【テレビの開拓者たち / 浜崎綾】賛否両論が巻き起こるくらい、見た人の価値観を揺さぶるものを作りたい – ニフティニュース

Home » ショップ » カメラ » 【テレビの開拓者たち / 浜崎綾】賛否両論が巻き起こるくらい、見た人の価値観を揺さぶるものを作りたい – ニフティニュース
カメラ コメントはまだありません



2004年にフジテレビに入社後、1年目にして「新堂本兄弟」(2004〜2014年)のライブパートの演出を担当。以降も、「FNS歌謡祭」(1996年〜)をはじめ、数々の音楽番組を手掛けてきた浜崎綾氏。2008年から携わっている「MUSIC FAIR」(1964年〜)は放送2700回を迎え、記念コンサートの模様が4週連続で放送されている。また音楽番組以外にも「KinKi Kidsのブンブブーン」(2014年〜)などバラエティー番組も手掛ける浜崎氏に、それぞれの番組作りの面白さや、番組ごとの演出法の違いなどについて聞いた。

■ 小学校から帰ると、いつもユーミンのライブビデオが流れてるような家だったんです

──学生時代にバンド活動をされていたそうですが、フジテレビに入社されたのも音楽番組を作りたいという動機から?

「そうですね。とにかく、“映像”で音楽に携わりたい、という思いが強かったんです。うちの母が松任谷由実さんの熱狂的なファンで、私が小学校から帰るといつもユーミンのライブビデオが流れてるような家だったんですけど、その映像が本当にかっこよくて。子供心に『こういうものを作りたい!』と思っていたんです。それと、母はよく家族旅行のときとかにホームビデオを撮っていて、自分で編集もして、BGMもつけていたんですね。全く普通の専業主婦なんですけど、今思い返しても、場面ごとの選曲なんかが絶妙で(笑)。それが私の中に無意識にすり込まれていたんでしょうね」

──念願叶って、2004年の入社1年目から「新堂本兄弟」のADになられたそうですね。

「当時、フジテレビの音楽番組を一手に手掛けていたプロデューサーのきくち(伸)さんが、『僕らの音楽』(2004〜2014年)を立ち上げたばかりで、特に力を入れていた時期だったので、『きくちさん、今「僕らの音楽」で大変ですよね。「新堂本兄弟」の音楽コーナーの制作は私がやりましょうか?』って、さりげなくアピールしたんです(笑)。そしたら、『じゃあ、次の収録から吉田建さん(※堂本ブラザーズバンドのバンドマスター)と直接話して』と言われて、1週間後には建さんと電話でやりとりするようになって。建さんにはいろいろなことを教えていただきましたね。『Aメロから始めるとインパクトが弱いから、サビをアタマに持ってこよう』とか、要するに、生バンドによる音楽の作り方について、基礎から学ばせていただいたというか。収録は毎回3本撮りでしたから3曲分、1000本ノックを受け続けたようなもので(笑)、あの時期の経験は、間違いなく自分の礎になっています」

■ 生放送の歌番組は、どこまでアーティストの本気を引き出すかが勝負

──浜崎さんがアーティストのライブを“映像”化する際、どんなところにこだわられているのでしょうか。

「子供のころに見ていた松任谷由実さんのライブ映像の“異次元”ぶりには届かないまでも、自分が撮るものもそうでありたいとは思っていて。音楽って、歌詞とメロディーで紡いでいく“物語”だと思うんですけど、そこに映像の物語性も乗せたい、というか。照明の当て方や、人物の配置。ピントの深さ、ズームインなのかアウトなのか、カメラワークをどうするか。私にとってはワンカットワンカットに、“そう撮るべき理由”があるので、そこにはこだわっていきたいと思っています」

──そうした収録番組の一方で、2012年から演出を担当されている「FNS歌謡祭」は生放送。撮り方も変わってくるのでは?

「生放送の歌番組は、どこまでアーティストの本気を引き出すかが勝負。『FNS歌謡祭』の場合は、私の前に演出を担当していた板谷(栄司)さんが始めた“円卓”のシステムが効果を上げていると思います。対面に置かれた2つのステージの間に円卓があって、そこに他のアーティストが座り、ステージを見ている。アーティスト同士が互いのパフォーマンスを見合うというのは他の番組ではあり得ない状況です。『あの人が見てる、負けたくない!』という意識が、他の番組にはない本気を引き出しているんだと思いますね」

──近年は、各局で“音楽フェス”的な長時間の音楽番組が増えていますが、その“円卓”が、他の番組との一番の違いですか?

