VW、新型フラッグシップモデル「アルテオン」を発売 – Goo-net(グーネット)

Home » ショップ » カメラ » VW、新型フラッグシップモデル「アルテオン」を発売 – Goo-net(グーネット)
カメラ コメントはまだありません



業界ニュース [2017.10.18 UP]



VW、新型フラッグシップモデル「アルテオン」を発売

アルテオン
日本においてフラッグシップモデルとなる新型「アルテオン」

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、日本においてフラッグシップモデルとなる新型「アルテオン」を10月25日より発売する。新型アルテオンは、ファストバックデザインを採用したグランドツーリングカーと位置づけられるモデル。ボディサイズは全長4865mm、全幅1875mm、全高1435mm、ホイールベースは2835mm。最高出力206kW(280PS)、最大トルク350Nmを発生する2.0リッター直列4気筒DOHCターボエンジンを搭載。トランスミッションは7速DSGが組み合わされる。駆動方式は4WD。JC08モード燃費は13.3km/l。

先進安全技術は、 “プロアクティブ・オキュパント・プロテクション”を採用。後方からの衝突予測機能を追加し、前方に加えて後方からの事故の可能性を予測して、早い段階で乗員保護機能の作動に備える。日本ではフォルクスワーゲン初採用となる“デイタイムランニングライト”や、万が一の事故の際に歩行者への衝撃を緩和する“アクティブボンネット”などの安全装備を採用。また、渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」などの運転支援システムや、駐車支援システムとして「パークアシスト」を採用する。

アルテオン
ブラック基調のR-Lineデザインを採用してスポーティな空間を実現

インテリアは、ブラック基調のR-Lineデザインを採用してスポーティな空間を実現。シートトリムにはナパレザーを採用して、本アルミを用いたデコラティブパネルやピアノブラックのセンターパネルなどを装備。室内空間は、リアシートはクラストップレベルのレッグルームを確保。ラゲッジスペースはISO測定法で563〜1557リッターの積載能力を実現する。

アルテオン
2.0リッター直列4気筒DOHCターボエンジンを搭載

グレードは「R-Line 4MOTION」、「R-Line 4MOTION Advance」の2グレードを用意。R-Line 4MOTION Advanceは、アラウンドビューカメラ“Area View”、駐車支援システム“Park Assist”のほか、スタティックコーナリングライト、ダイナミックライトアシスト、ヘッドライトウォッシャー/オールウェザーライト、ヘッドアップディスプレイ、デジタルメータークラスター“Active Info Display”、パワーシート(運転席/助手席)、シートヒーター(運転席/助手席/後席左右)などの快適装備を採用する。

ボディカラーは、新色の「チリレッドメタリック」のほか、「ディープブラックパールエフェクト」、「パイライトシルバーメタリック」、「アトランティックブルーメタリック」、有償オプションカラーの「オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト」、「ターメリックイエローメタリック」の合計6色をラインナップ。なお、新型アルテオンは、東京ビックサイトで開催される第45回東京モーターショーで展示予定。

メーカー希望小売価格は、549万円〜599万円(税込)

  • 〜VW、新型フラッグシップモデル「アルテオン」を発売〜|業界ニュースなど最新情報は中古車【グーネット(Goo-net)】のGooMAGAZINE!



コメントを残す