米消費者物価は0.5%上昇 ハリケーンの影響か – NHK

Home » 中古品 » 米消費者物価は0.5%上昇 ハリケーンの影響か – NHK
中古品 コメントはまだありません



アメリカの先月の消費者物価は、前の月に比べて、0.5%の上昇となり、市場関係者はハリケーンの影響によるガソリンの価格の値上がりで一時的に押し上げられたものと見ています。

アメリカ労働省が13日に発表した先月の消費者物価は、前の月と比べて0.5%の上昇となりました。

分野別に見ますと、ガソリン価格が大幅に上昇した一方で、新車や中古車、それに衣料品などは値下がりしました。

また、価格の変動が大きい食品やエネルギーを除いた消費者物価は、前の年の同じ月に比べて1.7%の上昇となりました。

今回の消費者物価はハリケーンの影響によって、ガソリンなどの供給が滞ったことなどから、一時的に押し上げられた可能性もあり、市場関係者は伸びが鈍化している物価が勢いを取り戻すかどうか、慎重に見極める必要があるとしています。





コメントを残す