「そうですね。ただ、後輩の島田(和正)がやっている『FNS歌謡祭 第2夜』では、ライブ感を重視しているため、客席を作って一般のお客さんを入れているんですが、アーティストごとにお客さんを入れ替えているんです。お目当てのアーティストのときは盛り上がるのに、それ以外の人が出てきたら今いち…というのはアーティスト側にとっては、やはり酷だと思うんですよ。入れ替え制というのは、時間も労力も掛かるんですが、アーティストの皆さんのベストなパフォーマンスを引き出すためには、労を惜しまずにやるべきことだと思っています」

──理想を言えば、お目当て以外のアーティストのステージでも盛り上がってくれるのが一番なんでしょうけどね。

「そうなんです。長時間の音楽番組をやるとき、よく視聴者の方から、事前にタイムテーブルを発表してほしいと言われるんですね。その気持ちは重々分かるんですが、私たちとしては、『お目当てはこの人だったけど、この人もいいな』という宝探しをしてほしい。だから、あえて発表していないんです」

■ 演者とスタッフの信頼関係の強さも「ブンブブーン」という番組の武器だと思います

──ディレクターとして、力が付いてきたことを実感されたのはいつごろからですか。

「入社10年目くらい、2013、2014年の2年間は、『新堂本兄弟』、『MUSIC FAIR』、『僕らの音楽』と週3本の音楽番組を掛け持ちしていたんですよ。ほかにもアーティストさん側からの依頼で、ライブ中継の演出もたくさんやらせていただいて。当時は年間400曲くらい撮ってたと思います。そんな中で、スタジオ収録とライブ中継では全く撮り方が違うし、同じライブでも、会場が東京ドームかZepp Tokyoかで全然違う。撮影機材から始まって、前もってカット割りするか、アドリブでスイッチングするか、といった撮り方に至るまで、あらゆるパターンをこなした時期でした。その分、普通なら恐くてやらないようなことも試せた、というのはあるかもしれませんね」

──そんな中で、これは渾身の出来だったなと思うものはありますか?

「どれも『FNS歌謡祭』なんですけど、2013年の三谷幸喜さんとAKB48の『Beginner』、2016年の長渕剛さんの『乾杯』、それと、2017年の平井堅さんと平手友梨奈ちゃんの『ノンフィクション』。この3つは特に印象深いですね。どれも賛否両論あったと思うんですけど、私は常々、それこそ賛否両論が巻き起こるくらい、見た人の価値観を揺さぶるものを作りたいと思っていて。音楽番組というのは、アーティストにとってはプロモーションの場でもあるわけですけど、単なるプロモーションビデオを作っても面白くない。そこに私たちが作っているからこその意味を乗せたいと思っています」

──音楽番組以外に、コントバラエティー「ピカルの定理」(2010〜2013年)の演出も手掛けていますね。

「『フジ算』(2010年)という、片岡飛鳥総監督の下、若手演出家が新企画をプレゼンする番組がきっかけですね。『関ジャニ∞クロニクル』(2015年〜)の福山晋司、『めちゃ×2イケてるッ!』(1996〜2018年)の日置祐貴、『痛快TV スカッとジャパン』(2014年〜)の木月洋介、という同期のディレクターと一緒に立ち上げた番組です。ずっと音楽畑でやってきた私には、コントを作る会議に出ること自体、とても刺激的で。芸人さんは台本を決め込まれ過ぎることに抵抗があるので、台本ではここまで、リハーサルではここまで、本番で100%の完成度にする、という作り方も、すごく勉強になりました。私が担当していたのは、主にアーティストとのコラボ。渡辺直美ちゃん演じる白鳥美麗というキャラを倖田來未さんのライブに出演させたりして、楽しかったですね」

