかと深読みしてしまう。

 最も価値が明瞭なのは金やプラチナなどの貴金属だが、これとて業者による買い取り価格にはばらつきが目立つ。日曜午後のショッピングモールで「週末限定、宝飾買い取りコーナー」なるものが出ていたので、早速買い取り価格をチェックしたことがあるが、まともな買い取り価格に比べて15%程度安く設定されていた。それでも、顧客の女性は「タンスの肥やし」と化していた古いネックレスが現金化されたことに、思わぬお小遣いを得た感覚で業者に礼まで述べていた。買うときには少しでも安くと粘るが、売るときには売れてラッキーと思うようだ。当たり前のことだが、信頼できる業者を選ぶことが大切である。

 そもそも宝飾業界は細分化されている。ユーザーの女性が「他人とは違う自分だけの宝飾品」を求める傾向があるので、多品種少量の製造となり、規模のメリットが働きにくい。企業数が多いので信頼度もばらつく。

 購買傾向にも大きな変化が生じている。若い女性の間では宝飾品を身につけないことがファッションとなりつつある。首肩を露出しても、そこをネックレスで飾るより、エステで鎖骨を磨くことにおカネを使うのだ。

 業界にとっての稼ぎ頭だったブライダル需要も低迷している。「給料3か月分」で婚約指輪を買うより、ハネムーン旅行や家具食器の類に予算を割く傾向が顕著である。

 宝飾品店頭販売動向をチェックすると、バブル期に比べて30歳代と50歳代の男性の宝飾品購入が激減している。前者はいわゆる「みつぐ君需要」、後者の実態は「不倫需要」の減少と推定される。ユーザーの宝飾品に対する思い入れが薄れるなかで、販売より買い取りが活性化することは時代の流れなのであろう。

 業者の新旧交代も進み、専門知識を持たない新規参入組が増えた。買い取り価格のばらつきも当然の結果と思える。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org





コメントを残す