店頭価格は査定額にいくら上乗せして販売されているの? – ニコニコニュース

Home » オークション » 店頭価格は査定額にいくら上乗せして販売されているの? – ニコニコニュース
オークション コメントはまだありません



クルマに関する疑問の中に査定額や中古車の店頭価格の話があります。査定額と店頭価格の開きはいったいどこから来るのか、なぜあんなに「乗せられて」いるのか、といったものだと思います。中古車の流通は、一体どうなっているのか、だれがどうやって値決めするのか、目に見えない不透明なところだらけですよね。もちろん彼らも商売ですから、中間マージンとして儲けがないと成り立ちません。そかし、それにガイドラインがあるのかないのか…。今回はそんなあたりに注目してみたいと思います。

「査定額」の構造は、率直言ってマチマチです。

買取査定

一言で言うとその店の運営形態にあると言えます。下取りや買取をしたクルマを「中古車オークション」に出す方針の店とそうでない店に分かれると考えるとシンプルです。

オークションに出す店の場合、まずオークションの出展費用というものが発生し、またオークション会場への回送にも人件費、ないしは陸送費がかかります。もっというと、オークションで思うような値段がつかなかった時のための保険の意味合いで、査定額をやや低めにすることもないとは言いきれません。

そうでない場合というのは、その店がオークションを介さずに「商品化」する想定の場合。つまり「直販」可能な体制を採っているかどうかということ。下取り、買取りをしてすぐに自社店頭に並べることができるなら、車本体へのコストとしては「仕上げ」のための人件費とケミカル類の材料費、場合によっては小規模な板金などの修繕費程度ではないかと思います。

つまり、「直販」が出来る店は「強い」。ライバル店に対しても「強気」の金額を提示出来たりできるのはそこが所以です。

まず、上記のような事情があることを踏まえて考えると整理しやすいかと思います。その上で、たとえば複数のお店で査定を受けたときに、それぞれに差が出るのかを考えると、もう一つ重要な要素としては、「売れるアテがあるか」という問題。これは中古車査定士の相場観の一つですが、「これは売れる」と思えば「値段を挿す」のに躊躇いはありませんよね。

すぐに現金化できる、たとえオークションでも、直販でも、そのアテや行けるという自信があれば高値をつけてくるでしょう。

売却時には複数で査定を受けるのがよいかと思います。そのクルマを欲しがっている店に出会えるのがベスト。だけどもっとも安定的に高額査定を引き出しやすいのは、実は、新しいクルマを購入する先への下取りです。この場合、新車であろうと中古車であろうと、店は新しく販売するクルマの側にも、下取りする車の側でも、それぞれに儲けを出すことができるような値決めをしていることが多いです。

つまり値段の調整幅を複数持つことが可能であるということ。驚くような額がでる可能性はありませんが、相談できる幅は広くとれると思っていいでしょう。

査定額に○○万も乗せて売られている!どうして?

査定

査定額は○○万円だったのに、後日その店の店頭を見てみたら、自分のクルマだった中古車が○○○万円で売られていた!なんていうエピソードをよく聞きます。

しかしこれは、GT-Rなどの人気車種の場合、もはや宿命と言えます。中古車というのは一定年数ごとに償却率というものがあり、年式ごとに相場が存在します。そして、そのクルマの人気度…つまり車種としての人気度、色や装備の人気度、程度の善し悪しなどなど、様々な要素が絡んできます。

良心的、というか、常識的な店でしかも「直販」を前提とするなら、査定額と、のちの店頭価格にあまり大きく開きが出ると信用問題になる、ということに気が付けるはずですが、そうではない人たちもいるのです。

これはよくよくその店の店頭価格を見て、自分のクルマの査定額を見て、その上で売却を考えたほうがいいでしょう。「GT-Rだけど年数も経ってるこんなもんですね」と言いながら、いざ店頭価格を決める時にはどうしても「欲が出てしまう」のが人間のサガ…です。

そのため、店頭価格を高くできる理由をどんどん探すことになり、そうして査定額買取額と店頭価格に「大きな乖離」が生まれることになるのです。しかし、信用のために、そこを必死でこらえて仕事をする人ももちろん多くいます。

中間マージンは、一概にどれくらいのせられるかは定かではありません。というのも、先に書かせていただいたように、車種やクルマの状態がそれぞれ異なり、加修コストなどの問題、また先のオークション出展なのか自社直販なのかも絡んできます。

しかしすべて「人件費」だと思っていただいていいでしょう。中古車というのは右から左にただただベルトコンベアーで流しているわけではなく、一台移動させるにも人手が必要ですし、そうした人材を確保し養っていかなければいけません。

そう考えれば、店員の態度や身なりからもその店の「儲け具合」を推し量れるかもしれませんね。

中古車とは「ナマ物」です

野菜

中古車は、ある意味「生モノ」と言えます。相場はあっても時価相場的な要素が濃く、その時々に相場は変動しているようなところがあります。その上、直販かオークションか、売れるアテがあるのかないのか、といった要素も複雑に絡んできます。

そのため、一定のガイドラインというものは存在しません。言い方を変えてしまえば、値決めは売り手の気持ち一つということになる。やはり信用商売といった側面がありますね。

でもこれ、野菜などの生鮮食品と同じ構造だと思っていただいていいのではないでしょうか。野菜や魚などは気候変動やその時々の豊漁不漁によって価格が左右されます。

「今年の秋刀魚は豊漁で値下がりしてます!」なんていうニュースもあれば、「うなぎの漁獲量が年々減少しており…」なんていう報道もあって、うなぎはどんどん値上がりしていますよね。

需要と供給のバランスも厳然としてあるのですが、それ以前に常に変動する相場というものがあり、クルマ屋というのは八百屋、魚屋と同じような側面があると思っていただくとわかりやすいでしょう。それ故に、査定額と店頭価格に大きな乖離が生じてしまうこともあると。

もし、このいわばグレーゾーン、不透明な中古車の中間搾取についてをクリアにしたい、それとは無縁な形でクルマを取引したい、のであれば、「個人売買」が手段として挙げられます。

個人売買もたしかに利点はたくさんありますよね。元オーナーな顔が見える安心感や、中間搾取のない値決めは一見クリーンな印象も持てるかも知れない。しかし、そこには何の保証もありません。まさにハイリスク・ハイリターン。そこを承知で自分で眼を養って個人売買を行うのは、クルマへの造詣を深める意味ではむしろ有意義なことかもしれませんが、そこはあくまでも一般的ではありませんよね。

「クルマは買っても売っても損をするものと心得よ」…筆者が「師匠」と呼んでいる人の名言です。クルマを売り買いしてまず「得」をすることは、今の時代ないでしょう。

しかし、その「損失」をできるだけ少なくする「工夫」を凝らすことは出来るのではないでしょうか。それには自分のクルマの時価相場や店頭価格でどれくらいなのかを知ること、運営形態の異なる複数の店で査定を受けること、これが、面倒ではありますが、早道です。手間を惜しんだ結果はそれなりものもしか得られません。

店頭価格は査定額にいくら上乗せして販売されているの?





コメントを残す