──バラエティーでは、現在も「KinKi Kidsのブンブブーン」の演出を担当されています。

「音楽番組では制作面の全てを自分がコントロールしたいんですけど、『ブンブブーン』は全く逆で、自分が手を加えない方が絶対に面白くなると思っていて。例えば、中古レコード店のロケでも、一昔前のバラエティーなら、面白いレコードを何枚か棚の目立つ所に仕込んだりしていたんでしょうけど、今のロケバラエティーにおいては、中古レコード店に行くという設定とゲストだけを決めておくのが正解だと思うんです。今は視聴者も目が肥えていて、制作サイドの作為を感じると途端に拒絶されてしまう。隠しても絶対にバレますからね。KinKi Kidsのお二人も、『ゲストのいいところや面白いところを引き出すのは俺たちに任せてよ』というスタンスですし、演者とスタッフの信頼関係の強さも、番組の武器だと思います」

■ 「MUSIC FAIR」の歴史は、日本の音楽史。言わば“文化遺産”なんです

──そして今、「MUSIC FAIR」の放送2700回記念コンサートが4週連続で放送中です。アイドルも演歌もバンドも一堂に会する、今や貴重な音楽番組ですね。

「この番組が果たす役割は明確に2つあって、1つは“成熟した大人の音楽を聴かせること”、そしてもう1つは“時代を切り取って記録すること”。今はJ-POPやアイドルが活況を呈していますが、それ以外のものを切り捨ててしまったら、日本の音楽シーンの一部しか見せられなくなってしまう。54年にも及ぶ『MUSIC FAIR』の歴史は、まさに日本の音楽史。言わば“文化遺産”なんですよ。何十年か後に見た人が『これ、いいじゃん!』って思ってもらえるような番組を作っていきたいですね」

──『MUSIC FAIR』では、どんな演出を心がけているのでしょうか。

「さっきまでの話と矛盾してしまうかもしれないんですが、歌の演出に関しては、なるべくオーソドックスであること、映像が主張し過ぎないことは意識しています。独自の世界観が確立されている番組なので、それは変えちゃいけないし、変わらない良さが『MUSIC FAIR』の魅力だと思うんですよね」

──トーク部分も、他の音楽番組とは違った雰囲気ですよね。バックにうっすらとテーマ曲が流れていたり。

「最初に、先輩の演出家たちから『この番組のトークに笑いは必要ない』と言われたのは衝撃でしたね。面白いトークをしなくていいし、スタッフの笑い声も、テロップも一切入れなくていいって。アーティストの方々には、面白いことを話すよりも、曲に込めた思いや日常生活のことを、リラックスした状態で話せる居心地の良さを感じてもらうことが大事。結果、テレビとしては最もシンプルな形を目指している番組だと思います」

──今回の放送2700回記念コンサートで、特にこだわったところは?

「大阪フェスティバルホールで収録したんですが、コンサートの実際の曲順と放送順は全く別になっています。放送のことを考えると、4週に分けた1回1回にフィナーレがないといけないわけですけど、コンサートで30分ごとにフィナーレがあったら、お客さんも戸惑うじゃないですか(笑)。生のコンサートと放送と、両方を考えながら演出するのはパズルみたいで面白かったですね」

──出演アーティストの顔触れについてのポイントは?

「2700回のお祝いということで、長年お世話になっている谷村新司さんやさだまさしさんたちの中に、Little Glee Monsterのような若手の方たちを入れる、というのが一つのテーマで。また、ミュージカルが盛り上がってきている中、石丸幹二さんや新妻聖子さんにも出ていただきました。ミュージカルスターの方はあまりテレビには出ないんですが、“いい歌をいい歌手で聴きたい”というニーズに応えたいなと」

──ずばり、コンサートの見どころは?

「石川さゆりさんは、JUJUさんと『ウイスキーが、お好きでしょ』をコラボしていますが、目線ひとつで艶やかに“歌を演じる”姿には感動しました。徳永英明さんとJUJUさんの『シルエットロマンス』は、2人で向かい合って、お互いに近付いていくんですが、どんどん気持ちが入って、どこまで近付くかが見どころ(笑)。森山直太朗さんの『さくら(独唱)』は、バンドなしのアカペラで、たった1人で2700人のお客さんに向かい合って熱唱する姿は圧巻です」

──では最後に、今後どんな番組を作ってみたいですか?

「最初の話に尽きるんですが、やっぱり見た人の価値観を揺さぶるものを作りたいですね。音楽番組に限らず、お笑いでもトークでも。コンサートの演出も、もっとやりたいです」(ザテレビジョン)





コメントを残す