「誰でも飛ばせそうなFW」キャロウェイ スティールヘッド XR フェアウェイウッド – ゴルフダイジェスト・オンライン

Home » ショップ » ゴルフクラブ » 「誰でも飛ばせそうなFW」キャロウェイ スティールヘッド XR フェアウェイウッド – ゴルフダイジェスト・オンライン
ゴルフクラブ コメントはまだありません



シャフトが短くてもドライバー並に飛ぶ

【ミーやん】すでに2機種のアイアンが展開されているスティールヘッド XRシリーズに、新たにフェアウェイウッドが加わりました。クラウンにカーボン素材が使われたコンポジット構造のヘッドに、従来の3番ウッドよりも少し短めのシャフト(42.5インチ)が装着されています。


【ツルさん】プロやアスリート向けのフラッグシップブランドのエピックに対して、スティールヘッド XRはアベレージ層をターゲットに開発されたモデルです。キャロウェイのCMでも、やさしく打てることを熱心にアピールしていますよね。まずは3番ウッドが苦手なアマチュアの代表として、ミーやんから打ってみてください(笑)。


【ミーやん】地面から3番ウッドを打つと、球が上がらなくて飛ばせないんですよ・・・。あれ? このクラブは打ち出しからボールが上がってくれて、よく飛んでいます! ボクが普段使っているよりも、20ヤードぐらい飛距離が伸びていますよ。このクラブはスゴイかもしれません。

【ツルさん】ミーやん自前の3番ウッドが古すぎますが、それにしても『スティールヘッド XR フェアウェイウッド』はよく飛んでいます。ボール初速が出ているし、なおかつ高打ち出しの低スピン弾道です。ミーやんが試打した計測数値を見ても、これ以上の飛距離は望めないぐらいの理想値ですよ。

【ミーやん】シャフトが短くてミートしやすいうえに、地面から打った球がドライバーと同じぐらい飛んでいます。本当に最新フェアウェイウッドの性能の進化を感じますね。ここまで飛距離差が出ると、さすがに買い替え時だと痛感しました。


【ツルさん】キャロウェイのCMに偽りなしですね。アベレージゴルファーが打っても、やさしく飛ばせるフェアウェイウッドだと思います。ヘッドの構えやすさやフェースの弾き感は『エピック スター フェアウェイウッド』に似ていますが、こちらのほうが球を上げやすく、つかまえやすい印象です。スライサーにも相性がよさそうですね。純正で装着されているフジクラ製シャフトとも相性バツグンで、「ズパーン」と加速しながらフィニッシュまで振り抜けます。

【ミーやん】でも、少し軽すぎませんかね? ボクぐらいのヘッドスピード(43m/s)で振るなら、もう少し重くてもいいかなと思います。飛んでいるけれど、球が少し散らかります。

【ツルさん】ミーやんのように軽く感じる人には、60グラム台のカスタムシャフト装着モデルのほうがいいでしょうね。フェアウェイウッドが不得意なゴルファーは、試打する価値があるクラブだと思いますよ。


■試打クラブのスペック
キャロウェイ スティールヘッド XR フェアウェイウッド
番手:3番(ロフト角15度)、シャフト:オリジナルカーボン スピーダーエボリューション for XR、フレックス:S
発売日:2017年7月21日、価格:税抜36,000円(税込38,880円)

■マイクラブ情報
ミーやん:テーラーメイド Vスチール(ロフト角:15度、シャフト:オリジナルカーボン、フレックス:S)
ツルさん:テーラーメイド M2 フェアウェイウッド(ロフト角:15度、シャフト:日本シャフト レジオ フォーミュラ MB タイプ75、フレックス:S)




コメントを残す