ウィンストン・チャーチルの吸いかけの葉巻、137万円で落札される – GQ JAPAN

Home » オークション » ウィンストン・チャーチルの吸いかけの葉巻、137万円で落札される – GQ JAPAN
オークション コメントはまだありません



米時間10月13日にボストンのオークションハウス「RR Auction」で、ウィンストン・チャーチル本人の吸いかけの葉巻が競り落とされた。出品された“ブツ”はパリから英国にむかう機内に残された吸い殻だという。

英国のウィンストン・チャーチル元首相といえば、ボンブルグ・ハットと葉巻がトレードマークだが、チャーチル本人が半分ほど味わったという葉巻が競売にかけられた。フロリダ在住のコレクターが12,262ドル(約1374,000円)で落札したという。

ボストンに拠点を置くオークションハウス「RR Auction」に出品された葉巻は、キューバの老舗メーカー「LA CORONA」のロゴとチャーチルの名前がプリントされたラベルのすぐ下まで吸われており、長さは10センチほど。

19475月、チャーチルが妻と共にパリから帰国する際、飛行機搭乗時に灰皿でもみ消したものを、キャビンクルーを務めていたウィリアム・アラン・ターナー伍長が拾って保管していた。





コメントを残す