シンガポールMoneyMax社と新会社「SG e-Auction Limited(仮称)」設立 ~ブランド事業を東南アジアへ本格拡大~ – エキサイトニュース

Home » 中古品 » シンガポールMoneyMax社と新会社「SG e-Auction Limited(仮称)」設立 ~ブランド事業を東南アジアへ本格拡大~ – エキサイトニュース
中古品 コメントはまだありません



情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤崎清孝)は、シンガポールブランド品の質店大手のMoneyMax Financial Services Limited(本社:シンガポール、社長:Dr. Peter Lim Yong Guan、以下「MoneyMax」)と、合弁会社「SG e-Auction Limited(仮称)」の設立に向けて本日付で合意しました。

 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤崎清孝、以下「オークネット」)は、シンガポールブランド品の質店大手のMoneyMax Financial Services Limited(本社:シンガポール、社長:Dr. Peter Lim Yong Guan、以下「MoneyMax」)と、合弁会社「SG e-Auction Limited(仮称)」(本社:シンガポール)の設立に向けて本日付で合意しました。
 
SG e-Auction Limited概要           
会社名:SG e-Auction Limited
本社:7 Changi Business Park Vista, Singapore 486042
設立予定:2017年10月
登録資本金:600,000 USD
持ち株比率:MoneyMax 51% AUCNET 49%
事業内容:シンガポール及びAEC域内における中古ブランド品流通事業
 
 現在、ASEAN諸国は、人口増加も著しく順調な経済発展に伴い、中間・富裕層の占める割合も年々増
加しています。また、アセアン経済共同体(AEC)の発足に伴いASEAN10カ国内における「人・モノ・金」の動きの自由化が加速され、人口6億人の単一市場が形成されつつあります。このような状況下で中古ブランド品市場も近年急成長しております。
 この度、MoneyMax社が持つシンガポールを中心としたASEANにおける流通ノウハウとブランド力、また、オークネットのブランド事業で培った「情報流通ノウハウ」、両社の強みを活かした合弁会社「SG e-Auction Limited(仮称)」は、シンガポールをハブとした、全く新しいB2B中古ブランド品オンライン・マーケットを構築する事を目指します。
 「信頼ある情報」によって中古ブランド品を事業者間流通させる事により、中古ブランド品業界並びそれらに関連する業界の発展に貢献し、最終的にはASEAN地域の消費者が安心して中古ブランド品を購入できるようになることを実現していきたいと考えております。
 今回の「SG e-Auction Limited(仮称)」設立により、新たな流通プラットフォームが同地域の経済発展並び地域に住む人々の豊かさや文化発展への貢献を目指していきます。将来的には既に当社が行っている日本のB2Bオークション、グループ会社のAucnet HKで展開する香港を中心とした中国を含めた東アジアでの中古ブランド品流通との間で双方向のオンライン取引を実現し、アジアにおける最大級の業者間取引プラットフォームの構築を目指します。

【オークネット 会社概要】
会社名:株式会社オークネット(東証1部上場:2017年3月)
創業年月日:1985年6月29日
住所:東京都港区北青山二丁目5番8号 青山OMスクエア
代表者:代表取締役社長 藤崎 清孝
事業内容:インターネットを利用したオークションの主催および運営等の情報流通支援サービス事業
主な取扱品目 中古車、オートバイ、花き、中古PC、スマートフォン、ブランド品等

【MoneyMax Financial Services 会社概要】
会社名:MoneyMax Financial Services  (SGX上場:2013年8月)
設立年月日:2008年10月
住所:7 Changi Business Park Vista Singapore 486042
Executive Chairman & CEO:Dato’ Sri Dr. Lim Yong Guan
URL: https://moneymax.com.sg/
事業内容:質店、中古ブランド品小売 シンガポール(37店舗)、マレーシア(11店舗)

■本件に関するお問い合わせ
株式会社オークネット 総合企画室 土屋 貴幸・伊藤 慶子・吉岡 祐二
TEL:03-6440-2530  MAIL:request@ns.aucnet.co.jp

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。





コメントを残す