オークネット総合研究所『バイクの購入・利用に関する消費者意識調査』結果レポート – BIGLOBEニュース

Home » ショップ » バイク » オークネット総合研究所『バイクの購入・利用に関する消費者意識調査』結果レポート – BIGLOBEニュース
バイク コメントはまだありません



1.実施概要
調査方法:インターネット上から回答
調査期間:2017年7月19日(水)〜2017年8月1日(火)
回答数:1,818人
調査企画:オークネット総合研究所

2.アンケート結果概要
・バイクの保有状況は、「現在保有している」21.4%、「過去保有していたが、今は保有していない」40.5%、「一度も保有したことがない」38.2%となった。(対象:バイク免許保有者)
・バイクを保有しない理由としては「利用する機会がない」28.9% 「自転車や車で十分」28.2%とこのふたつがともに3割近く占めている。
・バイクを購入するときどのような方法で探すかについては「インターネットでの検索」が最も多かったが「自宅近くの新車・中古車販売店」と「自宅近くのメーカー系販売店」を合算すると全体の40%を占めており、修理や故障の場合を考えて自宅の近くで探すという回答が多かった。
・レンタルバイクの認知度は 40歳代以外の世代では70%以上が知らず、認知度はかなり低い結果となった。
・ただし免許保有者の33.5%は「レンタルバイクを利用したい」と考えている。

詳細はこちら:http://www.aucnet.co.jp/wp-content/uploads/b924583f8b405e1582a9c6bac7cd9a75.pdf

本資料に関するお問合せは以下へご連絡ください。また、本資料を利用される際は当研究所へご一報いただき、提供元を「オークネット総合研究所」と明記の上でご利用ください。

〒107-8349東京都港区北青山2-5-8 青山OMスクエア
オークネット総合研究所
TEL:03-6440-2530
URL:http://www.aucnet.co.jp/

コメントを残す