ダイハツムーヴの概要と歴史をまとめてみた|中古車なら【グーネット】 – Goo-net(グーネット)

Home » ショップ » 自動車 » ダイハツムーヴの概要と歴史をまとめてみた|中古車なら【グーネット】 – Goo-net(グーネット)
自動車 コメントはまだありません



クルマのお役立ち情報[2017.12.18 UP]

ダイハツムーヴの概要と歴史をまとめてみた

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイハツムーヴの概要と歴史をまとめてみたグーネット編集チーム

ダイハツムーヴは、1995年の初代モデルの発売以来、上品なデザイン・広々とした快適な室内空間・使い勝手の良さなど優れた特徴に持つ、軽トールワゴンとして高い人気を誇り、幅広い年齢層の方々から支持を受けるダイハツの基幹モデルです。

「L500系ミラ」をベースに開発され、イタリアのデザインスタジオ「I.DE.A」との共同開発によりデザインされた機能性の高いスタイリッシュなボディスタイルは大変話題になりました。

シリーズ国内累計販売台数は、2005年7月時点で170万台を突破し、現行の6代目リリースの際は、最初の1ヶ月間で、月間販売目標台数の約2倍の24,000台/を受注するなど、今なお常に安定したセールスを誇る人気モデルです。

軽トールワゴンならではの、タイヤをボディ4隅に配置し、ユーティリティスペースを最大限に確保した効率の良い広々とした利便性・実用性に優れる室内空間、バンパーからAピラーへ続く、個性的で上品なボディデザインなど、その後のモデルにも受け継がれる基本コンセプトがいかされています。

また、その後のラインナップ体系として確立される、大型バンパーや専用グリルを備えるスポーティモデルである「カスタム」も初代モデルから加わった人気モデルです。

現在までの5度のフルモデルチェンジを行い、歩行者へも対応した進化した衝突回避支援システム「スマートアシストIII」や最新の「軽量高剛性ボディ骨格構造(D monocoque)」、派生モデルのムーブキャンパスでは4箇所のカメラで死界となる車両の前後左右を映し、俯瞰映像をナビ画面上に映し出す「パノラマモニター」、最新の軽量高剛性ボディ構造「軽量高剛性ボディ骨格構造(D monocoque)」の採用など、高い安全性能を備えたモデルとして高い評価を得ています。

車名の「ムーヴ」は、英語の「MOVE」に由来し、「動かす」、「感動させる」などの意味を持ち、常に人々を惹きつける、活動的なライフスタイルをともにするに相応しいネーミングと言えるでしょう。

派生モデルには洗練されたスクエアスタイルに居心地の良さを追求した「ムーヴコンテ」、デザイン性と機能性を両立した新感覚スタイルワゴン「ムーヴキャンパス」、ほのぼのとしたスタイルと素朴であたたかいエクステリアが特徴の「ムーヴラテ」があります。

また、2011年5月よりスバルへ2代目ステラとしてOEM供給を行っています。

参考:

https://www.daihatsu.com/jp/company/history_product_1995.html

https://www.daihatsu.com/jp/news/2005/20050826-01.html

https://www.daihatsu.com/jp/news/2015/kv071l0000000c9e.html

https://www.daihatsu.com/jp/news/1998/19981006-01.html

https://www.daihatsu.com/jp/news/2002/20021015-01.html

https://www.daihatsu.com/jp/news/2006/20061005-01.html

https://www.daihatsu.com/jp/news/2010/20101213-03.html

https://www.daihatsu.com/jp/news/2014/20141212-1.html

https://www.subaru.co.jp/news/archives/11_04_06/11_05_24.html

初代 ダイハツ ムーヴ L600系(1995年〜1998年)

初代 ダイハツ ムーヴ L600系(1995年〜1998年)グーネット編集チーム

初代ムーヴは、同社の軽乗用車「L500系ミラ」をベースに開発され、背の高いボディを身にまとい1995年8月に発売された軽トールワゴンです。

グリルレスのシンプルながら個性的なフロントグリル、フロントバンパーからAピラーへ続く独特なキャラクターラインなど、今なお記憶に残るスタイリッシュで上品なエクステリアデザインを採り入れています。

