【材料】中外鉱業のフィスコ二期業績予想 – 株探ニュース

Home » リサイクル » 【材料】中外鉱業のフィスコ二期業績予想 – 株探ニュース
リサイクル コメントはまだありません



中外鉱 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2017年10月7日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

中外鉱業<1491>

3ヶ月後
予想株価
40円

貴金属の精製リサイクル販売が主力。不動産や宝飾品、中古機械も展開。近年はアニメ、コミック、ゲーム関連のキャラクター商品の製作・販売に注力。18.3期1Qでの通期会社計画に対する営業利益進捗率は84.8%。

宝飾品と中古工作機械販売が苦戦も、不動産売却益が寄与。貴金属リサイクルは好調で、金地金は月産800キログラム、プラチナは月産50キログラムの生産体制確立。下値支持線の52週線維持なら、株価安定か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/70,500/660/590/420/1.45/0.00
19.3期連/F予/50,000/520/480/400/1.38/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/07
執筆者:YT

《FA》

 提供:フィスコ





コメントを残す