日産デイズルークスの概要と歴史をまとめてみた|中古車なら【グーネット】 – Goo-net(グーネット)

Home » ショップ » ピアノ » 日産デイズルークスの概要と歴史をまとめてみた|中古車なら【グーネット】 – Goo-net(グーネット)
ピアノ コメントはまだありません



クルマのお役立ち情報[2018.02.13 UP]

日産デイズルークスの概要と歴史をまとめてみた

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日産デイズルークスの概要と歴史をまとめてみたグーネット編集チーム

日産デイズルークスは、個性豊かなボリューム感のあるボディデザインを採用し、利便性の高い広々とした室内空間と使い勝手の良さを特徴に持つ、先進装備を備える新世代のスーパーハイトワゴンとして2014年2月に誕生しました。

独自に軽乗用車を持たない日産自動車が、三菱自動車工業と合弁で作った株式会社NMKV(Nissan Mitsubishi Kei Vehicle)により商品開発を行い、初めて日産がデザインや企画から担当した軽自動車として、また人気の高い同社のミニバン「セレナ」で培ったノウハウを採り入れた第2弾モデルとして、発売と同時に高い注目を集めました。

先代のルークスはスズキの「パレット」のOEM供給車でしたが、一転して日産のDNAを反映したオリジナルモデルとして開発された車両です。

減速時のエネルギーを電力に変換、バッテリーへ充電しオーディオ等へ使用することで、エンジンの負荷を減らしガソリン消費を抑えるバッテリーアシストシステムや、先進のアイドリングストップシステムを搭載し、優れた省燃費性能を誇るデイリーユースの使いやすさと経済性を両立したモデルです。

発売後、約1ヶ月間で月間販売目標台数5,000台に対して28,000台を受注するなど、非常に好評なセールスを達成しました。

車両を俯瞰から見るような映像を映し出す先進の安全装備である「アラウンドビューモニター」をはじめ、タッチパネル式オートエアコンやリモコンオートスライドドアなどの利便性の高い先進の快適装備を備え、開放感あふれる魅力あるパッケージデザインから、若いファミリーユースを中心に人気の高いモデルです。

車名の「デイズルークス」は、英語の「DAYS:毎日」、「ROOM:部屋」と「MAX:最大」を組み合わせた造語に由来し、日々の生活に密着した最大の室内空間を提供するスーパーハイトワゴンとして命名されました。

また「S」を反転させ「Z」とすることで、日々の生活に変化を与える楽しい乗り物になるよう想いが込められています。

NMKVで共同開発された車両であるため、三菱「ekスペース」とはブロス車となります。

参考:

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-8400b787653095ab669dc41ccd5c9482

http://nmkv.com/about/

https://response.jp/article/2009/12/01/133206.html

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-8c9ddc8e4bd36e819f80df1434b372df-140313-02

http://www.nissan.co.jp/MUSEUM/CARNAME/

日産 デイズルークス BA0系(2014年〜)

日産 デイズルークス BA0系(2014年〜)グーネット編集チーム

日産デイズルークスは、初めて日産が企画・デザインから手掛けた、開放感あふれる日常の利便性に優れる軽スーパーハイトワゴンとして2014年2月に誕生しました。

三菱自動車との合弁会社であるNMKVで開発され、日産のラインナップの中でも高い人気を誇るミニバン「セレナ」のノウハウを軽自動車へフィードバックしたモデルとして、発売早々から安定したセールスを誇るモデルです。

同じように合弁会社で開発された軽ハイトワゴンモデル「デイズ」とはコンセプトやボディデザインも異なり、さらに全高は155mm高く、ホイールベースも延長され、リヤにオートスライドドアを装備する、軽スーパーハイトワゴンとして位置づけられるモデルです。

ノーマルタイプと、迫力のあるエアロパーツを装着しどっしりとした外観が特徴のハイウェイスターモデルの、二つの個性あるラインナップが設定されています。

上質な横方向のメッキグリルから続く個性的なヘッドランプや、立体的でスタイリッシュなフロントバンパーの造形をはじめ、低いウエストラインを持つダイナミックなキャラクターラインと安定感のあるフェンダーラインに加え、Aピラーを立てた大きなガラスエリアとリヤルーフエンドまで伸びたサイドビュー、サイドまで回り込んだリヤコンビネーションランプ、力強く質感の高いリヤバンパー形状と面を一体化させたリヤドアなど、斬新なデザインが特徴です。

中でも1400mmの高さを持つ大きな開口部を実現した後席両側リモコンスライドドアの採用により低ステップ高、クラストップレベルの室内高と相まって、目を見張る優れた乗降性を誇り、ファミリーユースには大変魅力的な仕様と言えるでしょう。

また、炎天下で室温の上昇を抑制する断熱ルーフやオシャレな個性を演出する2トーンルーフが設定されています。

肌触りに優れ身体を優しく包み込む質感の高いスエード調クロスを使用したシートが装着され、シルバーやピアノ調で加飾されたスタイリッシュで居心地の良い室内空間を提供しています。

運転席にはチルトステアリング&運転席シートリフターを標準装備し、ガラスエリアの大きさや車幅感覚が把握しやすいボディ形状と相まって、市街地走行のすれ違いや縦列駐車にも取り回しの良い優れた操作性が特徴です。