この斬新なボディデザインはイタリアのデザイン会社「I.DE.A」との共同開発によるもので、発売当初より大きな話題となりました。

大きなガラスエリアを持ち、タイヤを4隅に配置したゆったりしたホイールベースと明るく開放的な室内空間、視界性・取り回しに優れるショートノーズのパッケージングなど、その後の軽トールワゴンの基本とも呼べるスペックを兼ね備えたモデルです。

ラインナップは、標準ボディモデルと専用の大型メッキフロントグリルやバンパーなどを備えるスポーティモデルの「カスタム」からなります。

参考:

https://www.daihatsu.com/jp/company/history_product_1995.html

ムーヴ(MOVE)CA(1995年8月モデル)

ボディタイプ:軽-RV系

乗車定員:4名

駆動方式:FF

ボディサイズ:3295×1395×1620mm(全長×全幅×全高)

室内サイズ:1700×1180×1370mm(室内長×室内幅×室内高)

タイヤサイズ:(前)145/70R12(後)145/70R12

エンジンタイプ:EF-GL型 水冷直列3気筒DOHC12バルブ

排気量:659cc

最高出力:52ps(38kW)/7200rpm

最大トルク:5.8kg・m(56.9N・m)/4500rpm

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

10モード/10・15モード燃費:21.5km/リットル

車両重量:690kg

価格:798,000円

軽自動車税について

※1 平成27年3月31日以前に新規取得された新車:年間7,200円

※2 平成27年4月1日以降に新規取得された新車:年間10,800円

※3 最初の新規検査から13年を経過した自動車:年間12,900円

参考:
http://www.goo-net.com/catalog/DAIHATSU/MOVE/5001986/index.html

http://www.airia.or.jp/info/charge_tax/02.html

・主なグレード

「CA」「CG」「CL」「CS」「CX」「Z4」「SR」。

(特別モデルを除く)

ダイハツ ムーヴ L600系の中古車一覧:
http://www.goo-net.com/usedcar/brand-DAIHATSU/car-MOVE/model-1-10502004/index.html

2代目 ダイハツ ムーヴ L900系(1998年〜2002年)

2代目 ダイハツ ムーヴ L900系(1998年〜2002年)グーネット編集チーム

2代目ムーヴは、初代から続く上質な外観、広く伸びやかな快適な室内空間、機敏な動力性能と優れた経済性をいかしたコンセプトながら、軽自動車の規格改正に伴い、初代モデルから3年経過した1998年10月に発売されました。

この度の軽自動車の規格改正は衝突安全性の見直しによる、ボディサイズの拡大であり、先代からのプラットフォームを踏襲しながらも、「QUALITY 〜Safety & Performance〜」をコンセプトに、新規格に準じた衝突安全ボディ「TAF:Total Advanced Functionボディ」の採用により、世界最高水準の衝突安全基準をクリアしています。

その他にも安全インテリア「SOFI:Safety-Oriented Friendly Interior」や軽自動車初となるデュアル(運転席および助手席)SRSエアバッグをはじめ、衝撃感知安全システムやプリテンショナー&フォースリミッター機構付きシートベルト、ブレーキアシスト付ABSなど高い安全性能を備えています。

また、新開発の高性能エンジンシリーズ「TOPAZ」の搭載も本モデルが初となります。

参考:

https://www.daihatsu.com/jp/news/1998/19981006-01.html

https://www.daihatsu.com/jp/news/2000/20000707-01.html

ムーヴ(MOVE)CG(1998年10月モデル)

ボディタイプ:軽-RV系

乗車定員:4名

駆動方式:FF

ボディサイズ:3395×1475×1630mm(全長×全幅×全高)

室内サイズ:1710×1220×1335mm(室内長×室内幅×室内高)

