服の買取サービスを比較!高く&簡単に売れるのはどこ?|BIGLOBE … – BIGLOBEニュース

Home » 買取 » 服の買取サービスを比較!高く&簡単に売れるのはどこ?|BIGLOBE … – BIGLOBEニュース
買取 コメントはまだありません



不用品として最も多い洋服。処分する方法として買取があります。買取には店頭、出張、宅配があるので、使いやすさで選ぶといいでしょう。

写真を拡大

不用品になりやすい物No.1は洋服。捨てずに高く売りたい!

私は「ヤフオク!」をはじめとして、これまでたくさんのサービスで色々な物を売ってきました。その中で、最も多かったのは洋服です。自分の物はもちろんですが、サイズアウトした子ども服もシーズンごとに出品をしていました。

洋服は季節が変わるときについつい買ってしまうものですし、小さい子どもがいれば否応無しに買うことになります。そのため、どんな家庭にも着なくなった洋服はけっこう眠っているのでは? 簡単に売るにはどうすればいいのでしょうか。方法としては大きく3つです。

服の買取方法3つとメリット・デメリット

■店舗買取・出張買取
家の近くにお店がある場合、そこに持ち込んで査定後に買取という形になります。金額に納得できれば、その場ですぐにお金になります。出張買取は不用品の数が多い場合や車がないなど持ち込めないときに使えます。

業者が自宅まで来てくれて、その場で査定し買取となります。出張買取は予約が必要だったりしますし、まとまった数でないと受付してもらえないこともあります。それに、自宅が業者のカバー範囲でないと、来てもらうことはできません。

■宅配買取
近くに店舗もなく出張買取も無理となったら、宅配買取が利用できます。不要な物を段ボールに詰めて送るだけで査定、買取をしてくれます。

段ボールがなければ梱包キットを送ってくれますし、送るときにはヤマト運輸などの宅配会社に集荷を依頼することもできます。そのため自宅から1歩も出ずに不用品を売ることが可能です。

業者に送るときは送料無料がほとんどですが、金額に納得できなくて返品をしてもらうときの送料は依頼者負担になることが多いです。また、買い取れる商品やブランドに制限があったりもするので、事前の確認は必要です。

業者に売る場合には、コスト面を踏まえた金額になることが前提です。送料や保管代、人件費などです。また、買い取った服は転売をすることになるので、利益を出さないといけません。

そのため、下記のネットオークションやフリマアプリよりも買取価格が安くなる傾向があります。一方で、自分で出品や梱包・発送をする手間はないので、忙しい人や面倒さを感じる人には向いていると思います。

■ネットオークションやフリマアプリ

業者と違って個人間の取引になるので、基本的にはブランド、ノーブランドに関係なく出品ができます。買い手は全国にいて、送るときには送料がかかります。

「ヤフオク!」などのネットオークションでは落札者が送料負担、メルカリやラクマなどのフリマアプリでは出品者が送料負担になることがほとんどです。また、フリマだと値下げ交渉があるので、最終的には設定価格よりも少し安くなると思っていた方がいいでしょう。

おすすめ1:リサイクルショップティファナ


■ノーブランドでもOK!

ここからは、どこに売ったらいいのかという視点で業者を紹介していきます。まずは、ノーブランドでも買取可能な「リサイクルショップティファナ」です。店舗買取(東京中心)、出張買取、宅配買取に対応していて、自分にあった方法を使えます。

また、買取をする商品は季節を問わないので、たとえば夏にコートを売ることもできます。ただし、古いデザインの洋服、ひどい汚れや傷、使用感があるもの、3L以上の洋服、インナー、下着類は買取ができません。

おすすめ2:M&Y


■洋服3点が1000円で買取!

ノーブランドでもファストファッションでも洋服3点で1000円というのが、「M&Y」の強みです。ただし、4点目からは通常の査定金額になりますし、宅配には対応していません。出張買取だけなので、利用できる地域にも制限がかかります(本社は大阪です)。

2018年2月現在、ホームページを見ると、関西エリア以外は予約を停止しています。

おすすめ3:古着com


■メンズ服専門で買取!

メンズ服専門の買取が「古着com」です。宅配買取、出張買取、店舗買取が利用できます。石川県、愛知県、東京に営業所があるので、その近隣の都道府県だと売りやすいと思います。出張買取エリアが掲載されているので、確認しておきましょう。

宅配買取の場合には、無料でキットがもらえますし、送料も無料です。ノーブランドの服、下着、水着、着物などは買取対象外になっています。

おすすめ4:ブランディア


■利用者200万人の実績を誇る買取業者

「ブランディア」は利用者が200万人というかなりの実績がある買取業者です。取り扱いブランドも6000種類なので、幅広く買い取りをしてくれます。宅配買取で梱包キットも送ってくれるので、自宅にいながら売ることができます。

ただし、ノーブランドの服、子ども服、着物、ウェディングドレスなど買取ができない商品もあります。また、いくらブランド服といっても、汚れがひどかったり、虫食い・穴あきなどダメージがあると買取不可です。加えて、ブランドタグや品質表示がない場合も買い取ってもらえないので注意が必要です。

おすすめ5:キングファミリー


■重さで買い取り額が決まる!

