ツタヤ図書館、「新刊」と明記された選書リストのなかに、中古本を混入 … – ニフティニュース

Home » ショップ » 古本 » ツタヤ図書館、「新刊」と明記された選書リストのなかに、中古本を混入 … – ニフティニュース
古本 コメントはまだありません

 6月12日付当サイト記事『ツタヤ図書館、旧CCC関連会社のデータを基に選書リスト作成か…「新刊」に中古本混入か』において、宮城県多賀城市立図書館が、昨年3月に新装開館するのに合わせて蔵書を購入する際、同館を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が「新刊」と明記された選書リストのなかに、中古本を混入させていた可能性があるとの疑惑を追及した。

 2万1000冊の選書リストを詳細に分析した結果、2015年12月にCCCが提出した「第8回選書リスト」の一部は、中古本の通信販売サイト「ネットオフ」の在庫情報を基にしているか、あるいはネットオフがCCCから依頼されて作成した可能性が高いと考えられる。

 そこでネットオフの大口顧客(古本屋、漫画喫茶)向けの法人営業部門に、「図書を購入するにあたって、リストまで作成してくれるか」と問い合わせたところ、次のような答えが返ってきた。

「『小説が欲しい』『ビジネス書が欲しい』『単価は200円以内で』など、お客さまのニーズをお聞きして、それに合ったご提案をさせていただくことはできます。もちろん、ご購入いただいたものについてはタイトル、作者、JAN(バーコードの規格)、ISBNが記されたリストをエクセルデータでご提供することも可能です」

 次に、CCCに対して「多賀城市立図書館の新刊選書リストに中古本が混入している疑惑がある」旨を伝え、「新刊に中古が混入していないか確認してほしい」と問い合わせた。合わせて、多賀城市立図書館の開館準備において、どこから何冊購入したのか、その詳細を開示するよう求めた。

 これに対して同社からは、中古本混入疑惑について「そのような事実はございません」、また購入先の詳細についても「お出しすることはできません」との回答だった。

●中古本リストを基に新刊購入?

 そのため、事実解明のカギを握っていると思われる、TRC(図書館流通センター)に問い合わせた。なぜなら、多賀城市教育委員会が新刊の購入先はTRCだと明確に認めていたためだ。

 同社には、「新刊選書リストに中古本が混入している疑いがあり、その証拠となるデータを確保した」と伝えたうえで、「CCCは、多賀城市立図書館の新装開館用に、新刊を約2万冊購入したとしているが、それは事実か。また、それについて最終的な購入冊数を開示してほしい」と求めた。

 TRCからの回答は、驚くほどアッサリしていた。

「確かに、CCCから発注を受けて、多賀城市には2万冊以上納入しています。一昨年11月くらいから発注を受けて、昨年2月末までに、装備も終えてすべて納本を完了しています」(TRC広報部)

 具体的に何冊納本したのかなど、それ以上詳しい取引内容については「注文内容を第三者に伝えることは、信用問題になる」との理由から開示は拒否した。

 東京の図書館をもっとよくする会の池沢昇氏は、この回答を次のようにみている。

「TRCが真実を述べている蓋然性は高いと思います。11月というのは、教委選書の第1回目の新刊発注(第4回選書リスト)の時期と符合します。納入冊数も符合します。ただ、選書リストには古い本が多いため、絶版・品切れで新刊書の入手ができないものも多く出ています。納品された本のすべてが新刊書なのか、まったくわかりません」

 では、前回記事で見たように、CCCの提示した新刊選書リストがネットオフの保有する中古本データと酷似していた事実は、どうとらえればよいのだろうか。池沢氏は、次のように推測する。

「ネットオフはデータが整備されているため、簡単にリストをつくりだすことができます。そこで、CCCはネットオフに選書リストをつくらせ、それを基にTRCに発注した可能性も否定できません」

