富士エコサイクル、太陽光発電システム導入で使用電力の3割を再エネに … – エネクトニュース (プレスリリース)

Home » リペア » 富士エコサイクル、太陽光発電システム導入で使用電力の3割を再エネに … – エネクトニュース (プレスリリース)
リペア コメントはまだありません



富士エコサイクルに太陽光発電システム導入

株式会社富士通ゼネラルは12月1日、同社の子会社である株式会社富士エコサイクルが、12月から太陽光発電システムを本格稼働し、同社使用電力の一部を再生可能エネルギーに切り換え、一層の環境負荷低減を推進すると発表した。

富士エコサイクルは、富士通ゼネラル浜松事業所内にて、使用済み家電製品のリサイクル事業を行っており、年間約1,700MWhの電力を使用しているが、太陽光発電システムの稼働により約30%を再生可能エネルギーに切り換えるとしている。

この太陽光発電システムは、富士エコサイクルの建物屋上(設置面積約6,800m2)に発電容量490kWの太陽光パネルを設置したもので、この年間推定発電量は740MWhとなるとしている。

また、発電した電力の一部は、富士通ゼネラルにも供給し、事業所全体で年間275トンの二酸化炭素排出量削減を見込んでいる。

浜松事業所を「環境配慮型のモデル事業所」と位置づけ

同事業所はまた、家電リサイクル事業のほか、エアコンのリペアセンターとしての事業活動を行っている。

さらに、生物多様性保全の取り組みの一環として地域固有種を域外保全するビオトープを運営しており、同社グループでは、浜松事業所を「環境配慮型のモデル事業所」と位置づけている。

なお、富士エコサイクルは、富士通ゼネラルのほか、株式会社エンビプロ・ホールディングス、シャープ株式会社、ソニー株式会社、日立アプライアンス株式会社、三菱電機株式会社などの出資により、資本金2億円にて2000年4月7日に設立されている。

(画像はプレスリリースより)

外部リンク

株式会社富士通ゼネラル プレスリリース
http://www.fujitsu-general.com/shared/jp/

 





コメントを残す