中国の「電子ごみ」1164万トン 急速な増加スピードに処理が追いつかず (1/2ページ) – SankeiBiz

Home » ショップ » 家電 » 中国の「電子ごみ」1164万トン 急速な増加スピードに処理が追いつかず (1/2ページ) – SankeiBiz
家電 コメントはまだありません



 ■環境保護意識向上へ法規整備が課題

 今年、中国の「電子ごみ」が1164万トンに達する見通しだ。パソコンや携帯電話、家電製品などの廃棄物で、「廃電気・電子機器」とも呼ばれる電子ごみ。レアメタルなど貴重な資源が含まれることから“都市鉱山”として再利用が期待される一方、処理を誤れば人体や環境に害をなす環境汚染源となる危険性もはらむ。消費の高度化や電気・電子機器の世代交代の加速に伴いその数は急速に増加しているが、問題はその増加スピードに回収や処理システムの整備が追いついていない点だ。

 研究によると、今年中国の管理目録に入っている14カテゴリーの電子製品の廃棄量は約1164万トンとなる見込みで、その中でテレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機、パソコンの5品目が78%を占めるとされている。

 非正規回収は85.86%

 中国には電子ごみの回収・処理ルートが多数存在するが、その中で最も一般的なのが非正規の個人事業者を経由するルート。個人の回収業者が消費者から直接、電気・電子機器を買い取り、そのうちまだ使用可能なものを中古市場に、そうでないものを個人経営の分解・精錬業者に売りさばく。分解・精錬業者は電子ごみの中から値打ちのある物質を抽出・転売し、残った部分はそのまま処分される。

 中国家電研究院の調査結果を見てみると、こうした個人事業者経由の回収は2015年時点で全体の85.86%に上る。電子ごみの大半が個人事業者に流れてしまい、一定規模以上の正規の企業には電子ごみが集まらない状況だ。また、清華大学環境学院の李金恵教授によると「現在中国には正規のリサイクル企業が109社あるにもかかわらず、15年、これら企業で適切に処理された電子ごみは全体の4割にも満たない」という。電子ごみの処理も、半分以上が非正規の零細企業や個人が運営する闇工場で行われているのが実態だ。

縦割りで責任者不在、行政の機能不十分





コメントを残す