ハーモニーウィングズ 4月1日、粕屋町で演奏会 – 西日本新聞

Home » ショップ » 楽器 » ハーモニーウィングズ 4月1日、粕屋町で演奏会 – 西日本新聞
楽器 コメントはまだありません



6種のフルートでアンサンブル

 福岡都市圏などのフルート奏者のアンサンブル「ハーモニーウィングズ」は4月1日午後2時から福岡県粕屋町の町立生涯学習センター・さくらホールで演奏会を開催する。高音域のピッコロから低音域のコントラバスフルートまで6種類のフルート属の楽器だけで編成した珍しいオーケストラで、華のある旋律や同属楽器による重厚なアンサンブルを聴かせる。

 1996年にカルテットで発足し、低音楽器を充実させて現在は20人の中編成に。創立メンバーの武田又彦(同県那珂川町在住)によると「ソロの活動だけでは世界が限られるため、オケを通して音楽を掘り下げようと集まった研究会」。演奏会は1年半に1度のペースで開催してきた。

 今回はビゼー「アルルの女」第1組曲、レスピーギ「リュートのための古風な舞曲とアリア」など管弦楽曲や、スタジオジブリ作品のメドレーなど多彩な内容のプログラムを組んだ。低音を奏でるため管を長くしたJ字形や4の字形の特殊楽器があるほか、奏者が曲ごとに吹く場所を移動し、全員が一度はソロを吹く趣向の7重奏曲「チェンジズ」を取り上げ、視覚的にも楽しめそうだ。コンサートミストレスの安部あゆみ(粕屋町在住)は「迫力や音量は弦楽器とは異なるが、ハーモニーが作りやすい同属楽器の響きを楽しんでほしい」と話している。

 ◆前売りは一般2千円、学生千円、当日は各500円プラス

=2018/03/17付 西日本新聞夕刊(娯楽面)=





コメントを残す