45年目にして実現した一夜限りの奇跡。細野晴臣、GRIM SPANKY、高田漣ら出演のベルウッド・レコード45周年記念コンサート。 – 日刊エンタメクリップ (プレスリリース) (ブログ)

Home » ショップ » ピアノ » 45年目にして実現した一夜限りの奇跡。細野晴臣、GRIM SPANKY、高田漣ら出演のベルウッド・レコード45周年記念コンサート。 – 日刊エンタメクリップ (プレスリリース) (ブログ)
ピアノ コメントはまだありません



日本のフォーク/ロックの名盤を生み出した伝説のレーベル、ベルウッドの創立45周年を記念して開催された「ベルウッド・レコード45周年記念コンサート」。会場となった新宿文化センターのロビーは、開演前からまるでお祭りのような賑やかさだった。ベルウッドのオリジナルグッズや参加ミュージシャンのCDを売るコーナー。アナログの中古レコードの販売コーナーもあって、早くもお宝を見つけた観客がレコードを脇に抱えている。そのすぐ横には、なんと参加ミュージシャンの鈴木茂が自身が制作したオリジナルグッズを販売して、ファンにサインをしている。まるで露店を楽しむように、観客は楽しげにロビーを行き交っていた。

そして、開演のベルが鳴る。最初に登場したのは総勢9名の大編成のはちみつぱいだ。即興演奏からゆっくりと「こうもりが飛ぶ頃」へ。その混沌とした演奏が終わらぬうちに、鈴木慶一はギターを置いてピアノの前に座り「塀の上で」を歌い出す。霧の向こうから聞こえてくるような美しいメロディー。そのドラマティックな演出も素晴らしい。続いて渡辺勝が「ぼくの倖せ」を歌い、叙情的でサイケデリックなはちみつぱいの魅力を味わった後に、登場したのがあがた森魚だ。長い付き合いになるあがたとはちみつぱいは、今年共演盤『べいびぃろん』をリリースしたばかり。あがたははちみつぱいをバックに、ベルウッドの記念すべき第一弾シングル曲「赤色エレジー」を、そして『べいびぃろん』から「べいびぃらんどばびろん」を歌った。曲の間に45年の年月が横たわる感慨深い選曲だ。ここでコンサートはセットチェンジのためにいったん休憩。

第二部が始まると、様々な楽器だけがセットされているステージにひとりで登場したのが高田漣。「ベルウッドが始まった時、僕は生まれていませんでした」と挨拶すると、ベルウッドを代表するミュージシャンであり、父親の高田渡の「コーヒーブルース」「銭がなけりゃ」を歌って会場を湧かせた。さらにバンドを招きいれて、はっぴいえんど「びんぼう」を軽快に披露。

その後、高田は第二部のバンドマスターとして、次々とゲストを呼び込みながら様々な楽器を演奏する。この日、特別に編成された45th Bellwood BANDは、高田をはじめ、林立夫(ドラム)、北山ゆう子(ドラム)、伊賀航(ベース)、野村卓史(キーボード)といった面々だ。

高田に続く2番手で登場したのはGRIM SPANKYの二人。ヴォーカルの松尾レミは、物心ついた時から家でベルウッドのレコードが流れていたとか。「ぷかぷか」(西岡恭蔵)、「はいからはくち」(はっぴいえんど)の2曲を披露。原曲のロック色を全開にした「はいからはくち」に彼らの個性が光る。3番手はドレスコーズのヴォーカル、志磨遼平。大滝詠一「空飛ぶくじら」を歌うと、会場から「いいよ!」と声が飛んで志磨の笑みがこぼれる。フリ付きで歌った高田渡「私は私よ」の艶っぽいヴォーカルも魅力的だった。4番手はルーツ・ミュージックをポップに聴かせる夫婦デュオ、ハンバートハンバート。今年リリースされた新作『家族行進曲』には細野晴臣がベースで参加していた。二人は「春一番コンサート」で共演した加川良の「教訓1」と西岡恭蔵「春一番」を披露。息が合ったデュエットを聴かせてくれた。

夫婦の次は兄弟のフォーク・デュオ、キセルが登場。「昔、共演した時に怒られたのが今では良い思い出」と語る高田渡「鮪に鰯」と、細野晴臣「終わりの季節」を披露。なかでも、ステージの照明を落として二人だけで歌った「終わりの季節」の静けさが胸に沁みた。そして、「渋谷系華やかなりし頃に、〈はっぴいえんどが好き〉と言ってくれて、とても力強く感じました」という高田の紹介で、曽我部恵一が登場。「一番好きなベルウッドのアルバムははちみつぱい」と告白した曽我部だが、「でも、ご本人達が出演するということで別のアーティストを」と選曲したのが、南正人「紫陽花」といとうたかお「あしたはきっと」だ。曽我部の包容力溢れる歌声が会場に力強く響き渡った。