タイヤサイズ:(前)145/70R12 69S(後)145/70R12 69S

エンジンタイプ:EF-SE型 水冷直列3気筒SOHC6バルブ

排気量:659cc

最高出力:45ps(33kW)/6400rpm

最大トルク:5.6kg・m(54.9N・m)/3600rpm

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

10モード/10・15モード燃費:20.5km/リットル

車両重量:780kg

価格:920,000円

軽自動車税について

※1 平成27年3月31日以前に新規取得された新車:年間7,200円

※2 平成27年4月1日以降に新規取得された新車:年間10,800円

※3 最初の新規検査から13年を経過した自動車:年間12,900円

参考:
http://www.goo-net.com/catalog/DAIHATSU/MOVE/5001336/index.html

http://www.airia.or.jp/info/charge_tax/02.html

・主なグレード

「CG」「CL」「CX-T」「CX」「CR」「SR-XX」「カスタム」「Z4」「カスタムM4」「エアロダウンカスタム」「エアロダウンカスタムM4」。

(特別モデルを除く)

ダイハツ ムーヴ L900系の中古車一覧:
http://www.goo-net.com/usedcar/brand-DAIHATSU/car-MOVE/model-2-10502004/index.html

3代目 ダイハツ ムーヴ L150系(2002年〜2006年)

3代目 ダイハツ ムーヴ L150系(2002年〜2006年)グーネット編集チーム

3代目ムーヴは、プラットフォームを一新させ、フレッシュで斬新なデザイン、基本性能と使い勝手の向上を目指し、2002年10月に登場しました。

従来モデルと同様に標準モデルとカスタムのラインナップで構成されます。

標準モデルは「生活革新!エキサイティングミニバン」をテーマに、上質で親しみやすい内外装デザイン、カスタムは「モバイル世代のラジカルボックス」をテーマに、若い年齢層を想定したスタイリッシュでスポーティな内外装デザインの個性的なタイプを設定し、幅広い世代に対応した新世代の軽トールワゴンとして開発されました。

なめらかな面構成を持つ、質感の高いボディデザイン、掛け心地の良いベンチシートを採用した伸びやかで開放的な使い勝手の良いインテリアなど、細部にわたり大きくブラッシュアップされました。

中でも、新設計のプラットフォームを採用することで、室内スペースが大きく拡大し、先代モデルより100mmスライド量の拡大した左右一体式ロングスライドリヤシートをはじめ、ワンモーション荷室フラット機構を採用した使い勝手の良い多彩なシートアレンジなど、大きく開くドアと相まって乗り降りのしやすい、買い物にも便利なパッケージングが特徴です。

進化し続ける衝突安全ボディ「TAF」と乗員の保護性能を高める安全インテリア「SOFI」の採用をはじめ、軽自動車初のシームレス化された運転席&助手席側SRSエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグ、SRSサイドエアバッグなどの搭載に加え、歩行者の被害を減少させる吸収スペースや衝撃緩和装置を設けた歩行者傷害軽減ボディなど、さまざまなパッシブセーフティ装備を備えています。

さらに出会いがしらの事故を予防するブラインドコーナーモニターやTCS(トラクションコントロールシステム)、ABS(アンチロックブレーキシステム)、横滑り制御の3つの機能を統合したDVSIIなど、安全・安心運転をアシストする充実した装備を設定しています。

搭載されるエンジンはDOHC化された「TOPAZ」シリーズのDDVT機構を備えた3気筒自然吸気エンジン、同じく3気筒ターボエンジン、パワーと静粛性のバランスに優れる4気筒ターボエンジンのラインナップ構成です。

参考:

https://www.daihatsu.com/jp/news/2002/20021015-01.html

ムーヴ(MOVE)L(2002年10月モデル)

ボディタイプ:軽-RV系

乗車定員:4名

駆動方式:FF

ボディサイズ:3395×1475×1630mm(全長×全幅×全高)

室内サイズ:1885×1300×1305mm(室内長×室内幅×室内高)

