自動車保険契約時にいつも迷う「車両保険」とはどんな保険? 本当に必要なのか今一度確認しよう。 – 保険スクエアbang! 自動車保険

Home » ショップ » 自動車 » 自動車保険契約時にいつも迷う「車両保険」とはどんな保険? 本当に必要なのか今一度確認しよう。 – 保険スクエアbang! 自動車保険
自動車 コメントはまだありません



「車両保険」に加入すると、保険料が高くなるというイメージを持つ人もいるかもしれません。そもそも車両保険とはどのような保険なのか、本当に必要な保険なのかについて解説します。



自動車保険契約時にいつも迷う「車両保険」とはどんな保険?のイメージ

自分の車が受けた損害を補償するのが「車両保険」

「車両保険」とは、契約している車が損害を受けた場合に、修理費用を補償してくれる保険です。対象となる事故例を挙げると、

●他の車と衝突、接触して車両が傷ついた
●車庫入れに失敗してこすった
●火災で車両が損害を受けた
●外部からの飛来物で車両が損害を受けた
●大雨で車両が水没した
●当て逃げされて加害者が不明
●車両が盗難に遭った
●車両にいたずらや落書きをされた

など、さまざまです。ただし注意したいのは、車両保険の種類によって補償範囲が異なること。車両保険には、事故全般を補償する「一般型」と、補償対象が限定される「エコノミー型」(車対車+A)、「車対車」があります。ここでは、「一般型」と「車対車+A」を取り上げて補償対象を確認してみましょう。

●車両保険の種類と補償対象 一般型 車対車+A

一般形 車対車+A
単独事故 ×
他車との事故
自然災害(台風・竜巻・洪水など)
火災・爆発
当て逃げ ×
盗難
いたずら

また車両保険では、「全損」と見なされるケースと「分損」と見なされるケースがあります。修理費が保険価額を超えるような事故や、盗難されて発見できない場合は全損と認定され、原則として車両保険の保険価額が保険金として支払われます。契約時に設定する保険価額は、車両の時価額をもとに決められるのが一般的です。

一方、軽微な損傷など修理費が保険価額内で収まる場合は分損と認定され、修理費から自己負担額(免責金額)を差し引いた金額が保険金として支払われます。自己負担額は、保険金の受取人が修理費を負担する金額のことで、契約時に設定します。

加入率が4割強の車両保険、本当に必要?

車両保険がどのような保険か分かったところで、もう一度考えてみたいのは、そもそも車両保険は本当に必要な保険なのかということです。では、車両保険の加入状況はどうなっているでしょうか。

損害保険各社が会員として運営する組織である損害保険料率算出機構が公開している資料「自動車保険の概況」によると2016年3月末における車両保険の加入率は43.5%と半数以下。それに対し、対人賠償保険は74.1%、対物賠償保険は74.2%です。(注)他人や他人の財物に損害を与えた場合、賠償額が億単位になるリスクもあることから、自分の車に対する補償より、対人賠償や対物賠償を重視する人が多いということでしょう。

ただし、自分の車が高級車の場合、修理費が高額になる可能性も考えられます。部品費、工賃、塗装費などを含む修理費が車両保険の支払いに占める割合は約80%で、支払い1件当たりの修理費は年々増加する傾向にあります。(注)高級車や新しい技術を搭載した車の増加を背景に、修理費が高額になっていると考えられます。

メリットの大きい高級車や新車は加入しよう

結論としては、「高級車や新車の場合は加入したほうがいい」ということになります。高級車の場合は、部品などが高価なため、ちょっとした修理でも修理費が高額になる可能性があります。車両が盗難に遭った場合も、再度購入するには多額の出費が必要となります。こういったリスクに備えるには、車両保険が役立ちます。

また、前述したように保険価額は車両の時価額をもとに決められます。そのため新車の場合は十分な保険価額を設定できるので、車両保険のメリットが大きくなります。例えば新車をローンで購入している場合、大事故で全損すればローンだけ残ることになりますが、車両保険に入っていれば保険金で残りのローンを返済することができます。

対して中古車では、新車のように十分な保険価額を設定できない場合もあるため、支払われる保険金だけで修理費をまかなえないケースもあります。車両保険は保険料が比較的高いので、特に中古車の場合は保険金と保険料のバランスを考えて判断するのが賢明です。

また「一般型」と「車対車+A」で保険料が異なるので、加入を決めた場合も補償範囲と保険料をよく調べて、自分に合った選択をするようにしましょう。


(注)損害保険料率算出機構:「自動車保険の概況」

※本記事は2017年10月10日時点での情報です。
※上記は概要を説明したものです。引受保険会社により、商品名や補償内容等は異なりますので、ご契約にあたっては必ず「各社商品パンフレット」および「重要事項のご説明・契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」をあわせてご覧ください。
また、詳しくは「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」等をご用意していますので、取扱代理店または引受保険会社までご請求ください。ご不明な点につきましては、取扱代理店または引受保険会社までお問合わせください。

ガイドプロフィール

竹下 さくら(たけした・さくら)

CFP(R)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士

なごみFP事務所。千葉商科大学大学院MBA課程(会計ファイナンス研究科)客員教授。慶應義塾大学で保険学を専攻。損保会社の営業推進部、火災新種業務部、生保会社の引受診査部等を経て98年独立。講演・著作多数。イー・ライティング・ドット・ジェーピー所属。



コメントを残す