踊れば鳴る「リストバンド型楽器」の潜在力 – 東洋経済オンライン

Home » ショップ » 楽器 » 踊れば鳴る「リストバンド型楽器」の潜在力 – 東洋経済オンライン
楽器 コメントはまだありません



世界17カ国で40万台出荷のヒット商品

2月15日、都内で開催されたサウンドムーブズの発表会。左からDmetProducts社長の楠氏、サウンドムーブズを発掘したエンジニアのニコリッチ氏、DmetProducts最高執行責任者の佐合氏(筆者撮影)

人の動きにあわせて音を奏でる新しい発想の楽器

人の動きにあわせて、さまざまな音やリズムをスマホなどの端末を通して奏でる、新しい発想の楽器が誕生した。すでに世界17カ国で40万台出荷されているヒット商品で、DMM.comが日本での販売代理店となり2月15日に発売した。

商品名はSoundMoovz(サウンドムーブズ)。手首や足首につけられるリストバンド型で、スマホやタブレットとBluetoothで接続し、アプリで操作を行う。音はスマホのほか、スピーカーからもアウトプットできるので、大きな音でも楽しめる。クラウド上に蓄積された約400種類のデータのなかから好みの音を選んで、あとは装着した機器を動かすだけ。1台のスマホにつき、デバイスを4種類登録することができ、それぞれ違う音を奏でることも可能だ。

たとえば、両手首、両足首につけてリズム系とメロディ系の音の組み合わせを選ぶと、右手と右足を同時に→左手だけ→左足だけというふうに動かすことで、1フレーズ分を奏でることができる。同じ動作を繰り返してもいいし、動作を変えると、また違うフレーズをつなげることができる。複数人でダンスを楽しんでもいい。

そのほか、自分の声など好きな音を録音して同じように奏でられるほか、スマホなどの端末に登録されている音源を使って、音楽に合わせてダンスや演奏を加えることも可能だ。さらに、DJのように音にエフェクトをつけたり、リズムゲームをしたりと、さまざまな音遊びが楽しめる。

開発したのは、DmetProducts社長で、ダンサーでもある楠太吾氏だ。同社は関西の老舗鉄鋼商社の社内ベンチャー。もともとプログラムについて何の知識も経験もなかった楠氏が、2016年6月に立ち上げた。開発拠点として、ハードウエア開発のための機材やシェアオフィス機能を備えたモノづくり施設DMM.make AKIBAを活用したという。





コメントを残す