曽我部のバンド、サニーデイサービスはデビュー当時、はっぴいえんどと比較されることも多かったが、曽我部に続いて登場したのは、はっぴいえんどのギタリストとして活躍した鈴木茂。ロビーでサインをしていた時と同じ姿で、颯爽とステージに上がると観客の歓声はひときわ高まる。鈴木はベルウッドからリリースしたはっぴいえんどのラストアルバム『HAPPY END』について触れて、「あのアルバムをアメリカでレコーディングしたことが、僕のその後の音楽活動のきっかけになった」と振り返り、収録曲の「氷雨月のスケッチ」と『風街ろまん』に収録された「花いちもんめ」を演奏。観客はそのキレのあるギター・プレイに聴き入った。そして、トリは細野晴臣。まるで、仕事帰りにフラリと立ち寄ったような気軽さでステージに登場した細野。「〈相合傘〉を歌うんだけどキーが高いから1オクターブ下げて。あと、歌が入るきっかけを教えてください」とバンマスの高田に声をかける。どうやら、この日の演奏はぶっつけ本番だった模様。「新作レコーディング中で全然寝てないんですよ」とボヤきながら「相合傘」が始まると途端に心地良いグルーヴが生まれて、そこに細野の歌声がふわりと乗る。まるで名人の落語を聞いているような軽やかで贅沢な味わいだ。続く「ろっか・ばい・まい・べいびい」も絶品。かつて細野が暮らし、この歌を吹き込んだ家、『HOSONO HOUSE』に招かれたような親密な雰囲気のなか、会場の全員がその豊かな時間を満喫していた。

細野の歌の余韻に浸りながらコンサートはいったん幕。でも、拍手は鳴り止まない。そこで登場したのがベルウッド・レコード創立者の三浦光紀だ。「今日のコンサートは心の糧になりました」と挨拶。参加したアーティストを一人ずつ紹介して呼び込んでいく。そして、最後は参加アーティスト全員ではちみつぱい「さよならアメリカ さよなら日本」を演奏。歌が終わってアーティスト達がステージを降りる時、鈴木茂が細野の肩をポンと叩き、細野が振り返って浮かべた笑顔が忘れられない。世代を越えて集まったミュージシャンンたちを繋いだ数々の歌。その歌を通じて、ベルウッドが日本の音楽シーンに与えた影響の大きさが伺えた。ベルウッドという豊かな音楽の森は、いまもその裾野を広げ続けているのだ。

TEXT:村尾泰郎
PHOTO:有賀幹夫

◆ベルウッド・レコード45周年記念コンサート

2017年10月8日(日)
開場 16:30 / 開演 17:30
東京 新宿文化センター 大ホール

出演:あがた森魚、鈴木茂、はちみつぱい、細野晴臣
〜高田渡を歌う〜
高田漣
〜ベルウッドを歌う〜
45th Bellwood BAND
高田漣(g)・林立夫(drs)・北山ゆう子(drs)・伊賀航(b)・野村卓史(key)
feat. キセル、GLIM SPANKY、曽我部恵一、志磨遼平(ドレスコーズ)、ハンバート・ハンバート

<セットリスト>
第一部
【はちみつぱい】
M1. こうもりの飛ぶ頃
M2. 塀の上で
M3. ぼくの倖せ
<あがた森魚呼び込み>
M4. 赤色エレジー
M5. べいびぃらんどばびろん

第二部 45th Bellwood BAND
【高田漣】
M1. コーヒーブルース(高田渡)
M2. 銭がなけりゃ(高田渡)
M3. びんぼう(大瀧詠一)
【GLIM SPANKY】
M4. プカプカ(西岡恭蔵)
M5. はいからはくち(はっぴいえんど)
【志磨遼平】
M6. 空飛ぶくじら(大瀧詠一)
M7. 私は私よ(高田渡)
【ハンバート ハンバート】
M8. 教訓Ⅰ(加川良)
M9. 春一番(西岡恭蔵)
【キセル】
M10. 鮪に鰯(高田渡)
M11. 終わりの季節(細野晴臣)
【曽我部恵一】
M12. 紫陽花(南正人)
M13. あしたはきっと(いとうたかお)
【鈴木茂】
M14. 氷雨月のスケッチ
M15. 花いちもんめ
【細野晴臣】
M16. 相合傘
M17. ろっか・ばい・まい・べいびい
【全員+はちみつぱい+あがた森魚】
EC. さよならアメリカ さよならニッポン

【ベルウッド45th関連作品】

◆『センチメンタル通り[Deluxe Edition]』はちみつぱい
発売中/UHQCD, DVD-ROM, アナログEP/KICS-93469~70/¥10,000+税

◆『べいびぃろん(BABY-LON)』あがた森魚&はちみつぱい
発売中/CD/KICS-3484/¥3,000+税

◆『Bellwood 45th Anniversary UHQCD Collection』
発売中/ UHQCD全20タイトル / 各¥1,700(+税)

◆『ナイトライダーズ・ブルース』高田漣
発売中/CD/KICS-3525/¥2,778+税

関連リンク

<ベルウッド45周年特設サイト> http://bw45.jp





コメントを残す