ハウスメーカー大手10社、中古住宅の新戦略 – リフォーム産業新聞

Home » ショップ » 家電 » ハウスメーカー大手10社、中古住宅の新戦略 – リフォーム産業新聞
家電 コメントはまだありません



ハウスメーカー大手10社、中古住宅の新戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

要約すると

・ハウスメーカー10社が、新たなリフォーム戦略を開始
・条件を満たした自社物件のみを、リフォーム提案しながら販売
・リフォームの売上増につながることが期待される


仲介時にリフォームセットで提案

 ハウスメーカー10社とそのグループ会社が連携し、4月から新たなリフォーム戦略を始める。これは国が4月に始める「安心R住宅」制度を活用したもの。具体的には自社で建てた住宅を売買仲介する際に、リフォームプラン付きで売り出す。各社は不動産仲介手数料とリフォーム工事代金を両取りする狙い。ストック事業を伸ばす契機にしたい考えだ。

ミサワホームでは不動産広告に「リフォーム提案付き」という文言を盛り込むミサワホームでは不動産広告に「リフォーム提案付き」という文言を盛り込む

 ミサワホームでは自社で建てた中古住宅を仲介する際、不動産広告に「リフォーム提案付き」という文言を盛り込む。中古住宅の改修プランと予算の目安を購入者に提示する。事前にリフォームできることや費用を伝えることで、不安を払拭して不動産購入を促す狙い。

 パナホームでは「リフレッシュリフォームプラン」という中古住宅のリフォームメニューを揃え、不動産仲介時に合わせて提案する。プランはキッチン、バスなどのリフォーム部位ごとに商品と概算費用を明示し不動産営業マンでも提案しやすくする。住宅を売買仲介する際に、合わせて提案する。

 同じ方針なのが旭化成、住友林業、積水化学工業、積水ハウス、大和ハウス、トヨタホーム、三井ホーム、エスバイエル。

 ただし、仲介する物件は各社の自社物件かつ、一定の条件を満たすもの。具体的には新耐震基準レベル、長期メンテ計画と住宅履歴があるもの。かつ、インスペクションを実施し、瑕疵保険を付保するもの。これらの条件を満たすと国が4月に始める「安心R住宅」制度の条件を満たす。国のお墨付きとも言える「標章」をつけて販売できる。

 先に挙げたハウスメーカー10 社は2008年に優良ストック住宅推進協議会(和田勇会長)という団体を設立し、一定の性能がある自社の住宅を「スムストック」と名付けて販売してきている。4月以降、リフォームプランと瑕疵保険を付け加えて提案することで、安心R住宅、スムストックの二つの要件を満たすため、二つの標章をつけて
売り出すことになる。

 協議会の島津明良事務局長は「リフォームの売上増につながるのでは」と話す。





コメントを残す