ホンダ、ステーションワゴン「シャトル」の一部仕様を変更 – Goo-net(グーネット)

Home » ショップ » バイク » ホンダ、ステーションワゴン「シャトル」の一部仕様を変更 – Goo-net(グーネット)
バイク コメントはまだありません



業界ニュース [2017.09.15 UP]



ホンダ、ステーションワゴン「シャトル」の一部仕様を変更

シャトル
一部仕様を変更したコンパクトステーションワゴン「シャトル」

ホンダは、コンパクトステーションワゴン「シャトル」の一部仕様を変更して、9月15日より発売する。今回の仕様変更は、全車に安全運転支援システム「Honda SENSING」(ホンダ センシング)を標準装備としたことが挙げられる。ミリ波レーダーと単眼カメラによる衝突回避支援機能「衝突軽減ブレーキ」、「誤発進抑制機能」のほか、「路外逸脱抑制機能」、「アダプティブ・クルーズ・コントロール」、「車線維持支援システム」など、運転をサポートする8機能を搭載する。

シャトル
全車に安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備とした
シャトル
パワートレーンのチューニングを実施してスムーズな加速フィールを実現

また、ガソリンモデル、ハイブリッドモデルともにパワートレーンのチューニングを実施。スムーズな加速フィールなど、運転する楽しさを進化させるとともに、ハイブリッドモデルではJC08モード燃費を34.4km/lにして燃費性能を向上させている。そのほか、飲み物の容器サイズに応じて深さを2段階で調節できるドリンクホルダーを採用。一部モデルでフォグランプのLED化や「Apple CarPlay」、「Android Auto」への対応など利便性の向上が図られている。

メーカー希望小売価格は、シャトルが177万120円〜263万1,960円(税込)、シャトルをベースとした福祉車両の助手席回転シート車が、186万7,320円〜237万1,680円(税込)

  • 〜ホンダ、ステーションワゴン「シャトル」の一部仕様を変更〜|業界ニュースなど最新情報は中古車【グーネット(Goo-net)】のGooMAGAZINE!



コメントを残す