【注目銘柄】シュッピンは上場来高値更新の展開、18年3月期2Q累計が計画超の大幅増益で通期予想に上振れ余地、株式2分割も評価 – 財経新聞

Home » ショップ » カメラ » 【注目銘柄】シュッピンは上場来高値更新の展開、18年3月期2Q累計が計画超の大幅増益で通期予想に上振れ余地、株式2分割も評価 – 財経新聞
カメラ コメントはまだありません



 シュッピン<3179>(東1)に注目したい。カメラなど専門性高い商材の中古品・新品をECと店舗で販売している。Web会員数の増加に伴ってEC売上が好調に推移している。18年3月期第2四半期累計は計画超の大幅増収増益だった。通期も大幅増収増益・増配予想である。10月の売上も好調であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価は株式2分割(基準日17年12月31日、効力発生日18年1月1日)も好感して上場来高値更新の展開だ。上値を試す展開が期待される。

■18年3月期2Q累計が計画超で通期予想も上振れ余地


 11月6日発表した18年3月期第2四半期累計(4~9月)の非連結業績(10月23日に上方修正)は、売上高が前年同期比29.3%増の144億35百万円、営業利益が55.8%増の7億36百万円、経常利益が56.7%増の7億30百万円、純利益が57.3%増の5億03百万円だった。

 主力のカメラ事業が23.9%増収、時計事業が2.2倍増収と好調に推移して計画超の大幅増収増益だった。販売チャネル別の売上はECが26.1%増収、店舗が34.9%増収だった。

 通期の非連結業績予想は、売上高が17年3月期比13.7%増の284億29百万円、営業利益が27.8%増の14億02百万円、経常利益が28.6%増の13億87百万円、純利益が28.2%増の9億50百万円としている。配当予想は年間9円(期末一括)としている。18年1月1日付株式2分割を考慮して17年3月期の年間12円を年間6円に換算すると3円増配となる。

 Web会員数の増加に伴ってEC売上が好調に推移し、中古品の粗利益率改善なども寄与して大幅増収増益予想である。そして通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が50.8%、営業利益が52.5%、経常利益が52.6%、純利益が52.9%である。通期予想に上振れ余地がありそうだ。

 月次情報(速報値)によると、17年10月は全社売上高が前年同月比25.0%増、うちEC売上高が24.0%増と好調に推移している。またWeb会員数は前月比3705人増加の34万863人となった。

■株価は上場来高値更新の展開


 株価は11月8日に上場来高値となる3080円まで上伸した。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって上昇トレンドだ。好業績や株式分割を評価して上値を試す展開が期待される。(MM)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

個人投資家向け「IRセミナー&株式講演会」を10月25日(水)、東洋経済新報社9階ホールで開催!

【注目銘柄】ロック・フィールドは日柄調整完了して上値試す、18年4月期増収増益予想で8月既存店売上も好調(2017/09/13)

【編集長の視点】パイプドHDは今期2Q決算発表を前に1Qの2ケタ増収益・高利益進捗率業績を見直して急反発(2017/09/13)

【株式評論家の視点】ラクオリア創薬のピラゾロピリジン誘導体は日本でも特許査定受ける、需給悪化懸念は後退(2017/09/13)





コメントを残す