サンヨーホームズ、「買取再販」本格化から1年で年間90戸 :: リフォーム … – リフォーム産業新聞

Home » ショップ » 家具 » サンヨーホームズ、「買取再販」本格化から1年で年間90戸 :: リフォーム … – リフォーム産業新聞
家具 コメントはまだありません

サンヨーホームズ、「買取再販」本格化から1年で年間90戸

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

 年商555億円の大手ビルダーのサンヨーホームズ(大阪府大阪市、松岡久志社長)。同社では昨年3月にリニューアル流通部を立ち上げ、中古住宅の買取再販事業を本格化。今年3月の決算では、約90戸販売の実績を上げた。経営戦略本部事業推進部の島貞和部長に戦略を聞いた。

サンヨーホームズ 広いLDKも人気の間取り広いLDKも人気の間取り

多様なニーズに対応できる

 同社が販売する買取再販物件の特徴は耐震診断および補強と、基本的なキッチン、バス、トイレといった水まわりやクロスなどのリフレッシュ工事に限定している点。ユーザーが購入を決めた後に、オプションとして、間取り変更など様々な追加工事を行うことができるようにしている。これにより、ユーザーの希望に沿ったリフォームを行えるだけでなく、低価格で販売することが可能になり、割安感を出すことができる。

 費用を抑えるために、そのまま入居することも可能だが、9割を超えるユーザーが何らかの工事を実施している。例えば、あるユーザーは、小さな子供がいたのでリビングに収納を増設。さらに、膝が悪い母親のベッドを置くために和室の畳をフローリングに敷き替えた。

 取り扱っている物件の価格帯や種類が豊富な点もポイント。中古住宅の場合、マンションは1000万円台~1億円超、戸建ては2500万円~1億円弱。加えて、新築戸建て、新築マンションも合わせて検討することができる。

 また、中古住宅の仲介とリフォームのワンストップサービスにも対応。物件探しに使える独自のネットワーク「HOPE‐NET」を構築。これに、「住まいのドック」という建物診断とリフォーム、工事保証・アフターサービスを合わせた「サン住まいリング」というシステムを用意。多数の中古住宅仲介+リフォームを受注している。

 「様々な選択肢を用意することで、お客様に合った住まいを提供することが可能になります。中古・新築のどちらを選んでいただいても、結果として会社全体として、コンバージョン率アップにつながります」(島部長)

仕入れの強化にも着手

 現在、仕入れのほとんどは一般仲介から。仕入れ競争が激しくなる中、同社では安定した仕入れを行うために、昨年の12月から「活、我が家」という新サービスを開始した。

 これは、ユーザーの自宅を同社が買い取った後、一定期間賃貸として売り主に貸し出すというもの。ユーザーには、住居を変えずに現金を手にすることができ、転居先をじっくり探すことができるというメリットがある。さらに、賃貸として売り主に貸し出す前に、耐震・劣化診断と、その結果に応じた補修・補強工事を行うので、安心して暮らすことができる。自宅を売却しやすくするサービスを展開することで、仕入れを強化する狙いだ。

 「私どもの武器は総合力。中古住宅はあくまでも数ある選択肢の1つです。そのため、1人のスタッフが中古住宅だけでなく、新築住宅も紹介できる体制をとっています。ただ、今後はニーズのさらなる拡大が見込まれるので、大塚家具と提携したホームステージングの実施など、中古住宅に関する取り組みにはより一層力を入れ、2020年度には、当社の大きな柱の1つとなる事業への成長を目指します」(島部長)

サンヨーホームズ ホームステージングによって、生活のイメージがしやすいホームステージングによって、生活のイメージがしやすい

コメントを残す