三菱自の技術者は今何を考えているのか(3) – 日経ビジネスオンライン

Home » ショップ » ゴルフクラブ » 三菱自の技術者は今何を考えているのか(3) – 日経ビジネスオンライン
ゴルフクラブ コメントはまだありません



第401回 三菱自動車 執行役員 鳥居 勲氏インタビュー【その3】

2017年9月25日(月)

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今回も明るく楽しくヨタ話からまいりましょう。

 3連休は台風一過の沖縄で過ごしていました。今回の沖縄ツアーでは、珍しくゴルフをやりました。

台風が過ぎたとは言え、まだ沖縄本島は強風域。ヤシの木の様子で「強」の強さがお分かり頂けますでしょうか?

 クラブを握るのは実に1年ぶりのこと。おまけにこの強風ときては上手くいくはずがありません。たまにいいショットが出ても、バンカーに捕まったりして良いところがありません。

距離ピッタリ、されど方向イマイチでこんな見事な目玉焼きに……。ここでまた反対側のバンカーにブチ込んだりして、初心者のボーリングのようなスコアになりました。辛かった……。

 トヨタが新しくスポーツカーのブランド「GR」を立ち上げるというので、見学に行ってきました。GRはもちろん「GAZOO RACING」の略称です。GAZOOはもともと(豊田)章男社長が(社長になる前に)全国のディーラーの業務改善活動を行っていた際にできた言葉で、語源には諸説ありますが、画像(Gazo)の動物園(Zoo)の合成語説が有力です。展示しきれない下取り中古車を、画像化して展示したら販売量が急増し、リードタイムも半分に短縮した、という成功事例があり、それをWEBで展開したのがGAZOOの始まりです。だからこのブランドは、社長の思い入れも特別に高いわけです。

そんなGRのお披露目会。(豊田)章男社長自らも登壇され、その並々ならぬ思い入れをお話されていました。

 GRは言うなればトヨタ版AMGというところでしょうか。カリカリチューンのGRMNから、ミニバンまで展開するGR SPORTSまで3つのライン。この日は来週までに発売予定のクルマを含めて11モデルがお披露目されました。

 取材に来たマスコミの数もハンパではありませんでした。そりゃそうでしょう。少子化やらカーシェアやらで、国内販売の見通しは決して明るいものではありません。そんな状況を打破すべく、トヨタが打つ国内販売テコ入れ策が、このGRなのですから。

会場は押すな押すなの大騒ぎ。マスコミの注目度高し。AKBの総選挙かと思いました。

 当日のトピックは、何と言っても章男社長のドリフト走行でしょう。一緒に見ていた旧AD藤野氏も、「章男さん、メチャ腕が上がってますよ。この狭いスペースであれだけ走らせるのは並大抵の腕じゃない」と嘆息しておられました。

章男社長のドリドリ走行。やりますなぁ。

写真じゃよく分からないですね。動画でどうぞ。

 ということで本編へと参りましょう。三菱自動車の執行役員で車両技術開発本部長の鳥居 勲氏のインタビューの第3回です。

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます





コメントを残す