また、足踏み式パーキングブレーキやパネルシフトを採用したことで、前席にはゆったりとした足元空間が生まれ、助手席から運転席への移動を容易にしています。

ハイトワゴン軽クラストップレベルの260mmの後席ロングスライド&リクライニング機構を備えるリヤシートは、シーンによってさまざまな多彩なシートアレンジが可能で、リモコンオートスライドドアと相まって、長尺物や大きな荷物を積載する際の利便性や優れた乗降性を両立しています。

さらに、軽自動車初となる前後スライド式助手席シートアンダーボックスをはじめ、助手席シートバックテーブルや、菌やウイルスを抑制し、肌や髪の毛に潤いを与えるナノイーを搭載したリヤシーリングファン、運転席ヒーター付シートに加え、キー操作を必要とせずエンジン始動・停止が可能なインテリジェントキー&プッシュエンジンスターターなど、実用性の高い快適装備が施されています。

搭載するパワートレインはトルクフルで扱いやすいインタークーラー付ターボエンジンと、減速時のエネルギーから発電・充電するバッテリーアシストシステムを搭載し、優れた燃費性能と軽快で快適な走りを発揮する自然吸気エンジンが用意されています。

いずれもアイドリングストップ機構を採用し、ダイレクトな走行性能が特徴の副変速機付エクストロニックCVTとの組み合わせとなります。

駆動方式は軽快な走りが特徴の2WD/FFモデルと、路面状態によって前後のトルク配分を可変する経済性と高い走行安定性を両立するフルタイム4WDが設定されています。

日産の「クルマが人を守る」と言う安全思想に基づき、前席SRSエアバッグシステムやSRSサイドエアバッグシステムをはじめ、踏み間違い衝突防止アシスト、自動ブレーキによる衝突回避を行い衝突時の被害を軽減させるエマージェンシーブレーキや、夜間の安全走行をアシストするハイビームアシストに加え、車両を上から見た俯瞰映像を映し出し、駐車操作をアシストするアラウンドビューモニターなど、先進の安全装備が設定されています。

参考:

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-8400b787653095ab669dc41ccd5c9482

https://response.jp/article/2016/02/02/269011.html

https://newsroom.nissan-global.com/releases/161221-01-j?lang=ja-JP

http://history.nissan.co.jp/DAYZROOX/BA0/1402/equip_interior.html

http://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERVIEW/safety_tdc.html

日産 デイズルークス(DAYZ_ROOX)S(2014年2月モデル)

ボディタイプ:軽-RV系

乗車定員:4名

駆動方式:FF

ボディサイズ:3395×1475×1775mm(全長×全幅×全高)

室内サイズ:2235×1320×1400mm(室内長×室内幅×室内高)

タイヤサイズ:(前)155/65R14 75S(後)155/65R14 75S

エンジンタイプ:3B20型 水冷直列3気筒DOHC

排気量:659cc

最高出力:49ps(36kW)/6500rpm

最大トルク:6.0kg・m(59N・m)/5000rpm

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

JC08モード燃費:22.0km/リットル

車両重量:920kg

価格:1,240,050円

軽自動車税について

※1 平成27年3月31日以前に新規取得された新車:年間7,200円

※2 平成27年4月1日以降に新規取得された新車:年間10,800円

※3 最初の新規検査から13年を経過した自動車:年間12,900円

参考:
https://www.goo-net.com/catalog/NISSAN/DAYZ_ROOX/10087024/index.html

http://www.airia.or.jp/info/charge_tax/02.html

・主なグレード

「S」「X」「ハイウェイスター S」「ハイウェイスター X」「ハイウェイスター X Gパッケージ」「ハイウェイスター ターボ」。

(特別モデルを除く)

・主なオプション

フォグランプ、本革巻ステアリング(ピアノ調加飾付)、日産オリジナルナビゲーション、日産オリジナルオーディオ、後席専用モニター、ドアトリムクロス(プレミアムグラデーションインテリア、ブラウン)、ネオソフィール&スエード調クロス(プレミアムグラデーションインテリア、ブラウン)、両側リモコンオートスライドドア、ルーフスポイラーなど。

・カラーバリエーション

ブラック(P)、アゼリアピンク(M)、シルキーローズ(M)、クールシルバー(M)、ピンクゴールド(M)、モカブラウン(P)、プレミアムパープル(P)、ホワイトパール(3P)。

(発売時期・グレードにより異なります)

デイズルークスは、日産自動車と三菱自動車工業の合弁会社により開発され、日産の人気の高いミニバン「セレナ」のエッセンスがふんだんに盛り込まれた、優れたユーティリティスペースを提供する、軽スーパーハイトワゴンとして高い人気を誇ります。

スタイリッシュでアグレッシブな外観が特徴のカタログモデル「ハイウェイスター」や気品あるラグジュアリーな佇まいの「ボレロ」など数々の特別仕様車が発売され、豊富なラインナップが特徴です。

今後も先進の安全装備であるラウンドビューモニターをはじめ、日産のセーフティ・シールド思想がいかされた、質の高い軽自動車として進化が期待されるモデルです。

参考:

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-8400b787653095ab669dc41ccd5c9482

http://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERVIEW/safety_tdc.html

日産 デイズルークスの中古車一覧:
https://www.goo-net.com/usedcar/brand-NISSAN/car-DAYZ_ROOX/index.html



  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを残す