外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンを12月から開始 – EICネット

Home » リデュース » 外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンを12月から開始 – EICネット
リデュース コメントはまだありません



 環境省は、消費者庁、農林水産省とともに、全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会と連携し、平成29年12月から平成30年1月までの忘新年会シーズンに、外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンに取り組む。

 環境省では、宴会時の食べきりを促す取組である「3010運動」について、普及啓発用三角柱POPの公開やクリアファイルの配布を行う。全国共同キャンペーンでは、その普及に努めていく。

 消費者庁では、消費者向けに宴会などの場で実践してもらいたい取組について、パンフレットを作成し、地方公共団体や消費者団体等に配布して消費者への啓発に活用してもらう。

 農林水産省では、事業者・消費者・省内職員向けに、「おいしい食べきり」全国共同キャンペーンの啓発、キャンペーンのチラシのホームページでの紹介、食品ロス削減推進に資する普及啓発資材の展示のほか、本省内食堂等に食品ロス削減普及啓発三角柱POPの設置を行い、食品ロス削減を推進する。

 その他詳細な取組については、プレスリリース参照。

 全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会は、「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる運動」の趣旨に賛同する都道府県・市区町村により、広く全国で食べきり運動等を推進し、3R(Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル))を推進すると共に、食品ロスを削減することを目的として設立されたネットワーク。

【環境省】





コメントを残す