春の江戸絵画まつり リアル 最大の奇抜 – ジャパンデザインネット

Home » ショップ » 絵画・美術品 » 春の江戸絵画まつり リアル 最大の奇抜 – ジャパンデザインネット
絵画・美術品 コメントはまだありません



リアルに描くことは美術の基本…そう考えている人は少なくない。明治時代の欧化政策を背景に、西洋の画法をあらゆる美術の基本とする考え方が日本に定着したからだろう。しかしそれは、きわめて限られた「リアル」のあり方である。古くからの日本の絵画は、迫真性にこだわらない、純粋な色や形そのものから醸し出される美しさが大きな魅力だった。

江戸時代になると、そんな日本の絵画の「美しいものづくり」のうえでは必要とされなかった、あるいは意識外だったことを追及する画家が現れる。その1人が円山応挙である。応挙は、徹底した「リアル」の画家だ。目に映るありさまを冷静に分析して画面に表してみる、いわば既成の美の手段を破壊した創作者だった。

江戸時代中期以降、応挙や江戸の司馬江漢ら、さまざまな画家たちが思い思いに手法を考え、迫真的に表すことから生まれる未知の絵画の魅力を探っている。西洋絵画を目標にした明治以降とは違い、彼らの作品は見た目も技法も多様だ。また、それまでの「絵画の美とはこうあるべきだ」という考えや美意識と葛藤する様子、あるいは融合を試みる様子もみられる。

近代の先駆けとみなされることの多い江戸時代の「リアル」。本展ではそのようなことに縛られず、むしろそれを疑いつつ作品に向き合う。未知の領域に挑む画家たちの濃密で素晴らしい創作の数々を、ぜひご覧いただきたい。





コメントを残す