タイヤサイズ:(前)145/80R13 75S(後)145/80R13 75S

エンジンタイプ:EF-VE型 水冷直列3気筒DOHC12バルブ

排気量:659cc

最高出力:58ps(43kW)/7600rpm

最大トルク:6.5kg・m(64N・m)/4000rpm

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

10モード/10・15モード燃費:23.0km/リットル

車両重量:790kg

価格:878,000円

軽自動車税について

※1 平成27年3月31日以前に新規取得された新車:年間7,200円

※2 平成27年4月1日以降に新規取得された新車:年間10,800円

※3 最初の新規検査から13年を経過した自動車:年間12,900円

参考:
http://www.goo-net.com/catalog/DAIHATSU/MOVE/5003649/index.html

http://www.airia.or.jp/info/charge_tax/02.html

・主なグレード

「L」「X」「R」「カスタムL」「カスタムX」「カスタムR」「カスタムRS」「カスタムRSリミテッド」。

(特別モデルを除く)

ダイハツ ムーヴ L150系の中古車一覧:
http://www.goo-net.com/usedcar/brand-DAIHATSU/car-MOVE/model-3-10502004/index.html

4代目 ダイハツ ムーヴ L170系(2006年〜2010年)

4代目 ダイハツ ムーヴ L170系(2006年〜2010年)グーネット編集チーム

4代目ムーヴは、歴代モデルのDNAを受け継ぎ、より進化したコンパクトノーズ・ビッグキャビンデザインを採用する、斬新でモダンなエクステリアデザインを持つ、軽トールワゴンとして2006年10月に誕生しました。

歴代モデルと同様に標準モデルとカスタムのラインナップで構成されます。

標準モデルは「わたしのかろやかオールマイティ」をテーマに、フットワークの良い機能性の高いモデルです。

カスタムは「上質・快適移動体(ムーヴィング・アメニティ)」をテーマに、スポーティで質感の高い個性的なモデルとして開発されました。

歴代モデルから大きく変貌を遂げた、躍動感のある斬新で丸みを帯びた卵形のボディフォルムが特徴で、新設計のプラットフォームをはじめ、思い切ったコンパクトノーズを採用するなどパッケージングを見直すことで、クラス最大の室内長と室内幅を実現した、開放的で圧倒的な居住空間を提供しています。

また、初代モデルで採用され、デザイン上大きな個性となったフロントバンパーからAピラーへ続くキャラクターラインがムーヴのDNAを色濃く表現しています。

フロントグリルから続く緩やかにラウンドした大きなフロントガラス、フロントドアからリヤエンドまで続くスタイリッシュなキャラクターライン、安定感のある張り出したフェンダーなど、操作性に優れ躍動感のある流麗なボディエクステリアデザインが特徴です。

徹底的なスペース効率により実現された、2940mmのロングホイールベース、フラットなリヤシートの足元やレッグスペースの拡大、ロングスライド機構を持つ多彩なリヤシートなど、一層の優れた利便性と乗降性を両立しました。

軽快な走行フィールと優れた経済性を両立するDVVT 3気筒自然吸気DOHCエンジンと胸のすく加速フィール、低速域から高速域まで力強い走行性能を誇る3気筒自然吸気DOHCターボエンジンの2つのTOPAZ NEOエンジンが搭載されています。

サスペンションも新設計となり、揺れの少ない快適な乗り心地と優れた操縦安定性を提供しています。

事故を未然に防ぐアクティブセーフティ装備である「インテリジェントドライビングアシスト」をはじめ、最新のコンパチビリティボディ「TAF」や安全インテリア「SOFI」、ブレーキペダルが後退するのを防ぐ「ブレーキペダル後退防止機構」、事故の衝撃を吸収しドライバーの被害を軽減する「衝撃吸収式ステアリング」など、さまざまなパッシブセーフティ装備を備えています。

参考:

https://www.daihatsu.com/jp/news/2006/20061005-01.html

ムーヴ(MOVE)L(2006年10月モデル)

ボディタイプ:軽-RV系

乗車定員:4名

駆動方式:FF

ボディサイズ:3395×1475×1630mm(全長×全幅×全高)

室内サイズ:2110×1350×1310mm(室内長×室内幅×室内高)

