人材不足の「仮想現実」、急成長産業を映す現実 – ブルームバーグ

Home » ショップ » ゲーム機 » 人材不足の「仮想現実」、急成長産業を映す現実 – ブルームバーグ
ゲーム機 コメントはまだありません



世界の大手テクノロジー各社が仮想現実(VR)への投資を大幅に増やしているものの、緒に就いたばかりのこの分野で、その恩恵を受けている専門的人材はまだ非常に少ないのが現実だ。

  VRの専門知識のあるオンラインフリーランサーへの人材需要は4-6月期、他のスキルを持った人々に対する需要よりずっと速いペースで伸びた。フリーランサーと雇用主をつなぐアップワーク社のウェブサイトが提供する米国のデータによれば、VRプロジェクトの売上高は前年同期の30倍余りだ。

  VRはこれまでは高級ゲーム機程度にしか利用されず、主流になっていなかった。VRヘッドセットメーカーのオキュラスを2014年に20億ドル(約2200億円)で買収したフェイスブックは、オキュラス製のヘッドセットを値下げし、来年の発売を目指しもっと消費者に優しい製品に取り組んでいる。VRゴーグルは他にサムスン電子やアルファベット傘下のグーグル、ソニーなどが生産している。

  最も急速に伸びているスキルとして、自然言語処理(NLP)や神経回路網(NN)、画像処理(IP)といった人工知能(AI)関連の特殊技術がアップワークのリスト上位を占める。計量経済学の専門家の需要も急増した。

  これらの技能を持った働き手の供給プールはまだ小さい。わずか1年前はほとんど存在していなかったに等しい。例えば、アップワークのサイトでは今、VRをスキルの1つとして挙げているフリーランサーは2500人を若干超える程度にとどまっている。昨年の今頃は106人だった。

原題:VR Is the Fastest-Growing Skill for Online Freelancers(抜粋)



最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE



コメントを残す