リノベる、アパレルの「DIESEL」とコラボ – リフォーム産業新聞

Home » ショップ » 家具 » リノベる、アパレルの「DIESEL」とコラボ – リフォーム産業新聞
家具 コメントはまだありません



リノベる、アパレルの「DIESEL」とコラボ

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

要約すると

・リノべるがアパレルブランドディーゼルジャパンと連携
・デニム開発に強いディーゼルの特徴を家具やタイルに導入
・若年層をターゲットに、中古マンション探し・仲介も対応


1000万円級の「ロックなリノベ」提供

 リノベ事業を手掛けるリノベる(東京都渋谷区・山下智弘社長)はアパレルブランド「DIESEL」を国内で運営するディーゼルジャパンと提携した。コラボしたリノベーションサービスを開始する。

リノベる 渋谷に家具インテリアが展示されたモデル空間を新設渋谷に家具インテリアが展示されたモデル空間を新設

 特徴はディーゼルジャパンのファッション性が高い家具・建材ブランド「DIESEL LIVING」の商品をプランに組み込むこと。

 中でも壁に使用するタイルが売り。イタリアのメーカーと開発したもので、「キャンプディーゼル」という商品名。「キャンパス」、「デニム」、「レザー」という名称のブルー系で、趣が違う3種のタイルを組み合わせて施工するもの。アパレルの「DIESEL」はデニム開発に強く、タイルもその雰囲気を取り込むように開発された。

リノベる タイル「キャンプディーゼル」タイル「キャンプディーゼル」

 家具ではソファ、チェア、照明などを取り入れる。「アパレルブランドが作る家具や建材は全く普通のものと違ってかっこいい。DIESELのコンセプトであるロックスピリットのあるリノベーションになる」とライフスタイルデザイン事業部の大山慶氏は話す。

 家具を含めた工事単価は1000万円前後。リノベるの平均工事単価は800万円ほどのため、今回のサービスは高価格帯になる。

 全国の若年層がメーンターゲット。中古マンション探し、仲介もワンストップで対応。DIESELの渋谷店の地下一階に新設したモデル空間で、月1~2回セミナーを実施する。月2件の受注計画。年間で2億円ほどの売り上げを見込む。

 同社では今回のような企業とコラボしたリノベプランを増やしている。





コメントを残す