タイヤサイズ:(前)145/80R13 75S(後)145/80R13 75S

エンジンタイプ:KF-VE型 水冷直列3気筒DOHC12バルブ

排気量:658cc

最高出力:58ps(43kW)/7200rpm

最大トルク:6.6kg・m(64N・m)/4000rpm

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

10モード/10・15モード燃費:23.5km/リットル

車両重量:810kg

価格:1,018,500円

軽自動車税について

※1 平成27年3月31日以前に新規取得された新車:年間7,200円

※2 平成27年4月1日以降に新規取得された新車:年間10,800円

※3 最初の新規検査から13年を経過した自動車:年間12,900円

参考:
http://www.goo-net.com/catalog/DAIHATSU/MOVE/10036481/index.html

http://www.airia.or.jp/info/charge_tax/02.html

・主なグレード

「L」「X」「Xスペシャル」「X VS III」「カスタムL」「カスタムX」「Xリミテッド」「カスタムXリミテッド」「カスタムRS」「カスタムR」「カスタムRリミテッド」。

(特別モデルを除く)

ダイハツ ムーヴ L170系の中古車一覧:
http://www.goo-net.com/usedcar/brand-DAIHATSU/car-MOVE/model-4-10502004/index.html

5代目 ダイハツ ムーヴ LA100系(2010年〜2014年)

5代目 ダイハツ ムーヴ LA100系(2010年〜2014年)グーネット編集チーム

5代目ムーヴは、歴代モデルのDNAである「広々快適な室内空間」、「使い勝手の良さ」、「ハイクオリティなデザイン」といった特徴をブラッシュアップし、新たな次世代スタンダード軽トールワゴンを目指し、2010年12月に誕生しました。

ボディデザインは先代からのキープコンセプトであるモノフォルムシルエットを採用しています。

細部にわたり質感を向上させ、標準モデルではあたたかみのある柔らかなインテリアと流麗で上品なボディデザイン、カスタムでは洗練されたスポーティなインテリアとLEDイルミネーションを組み込んだディスチャージヘッドランプをはじめ、躍動感のある力強いボディデザインなど、個性的な2タイプが設定されています。

ボディ骨格をはじめ、根幹パーツの見直しをはかり、先代モデルと比較して約35kgの軽量化を達成し、第二世代の新開発KFエンジン、低転がり抵抗タイヤの採用やトランスミッションを伝動効率に優れるCVTへ統一するなど、最新のエンジンスタート機構「eco IDLE」と相まって、ガソリン車トップレベルの省燃費性能を実現しています。

徹底した防音処理が施された、軽乗用車最大の室内幅と室内高さを持つ居住性の高い室内空間は、開放的で明るいインテリアデザイン、ピラー形状の改良と伴って、ストレスを感じにくい居心地の良さが自慢のパッケージングが特徴です。

さらに、カーゴスペースからスライドが可能になったリヤシートや、大容量ラゲージアンダーボックスなど大きな荷物を積載する際の利便性が向上しています。

軽自動車初の搭載となるナノイーディフューザーやオート格納式ドアミラーをはじめ、高速走行に便利な全車速対応型レーダークルーズコントロール、バックモニター機能付のメモリーナビゲーションシステムなど先進の快適装備が設定されているのも特徴です。

追突事故を未然に防止するプリクラッシュセーフティシステム、車線逸脱警報機能、滑りやすい路面の車両の挙動を制御するVSC(ビークルスタビリティコントロール)、全車速対応型レーダークルーズコントロールなどを統合する安全運転支援システム「インテリジェントドライビングアシストパック」をはじめ、最新の衝突安全ボディ「TAF」や安全インテリア「SOFI」など、高い安全性能を備えています。

参考:

https://www.daihatsu.com/jp/news/2010/20101213-03.html

ムーヴ(MOVE)L(2010年12月モデル)

ボディタイプ:軽-RV系

乗車定員:4名

駆動方式:FF

ボディサイズ:3395×1475×1635mm(全長×全幅×全高)

室内サイズ:2075×1350×1280mm(室内長×室内幅×室内高)

