未来に革新をもたらす「イノヴェイター」、公募第1弾が決定:「WIRED Audi INNOVATION AWARD 2017」 – WIRED.jp

Home » リサイクル » 未来に革新をもたらす「イノヴェイター」、公募第1弾が決定:「WIRED Audi INNOVATION AWARD 2017」 – WIRED.jp
リサイクル コメントはまだありません



注目のイノヴェイターたちを4月から毎週発信し続けている「WIRED Audi INNOVATION AWARD 2017」。一般公募によるイノヴェイターの第1弾が、このほど決まった。インタヴュー記事の公開を前に、その3人のプロフィールを紹介する。

TEXT BY DAISUKE TAKIMOTO

PHOTOGRAPH BY KAORI NISHIDA

日本から世界に向けて、注目すべきイノヴェイターたちを4月から毎週発信し続けている「WIRED Audi INNOVATION AWARD 2017」。昨年に引き続き、今年も一般からの公募を実施していたが、その第1弾がこのほど決定した。

関連記事公募開始! 未来に革新をもたらす「知られざるイノヴェイター」

公募は2017年6月30日から8月31日まで約2カ月にわたって実施され、135件の応募があった。そこから第1弾として選ばれた3人のイノヴェイターは、第一次産業から仮想現実(VR)、リサイクルと、活躍するジャンルは幅広い。どのような革新をもたらした人物なのか、選定理由とともに紹介しよう。

DVERSE Inc.のCEO、沼倉正吾。PHOTOGRAPH BY KAORI NISHIDA

・沼倉正吾(DVERSE Inc. CEO)

主にデザインや建築などの業界に向けた仮想現実(VR)システムを開発。3D CADデータをVR化して、複数人で仮想空間に入って共有できるようにした。例えば、建築家とクライアントが立体模型なしでも完成イメージ共有でき、しかもその場で設計を変えるようなこともできる。VRといえばエンターテインメント分野での応用例が多いなかで、ビジネスの現場における使いやすいコミュニケーションツールとして世界的に支持を広げた。

Kondo

会宝産業会長の近藤典彦。PHOTOGRAPH COURTESY OF KAIHO SANGYO

・近藤典彦(会宝産業 会長)

廃車の解体事業を通じて、部材のリサイクルや中古部品の輸出を行う。部品管理システムの構築や作業工程の標準化によって自社の部品品質を高め、取引先は国内にみならず海外の80カ国へも拡大。リサイクルの仕組みやルールづくりなど、ヴァリューチェーン全体をナイジェリアやブラジルなど海外に“輸出”したことでも注目されている。日本のリサイクル技術で「静脈産業」を世界に広げていくというミッションを形にしつつある。

Yamamoto

岡山理科大学准教授の山本俊政。PHOTOGRAPH COURTESY OF TOSHIMASA YAMAMOTO

・山本俊政(岡山理科大学 准教授)

淡水魚と海水魚が一緒に育つ「好適環境水」を開発。海水なしでも海の魚を育てられるようにしたことで、「陸でつくる漁業」を実現した。陸地でとれたトラフグの養殖成功を皮切りに、フグやウナギ、マグロなどを出荷しており、ブラックタイガーは本格的な量産化の目処がついたという。山にある休耕田などで海の魚介類を育てることができれば、農業と漁業を両立させた「農漁」も可能に。第一次産業におけるイノヴェイションをもたらす技術として注目していい。

3人の公募イノヴェイターのインタヴューについては、10月13日から順次公開していく。





コメントを残す