 15年1月にCCCが見積書を市教育委員会に提出した時点では、追加蔵書購入数は3万5000冊で、新刊と中古は1万7500冊ずつとなっていた。その後、なぜか方針が変更され、第1回目の選書リストが市教委に提出された同年6月時点では、「新しい本6割(2万1000冊)程度、中古本4割(1万4000冊)」と、新刊が3500冊も大幅に増えていたのである。

 市教委とCCCとの間で、いったいどんなやりとりがあったのかはわからないが、ただでさえ、短い期間に新刊を大量に手配してしていかねばならないときに、突然何千冊も新刊を増やすことになった。すでに選書リストは、ほぼ準備されていたと考えられる時期で、そこから新刊の選書リストを新たに作成するのは困難な作業だ。そうしたなかで、すでに完成していた中古本の選書リストを再利用し、新刊の選書に挿入したのではないだろうか――。

 そう考えると、「なぜ新刊の選書リストに、刊行年が古い本が多くあるのか」「なぜ市場に多く売れ残っているような本が多く選書されているのか」など、それまで疑問に感じていたことの辻褄が合う。

 池沢氏も、「実際に購入したのはすべて新刊だったとしても、『偽装はないのでコンプライアンス上問題なし』とはいえない」と厳しく批判する。

「CCCの新刊選書の多くは、新古書を対象に行ったと考えられます。高い金を使って安物を買ったことになります」(池沢氏)

 確かに、鮮度の高い新刊を大量に入れることができる機会に、売れ残りや古書店にあるような本ばかりを、新刊として定価で購入していれば、これは市民に対する背信行為といっても言い過ぎではないだろう。

●詳細なデータは開示拒否

 一方、仮に図書館に最新刊が2万冊も入っていたら、多賀城図書館に併設されている蔦屋書店の魅力は、大いに色褪せていただろう。そういう意味では、図書館が古い本を多く購入したことで、両者の差別化ができたといえるだろう。

 そこで、筆者は再度CCCに対して「ネットオフの中古データを基に選書したリストで、TRC等に新刊の注文を出したのではないか」と質問をした。それに対し、「問い合わせいただきました件ですが、事実ではございません」と返答があった。

 さらに、ネットオフを運営するリネットジャパンに対して、「CCCから依頼を受けて多賀城市立図書館へ納本したことがあるか」「選書リストの基となるデータを作成したか」を問い合わせた。だが、「取引相手方であるCCC様や関係各所への確認が必要のため、もうしばらく時間を頂戴したい」との返答があったきり、その後、音沙汰なしだった。

 結局、CCCがネットオフの中古データを基に新刊を選書したかどうかは不明だが、新刊の選書リストの一部が中古本のような古い本だらけだったのは、まぎれもない事実だ。

 下の表は、第8回選書リスト中にある「ビジネス」の一部を抜き出したものだ。刊行後5〜10年以上経過したものがズラリと並んでいる。かつて話題になった本も多数含まれているが、「鮮度が命」ともいえるビジネス書のリストとしては不適切としかいえない。

 追加蔵書購入の原資が、市民の納めた税金である以上、CCCは図書の詳細な納本状況について積極的に情報開示すべきである。

 CCCが運営する「ツタヤ図書館」については多賀城図書館に限らず、佐賀県・武雄市図書館、神奈川県・海老名市立中央図書館、岡山県高梁市でも、さまざまな不祥事や疑惑が次々に浮上している。だが、個々の案件について各市当局、指定管理者ともに、市民に対しての説明は不十分で、多くの事案がうやむやのままになっている。

 それにもかかわらず、さらに宮崎県延岡市、山口県周南市にも、ツタヤ図書館の開設されることが決まっている。いまだに視察に訪れる地方議員が後を絶たないことから、今後もツタヤ図書館は全国各地に広まっていくのかもしれない。

 あなたは、自分の地元に新しい図書館ができたとして、見た目がいくら素晴らしくても、市民に対して説明責任を十分に果たさない事業者に任せることを是とするだろうか。
(文=日向咲嗣/ジャーナリスト)

コメントを残す