洋服を重さで買い取ってくれる「キングファミリー」。店舗に持込みになりますが、全国にあるので利用できる人はけっこう多いと思います。買取価格は商品によって異なります。

お店で販売できる物ならば1キログラム=150円、服飾雑貨・小物ならば1キログラム=100円、リサイクル資源になる衣類は1キログラム=1円です。たとえば、ポリエステルのスーツならば0.4キログラム、デニムならば0.8キログラムくらいなので、素材によって大きく違ってきます。

買取ができない物としては、汚れなどのダメージがひどい衣類、学生服やユニフォーム、剣道着や柔道着など、使用した肌着です。

おすすめ6:メルカリ


■日本最大のフリマアプリ!

次はフリマアプリを見ていきましょう。まずは「メルカリ」です。ユーザー層は20代、30代の女性が圧倒的に多いと言われていて、商品も女性向けが目立ちます。

商品を送る際の送料は出品者が負担するケースが多く、値下げ交渉なども踏まえた販売価格の設定が必要です。手数料は、販売価格の10%です。

おすすめ7:ラクマ


■フリルと統合! 楽天スーパーポイントが使える

2018年2月26日に、「フリル」と「ラクマ」が統合されて「ラクマ」に一本化されました。「フリル」は女性向け商品が多いフリマだったので、それが「ラクマ」にプラスされることになり、しばらくは女性色が強いのではないかと思います。

楽天が運営しているために楽天スーパーポイントを支払いに使えます。「メルカリ」との大きな違いは、手数料です。「ラクマ」は手数料無料です。しかも会費も不要なので、ユーザーにとっては非常にお得なフリマアプリです。

おすすめ8:CASH(キャッシュ)


■写真を撮って査定するだけの即時買取アプリ

スマホやタブレットのカメラで商品の写真を撮れば、瞬時に査定額を出してくれるのが「CASH(キャッシュ)」です。査定額に納得すれば、すぐにお金を受け取ることができます。(銀行振込かコンビニの手渡し)。

「CASH(キャッシュ)」は質屋のような仕組みで、受け取ったお金は「借りている」ことになります。2カ月以内に商品を送るか、お金を返すかの選択肢があり、お金を返すときには一律15%の手数料がかかります。

借りられるお金は2万円までなので、それ以上の価値がある商品は「CASH(キャッシュ)」に不向きといえます。

おすすめ9:ヤフオク!


■欲しい人が価格を上げてくれる

ネットオークションといえば「ヤフオク!」です。欲しい人が入札をして価格を上げていくオークションの仕組みなので、相場がわからない商品などにオススメです。また、オークションとは別に「フリマ出品」のサービスもあります。

オークションへの出品にはプレミアム会員(月額498円)の登録が必要ですが、フリマ出品はそれが必要ありません。そのため参加の敷居は低いといえます。「ヤフオク!」のユーザー層は30代、40代の男性が多いと言われていることもあって、男性向けの商品もたくさん出品されています。

服を売るとき、洗濯やクリーニングは必要?

中古の洋服を高く売るためには、状態を良くすることが挙げられます。たとえば衣替えの時期ならば、シワシワになった洋服が出てくると思います。でも、一度洗濯をすればシワも少なくなり、クローゼット長期保管特有の匂いも消えます。

ではクリーニングはどうかというと、出品のためにわざわざ出す必要はないと思います。厚手のコートなどはクリーニング代の方が買取金額より高くなってしまうかもしれません。自宅で落とせるような汚れならケアをして、無理ならそのままの状態で売っても問題ありません。

子ども服はオークションやフリマアプリで売るのがおすすめ

大人のブランド服は、買取してもらえることがけっこう多いのですが、子ども服になるとNGになってしまうこともあります。そんなときには、フリマアプリやネットオークションを使ってみるといいでしょう。

私の経験からいうと、子ども服は中古でも人気が高いので売りやすい商品のひとつです。ユニクロやGUなどの価格も安めの商品でも、数があれば買い手がつきやすくなります。また、使用期間が1シーズン、2シーズンと短いこともあって、状態も悪くなりにくいです。

ちょっとしたブランドだと新品で買うと大人服顔負けの値段になりますが、1シーズンのためにこの値段か……と思うと、中古を探す親もたくさんいるでしょう。そういった懐事情も踏まえて、子ども服は売りやすいと言えそうです。

付属品はなくさないようにしっかり保管する

買取にせよフリマやオークションにせよ、付属品はそろっていた方が高く買い取ってもらえます。ベルトやフードは洋服とばらばらに保管してしまうと、見つかりにくくなります。そのため、できるだけ一緒にしまっておくのがオススメです。

もし別々に保管するならば、ジップロックなどに「コートのベルト」などと書いて保管しておくといいでしょう。

洋服の売り先として紹介した方法は、誰でも利用することができると思います。ずっとクローゼットの中にある洋服も、いずれかを使えばお金にかえることができるでしょう。

洋服は時間がたつに従って型が古くなったり、自然に傷んできてしまうので、できるだけ早いタイミングが高く売る一番のポイントといえそうです。
(文:川崎 さちえ)





コメントを残す