実は廃棄リサイクル品!? SFチックな謎玩具「デンシンテープ」 – エキサイトニュース

Home » リサイクル » 実は廃棄リサイクル品!? SFチックな謎玩具「デンシンテープ」 – エキサイトニュース
リサイクル コメントはまだありません



10月23日は電信電話記念日です。1869年のこの日に、東京~横浜間の電信線架設工事に着手したことにちなんでいるそうです。

電信といえば、1960年代のSFアニメ・特撮番組創成期から1970年代初頭の第2次怪獣ブームあたりまでは、コンピューターが電信テープをカタカタと打ち出しているシーンがよく描かれていました。あの穴の開いたテープはデジタルで未来的な“データ送受信”を表現するにはうってつけだったのかもしれません。いまとなっては何だか懐かしいですよね。

例えば、『ウルトラマン』で科特隊の通信係・アキコ隊員が普通の人には理解不能な穴だらけのテープをスラスラと読み上げるシーン。子供心にあの姿の何とカッコよかったことか。

そんな子供の気持ちを敏感に察知したのか、1960~1970年代ごろ、企業などで不要になった電信テープの側面に派手な色彩を施したものが、子供の遊び道具として発売されていました。それが、この『デンシンテープ』です。

こんな台紙に貼り付けられて駄菓子屋で1個10円ほどで売られていました。

恐らく元はタダ同然で入手した廃棄品でしょう。なかなかうまい商売を思い付いたものです。しかし、売れたかどうか…。

当時、わたしも廃棄品だとは知らずについ買ってしまったものの、ただの穴の開いたテープですからねぇ…どうやって遊んでいいかわからず、途方に暮れました(笑)。友達の間ではやった記憶もありません。1970年代中ごろには消えていた、時代のあだ花的な玩具でした。





コメントを残す