タイヤサイズ:(前)155/65R14 75S(後)155/65R14 75S

エンジンタイプ:KF型 水冷直列3気筒DOHC12バルブ

排気量:658cc

最高出力:52ps(38kW)/7200rpm

最大トルク:6.1kg・m(60N・m)/4000rpm

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

10モード/10・15モード燃費:25.0km/リットル

車両重量:810kg

価格:1,120,000円

軽自動車税について

※1 平成27年3月31日以前に新規取得された新車:年間7,200円

※2 平成27年4月1日以降に新規取得された新車:年間10,800円

※3 最初の新規検査から13年を経過した自動車:年間12,900円

参考:
http://www.goo-net.com/catalog/DAIHATSU/MOVE/10066862/index.html

http://www.airia.or.jp/info/charge_tax/02.html

・主なグレード

「L」「L SA」「X」「X SA」「カスタムX」「カスタムX SA」「Xリミテッド」「カスタムG」「カスタムRS」「カスタムXリミテッド」「カスタムXリミテッド SA」。

(特別モデルを除く)

・主なオプション

リヤヒーターダクト、6スピーカーパック(16cm4ドアスピーカー&ツィーター)、寒冷地仕様。

・カラーバリエーション

ブラックマイカ、ブラックマイカメタリック、ホワイト、ライトローズメタリック、タングステングレーメタリック、ブライトシルバーメタリック、ファインブルーマイカメタリック、ファイアークォーツレッドメタリック、プラムブラウンクリスタルマイカ、アーバンナイトブルークリスタルメタリック、プレシャスブルーマイカメタリック、シャンパンメタリックオパール、ジュピターベージュメタリック、パールホワイトIIIなど。

(発売時期・グレードにより異なります)

ダイハツ ムーヴ LA100系の中古車一覧:
http://www.goo-net.com/usedcar/brand-DAIHATSU/car-MOVE/model-5-10502004/index.html

6代目 ダイハツ ムーヴ LA150系(2014年〜)

6代目 ダイハツ ムーヴ LA150系(2014年〜)グーネット編集チーム

6代目ムーヴは、軽量高剛性を採用し、動力や安全性能など基本性能を高めるとともに、大胆なボディを身にまとい、2014年12月に誕生しました。

メッキ装飾が施されたフロントグリル、上下二段に開口部を持つ大型バンパーから続く、ブリスター形状のアグレッシブなフロントフェンダー、安定感のあるリヤフェンダーなどクラスを超えた高級感のあるボディデザインが特徴です。

ラインナップは従来通り、標準モデルとスポーティモデルのカスタムの2タイプを設定し、今回はカスタムに内外装を上質で高級感を際立たせた「ハイパー」グレードが追加されました。

専用グリル、LEDイルミネーションを配したグリル下部とフォグランプ周りなどの上質なアピアランスとブルーステッチを施した本革&ファブリックのコンビシートなどが存在感を演出しています。

6代目ムーヴでは、フロントアンダースポイラーやスポイラー一体式バックドアなどCd値を従来モデル比で約10%低減するなど空力特性を大幅に見直し、搭載するエンジンのマネジメント変更と相まって、クラストップレベルの低燃費と優れた環境性能、実用域でのドライバビリティの向上を実現しています。

また、新開発の軽量高剛性ボディ骨格構造「D monocoque」や足回りを一新した剛性感の高い「D suspension」、パワーモードを選べるステアリングスイッチを備えた「D assist」など、外部からクルマにかかる力とクルマから外部へ伝える力をコントロールする「Force Control(フォースコントロール)」に理論に基づいた新しいテクノロジーを採用することで、ふらつきのない快適な乗り心地とストレスを感じにくいリニアな走行性能を実現しています。

ボディ構造の改良や根幹部品の剛性を高めることで、乗員に伝わる振動やノイズを大幅に低減し、座面の圧力分布を向上させた新しいシート構造と相まって、静かでリラックスできる優れた室内空間を提供しています。

また、リクライニング&ロングスライド機構を備える左右分割可倒式リヤシートを採用したことで、長尺ものや大きな荷物を積載する際の利便性を高めています。

ペダルの踏み間違えによる飛び出し事故を防止する「後方誤発進抑制制御機能」を追加した衝突回避支援システム「スマートアシスト」や夜間の視認性を高める「LEDヘッドランプ」をはじめ、ハンドル操作と連動したバックカメラ機能や坂道発進をアシストする「ヒルホールドシステム」など、先進の安全装備が設定されています。

