リラクゼーションサロン「Refrex」がアララのハウス電子マネーシステム「point+plus」を採用 – BIGLOBEニュース

Home » ショップ » 医療機器・介護用品 » リラクゼーションサロン「Refrex」がアララのハウス電子マネーシステム「point+plus」を採用 – BIGLOBEニュース
医療機器・介護用品 コメントはまだありません





カード・メール事業を中心に企業向けの販促ソリューションを提供するアララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:岩井 陽介 以下、アララ)は、株式会社ベストメディカルライフ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長井 博 以下、ベストメディカルライフ)が展開するリラクゼーションサロン「Refrex(リフレックス)」において、ハウス電子マネー(※1)機能、ポイント機能を搭載した販促支援ツール「point+plus(ポイントプラス)」が採用されたことを発表いたします。
※1ハウス電子マネーとは、スーパーマーケットや外食チェーンなど店舗名義で発行されるプリペイドカードのこと

ベストメディカルライフは、北海道札幌市と大阪府大阪市にリラクゼーションサロン「Refrex」を展開しています。これまで、お客様から回数券などスムーズな決済手段を望む声が寄せられていたことを受け、この度、利便性向上を目的に「point+plus」の導入に至りました。

今後、ベストメディカルライフでは、「Refrex」各店においてハウス電子マネーを活用したチャージアップキャンペーンや期間限定ポイントキャンペーンなど、各種キャンペーンを実施し、新規獲得及び再来店の促進に役立てたいとしています。また、電子マネーを導入することで、店舗側のオペレーション時間短縮にも繋げたいとしています。さらに、サービス開始にあたり、施術料金体系の見直しも実施。より手軽に利用いただける価格帯にすることで、会員化増を見込んでいます。

■ハウス電子マネー導入のポイント
(1)レジ処理速度の向上による顧客ストレスの解消
(2)チャージや電子マネー利用による特典の付与
(3)オペレーション業務の改善

[画像: https://prtimes.jp/i/4318/135/resize/d4318-135-781174-0.jpg ]

■カード概要
カード名称:Refrexカード
発行手数料:無料
年会費:無料
プレミアム付与:
¥5,000〜¥9,000のバリューチャージで3%付与
¥10,000〜¥50,000のバリューチャージで5%付与
バリュー支払に対し、1%付与
チャージ上限:6万円

■「point+plus」について
「point+plus」は、カードを軸にハウスポイントや電子マネー機能、顧客データに基づくメール配信機能を付加することができる店舗向け販売促進ソリューションです。ポイントカードを作る際に登録いただく属性情報(お誕生日やメールアドレスなど)を活かし、そのお客様にメリットがある情報をメールで配信できる点が大きな特徴となっています。リアルタイムでのカード利用実績取得機能も備えているため、データにもとづいたキャンペーンの実施等、タイムリーなマーケティング活動を可能にします。【URL】https://pointplus.jp/

<株式会社ベストメディカルライフ 会社概要>
会 社 名:株式会社ベストメディカルライフ
U R L :http://www.bestmedicallife.com/
所 在 地:〒163-0630 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル30階
設   立:2003年10月16日
資 本 金:80,000,000円
代表取締役社長:長井 博
事業内容:医療機器及び医療用品並びに介護用品の販売、医療機器及び医療用品並びに介護用品の販売リラクゼーションサロン「Refrex」の運営
店舗情報:
大阪堺筋本店 http://osaka.arkrefrex.com/
札幌店 http://www.arkrefrex.com/

<アララ株式会社 会社概要>
会 社 名:アララ株式会社(arara inc.)
U R L:https://www.arara.com/
所 在 地:〒107-0062 東京都港区南青山2-24-15 青山タワービル別館
設   立:2006年8月16日
資 本 金:331,500,000円
代表取締役:岩井 陽介
事業内容:
【カード事業】 電子マネー管理、ポイント管理、会員管理、メール配信等を含む
統合型販促パッケージ「point+plus」、及びそれに関わるSI・アプリケーションの開発・提供
【メール事業】高速メール配信サービス「アララ メッセージングソリューション」の開発・提供
【データセキュリティ事業】 個人情報検出ソリューション「P-Pointer」シリーズの開発・提供
【AR事業】 AR技術を採用した「ARAPPLI」「ARARA SIGNAGE」「marcs」、
及びそれに関わるSIの企画・開発・提供
【スマートフォン事業】 スマートフォン向けアプリ「Q」の企画・開発・提供





コメントを残す