「ライオンは仔猫に夢中」東川篤哉著 – 日刊ゲンダイ

Home » 質屋 » 「ライオンは仔猫に夢中」東川篤哉著 – 日刊ゲンダイ
質屋 コメントはまだありません



「ライオンは仔猫に夢中」東川篤哉著

 平塚市の競輪場近くの「生野エルザ探偵事務所」を小松という紳士が訪れた。ひとり娘の静香がビルから飛び降り自殺した件について調べてほしいと依頼し、自分の秘書を運転手代わりに使えと連れてきた。小松は静香が付き合っていた妻子ある上司・沢井を疑っているが、沢井は静香に別の男がいたと主張する。静香の給料ではとても買えない高級ブランドの赤いハイヒールを履いていたというが、自殺現場に残されていたのはベージュのパンプス。彼女のアパートにも赤いハイヒールはない。やがてハイヒールは質屋で発見されたが、質屋に持ち込んだ女は、電信柱の脇で拾ったという。(第1話)

 平塚の美女コンビ探偵シリーズ第3弾。

(祥伝社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!



コメントを残す