参考:

https://www.daihatsu.com/jp/news/2014/20141212-1.html

https://www.daihatsu.com/jp/news/2014/20141212-1.pdf

ムーヴ(MOVE)L(2014年12月モデル)

ボディタイプ:軽-RV系

乗車定員:4名

駆動方式:FF

ボディサイズ:3395×1475×1630mm(全長×全幅×全高)

室内サイズ:2080×1320×1280mm(室内長×室内幅×室内高)

タイヤサイズ:(前)155/65R14 75S(後)155/65R14 75S

エンジンタイプ:KF型 水冷直列3気筒DOHC12バルブ

排気量:658cc

最高出力:52ps(38kW)/6800rpm

最大トルク:6.1kg・m(60N・m)/5200rpm

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

JC08モード燃費:31.0km/リットル

車両重量:820kg

価格:1,134,000円

軽自動車税について

※1 平成27年3月31日以前に新規取得された新車:年間7,200円

※2 平成27年4月1日以降に新規取得された新車:年間10,800円

※3 最初の新規検査から13年を経過した自動車:年間12,900円

参考:
http://www.goo-net.com/catalog/DAIHATSU/MOVE/10094782/index.html

http://www.airia.or.jp/info/charge_tax/02.html

・主なグレード

「L」「L SAII」「フロントシートリフトL」「X」「X SA」「Xターボ」「XターボASII」「カスタムX」「カスタムX SAII」「カスタムXハイパー」「カスタムXハイパーSAII」「カスタムRS」「カスタムRS SAII」。

(特別モデルを除く)

・主なオプション

トップシェイドガラス(フロントウインドゥ)、LEDヘッドランプ(ロービーム・マニュアルレベリング機能付)、ブラックインテリアパック(ファブリックシート/ドアトリム/革巻ステアリングホイール/メッキインナードアハンドル)、オーディオパネル(プレミアムシャインブラック)、SRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)&SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)、純正ナビ装着用アップグレードパック{ステアリングスイッチ(オーディオ操作用)、バックカメラ、16cmリヤスピーカー&ツィーター、GPSアンテナ、フルセグTVアンテナ、トップシェイドガラス}など。

・カラーバリエーション

ブラックマイカメタリック、ホワイト、コットンアイボリー、ライトローズマイカメタリックII、ブライトシルバーメタリック、ファイアークォーツレッドメタリック、トニコオレンジメタリック、メテオライトグレーイリュージョナルパール、ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック、プラムブラウンクリスタルマイカ、シルキーブルーパール、ディープブルークリスタルマイカ、パールホワイトIII、ブラックマイカメタリック×ブライトシルバーメタリック、ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック、ブラックマイカメタリック×ディープブルークリスタルマイカ、ブラックマイカメタリック×パールホワイトIII、ブラックマイカメタリック×トニコオレンジメタリックなど。

(発売時期・グレードにより異なります)

ダイハツ ムーヴ LA150系の中古車一覧:
http://www.goo-net.com/usedcar/brand-DAIHATSU/car-MOVE/model-6-10502004/index.html

ダイハツムーヴは、「広々と快適な質感の高い室内空間」「使い勝手の良いインテリア」「ハイクオリティな洗練されたデザイン」など、複合的な先進のパッケージングが特徴の次世代軽トールワゴンとして1995年に登場以来、常に安定的な人気を誇るダイハツの基幹モデルです。

先進の衝突回避支援システム「スマートアシストIII」をはじめ、衝突安全ボディ「TAF」、乗員に優しい安全インテリア「SOFI」など優れた安全性能を備え、評価の高い車種です。

ムーヴは次世代をリードする軽トールワゴンとして、今後も進化し続けることでしょう。

参考:

https://www.daihatsu.com/jp/company/history_product_1995.html

ダイハツ ムーヴの中古車一覧:
http://www.goo-net.com/usedcar/brand-DAIHATSU/car-MOVE/index.html



  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを残す