五輪エンブレム無断使用 容疑の会社役員を書類送検 – 日本経済新聞

Home » オークション » 五輪エンブレム無断使用 容疑の会社役員を書類送検 – 日本経済新聞
オークション コメントはまだありません



 インターネットオークションに商品を出品した際に2020年東京五輪・パラリンピックの大会エンブレム画像を無断で使ったとして、警視庁サイバー犯罪対策課は14日、東京都足立区の会社役員の男(44)を著作権法違反の疑いで書類送検した。

男性がオークションサイトでドメインを出品する際に使用した画像=共同

 捜査関係者によると、男はオークションサイトで、東京五輪を連想させるインターネット上の住所「ドメイン」を1件10万円で出品していた。エンブレム画像の無断使用について「他人の目に留まり、反応がよいと考えた」と容疑を認めているという。

 ドメインは落札される前に同庁が発見したため流通はしなかった。こうしたドメインを使って五輪の偽サイトが作られた場合、詐欺や個人情報の窃取につながる恐れがあることから、同課が出品した経緯を調べている。

 送検容疑は6月、オークションサイトにドメインを出品した際、背景としてエンブレムの画像データを無断使用した疑い。





コメントを残す