ヤフー、揺らぐ「圧倒的王者の座」…検索はグーグルに完敗、ヤフオクもメルカリが逆転目前 – Business Journal

Home » オークション » ヤフー、揺らぐ「圧倒的王者の座」…検索はグーグルに完敗、ヤフオクもメルカリが逆転目前 – Business Journal
オークション コメントはまだありません



「Yahoo!JAPAN」のHP

ヤフーはスマホの会社に加えて、データの会社になる」

 6月にヤフーの代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)に就任する予定の川邊健太郎氏は、1月24日の社長交代の記者会見で、自分に与えられたミッション(使命)をこう語った。

 次期社長に内定した川邊氏は現在、副社長兼COO(最高執行責任者)。1974年生まれの43歳で、社長兼CEOである宮坂学氏の社長就任時より1歳若い年齢での就任となる。

 川邊氏はネット黎明期の1995年、青山学院大学法学部在学中にウェブサイト制作を手掛ける「電脳隊」を立ち上げた学生起業家だ。大学卒業後の99年9月に社長に就任。2000年、ヤフーに買収されたのを機にヤフーに入社。その後、動画の「GYAO(ギャオ)」社長など、メディア関連の事業に携った。現在はコマースグループ長としてネットオークション「ヤオフク!」や、ネット通販「Yahoo!ショッピング」の事業を率いている。

 ヤフーは2月2日、2017年4~12月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。売上高は前年同期比4.4%増の6587億円と増収だが、本業の儲けを示す営業利益は同2.9%減の1478億円、純利益は同1.6%減の1031億円と減益だ。

 検索連動型をはじめとする広告関連売上高が増えたことや、前年度に電子書籍大手イーブックイニシアティブジャパンを連結子会社にしたことで増収。販促費やデータ分析用コンピュータ向け設備投資が増えて営業減益となった。

 セグメント別では、広告を収入源とするメディア事業の売上高は同3.1%増の2114億円、営業利益は同3.1%増の1234億円。営業利益率は58.4%と高い。パソコンからスマートフォン(スマホ)へのシフトが成功し、収益の柱となっている。

 これに対して、もうひとつの収益の柱と見込むEC(電子商取引)事業の成長は道半ばだ。ネットオークションやネットショッピングなどのコマース事業の売上高は同5.1%増の4379億円。しかし、営業利益は同5.4%減の619億円と落ち込んだ。営業利益率は14.1%で広告関連事業と大きな差がある。四半期の純利益が減益になった理由がここにある。

 今後のヤフーの成長は、EC事業の拡大にかかっているが、EC市場は競争が激しい。ヤフーの看板である検索サービスやネットオークションの足元が揺らいできている。





コメントを残す