愛用クラブをなるべく高く売るために – ゴルフダイジェスト・オンライン

Home » ショップ » ゴルフクラブ » 愛用クラブをなるべく高く売るために – ゴルフダイジェスト・オンライン
ゴルフクラブ コメントはまだありません



新しくて魅力的なクラブが発売されると、不要なクラブを中古ショップに売って買い替えを考えるゴルファーは多いと思う。この中古ショップの買い取り査定だが、人気モデルかどうかのほか、クラブの程度(傷や汚れなどの状態)が価格付けに大きな影響を及ぼしている。そこで、クラブをできるだけ高く買い取ってもらうためのアドバイスをお伝えしよう。

まずは日頃からクラブを大切に扱うこと。ウッド類は使った後、ヘッドカバーをかぶせる。アイアンは移動時だけでもアイアンカバーをつけると、クラブ同士がぶつかってできる当たり傷が防げる。また最近のクラブは様々な付属品が多いので、売る時のためにもしっかりと保管しておこう。

さらに中古ショップの査定に持ち込む前に、できるだけきれいにクラブを磨いておくことも重要だ。ホームセンターなどでパーツクリーナー(金属パーツ洗浄剤)を購入する。これをグリップに吹きかけてタオルで拭くと、しつこい汚れも驚くほど簡単に落とすことができる。パーツクリーナーはクラブヘッドのクリーニングにも使えるので、練習場でついた緑色のマットの汚れなどもきれいに落としておこう。

クラブヘッドのしつこい汚れには、メラミンスポンジ(研磨スポンジ)が有効だ。研磨剤入りの金属磨きは塗装部分を痛めてしまう可能性があるので、ウッドのヘッドなどには使わないほうが無難。特に流行りのマット塗装(艶消し塗装)の場合、せっかくのマット仕上げがツルツルになってしまったりする。梨地仕上げの場合も、ザラザラとした仕上げが取れてしまうことがあるので要注意だ。

日頃から定期的にクラブをメンテナンスすることで、扱いも丁寧になり無駄な傷などを減らせる。その結果、中古ショップで査定時のクラブの程度のランクも上がり、買い取り価格が高くなる可能性がある。買い替えの予算が増えることで、ますますお買い得感が増すというわけだ。中古ショップを上手に活用してもらいたい。





コメントを残す