<動意株・18日>(前引け)=買取王国、ヨシムラ・フードHD、岩崎電気 – 株探ニュース

Home » 買取 » <動意株・18日>(前引け)=買取王国、ヨシムラ・フードHD、岩崎電気 – 株探ニュース
買取 コメントはまだありません

市場ニュース

戻る

2017年07月18日11時39分

【材料】<動意株・18日>(前引け)=買取王国、ヨシムラ・フードHD、岩崎電気

買取王国 <日足> 「株探」多機能チャートより

 買取王国3181>=ストップ高水準でカイ気配。同社は前週末14日の取引終了後に発表した第1四半期(3~5月)単独決算が、売上高11億5300万円(前年同期比8.4%減)、営業利益3000万円(同6.7倍)、純利益2000万円(同6.9倍)となり、上期計画の営業利益700万円を大きく上回ったことが好感されている。前期に不振店舗をスクラップしたことで売上高は減収となったが、主力商材のファッション、ホビーや新たに力を入れ始めた家電、工具が好調に推移していることに加えて、店舗外観改修計画の実施の遅れや、経費削減に積極的に取り組んだことにより販管費の減少が利益を押し上げたとしている。

 ヨシムラ・フード・ホールディングス<2884>=一時ストップ高し、上場来高値を更新。同社は14日取引終了後に、18年2月期第1四半期(3~5月)の連結決算を発表。営業利益は2億5300万円(前年同期比74.5%増)となり、上半期計画2億8000万円に対する進捗率は90.4%に達した。売上高は49億9700万円(同49.3%増)で着地。前期下期から新たにグループ企業となった純和食品や栄川酒造、エスケーフーズが収益面で寄与したほか、子会社の楽陽食品で主力商品や新商品が好調に推移したことで、主力の製造事業の収益が大きく伸びた。なお、上半期および通期の業績予想は従来計画を据え置いている。

 岩崎電気<6924>=大幅上昇し、4日続伸。同社は特殊照明の大手メーカーで、官庁向けに高実績を持ち、道路灯の市場シェアは推定4~5割に達している。防災対応や景観改善の観点から無電柱化が国策として進められるなか、小池東京都知事が同政策に非常に前向きであり、2020年の東京五輪も控え、電線を地中化させる動きが加速しそうだ。その際、道路灯の新設需要が発生するとの思惑が同社株を強く刺激している。会社側も道路灯特需について、具体的な数値目標などは掲げてはいないものの期待感を膨らませている状況だ。そうしたなか、同社はLED道路灯で国土交通省のガイドラインや仕様にも適合した32機種をフルモデルチェンジして8月末より発売する計画を前週に発表しており、買いの手掛かり材料となっている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

【関連記事・情報】

コメントを残す