「チューボ」ですよ フォンテーヌ クチュール 本場ドイツの世界観を再現 災害時の「助っ人」登録 食を通して多文化交流 生貝さん(浅間台小)が経済局長賞 屋上にスケート … – タウンニュース

Home » ショップ » 厨房機器・調理器具 » 「チューボ」ですよ フォンテーヌ クチュール 本場ドイツの世界観を再現 災害時の「助っ人」登録 食を通して多文化交流 生貝さん(浅間台小)が経済局長賞 屋上にスケート … – タウンニュース
厨房機器・調理器具 コメントはまだありません



 JR関内駅前、マリナード地下街の入口近くにある木目調のオシャレなキッチンスタジオ。ここは東京ガス(株)が今年9月にオープンした、業務用厨房機器を中心としたテストキッチン。その名も「厨BO!(チューボ)YOKOHAMA」。

 いわゆる家庭向けのショールームと違い、並んでいるのはギョウザ専用焼き器や、6段で別々の料理が作れるオープン、一度に60枚洗える食洗機など、飲食店で使用されるプロ向けの調理機器。東京・汐留に続く、同社2つめの業務用ショールームとなっている。

 機器はどれも実際に使用可能。「中華街や伊勢佐木町など飲食需要が多い地域。高額な機器を実際に試せることで、小規模飲食店へのケアを目的にオープンしました」と語るのは、館長の小林宏さん=写真。あくまでもプロ向けの施設だが、地産地消や洋食文化をテーマに地元シェフや生産者とのタイアップなども予定しているという。





コメントを残す