ブログ:走る芸術、パキスタン「デコトラ」の魅力 – ロイター

Home » ショップ » 家具 » ブログ:走る芸術、パキスタン「デコトラ」の魅力 – ロイター
家具 コメントはまだありません



[チャルサダ(パキスタン) 15日 ロイター] – 排気ガスで空気は汚すし、ボンボンと音を立てながらのろのろ走るだけではあるが、パキスタンのトラック運転手にとって、おんぼろの愛車は動く芸術作品だ。

花やイスラム教のモチーフ、そして雪に覆われたヒマラヤ連峰など、さまざまな装飾で埋め尽くされた車体は、見る人を驚かせる。

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

南アジアの「トラック芸術」は、世界の注目を浴びており、海外の美術展にインスピレーションを与えたり、ロンドンのおしゃれな地区の店で派手なミニトラックが売られたりしている。

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

だが地元では、嘲笑を浴びせたり、「芸術」と呼ぶことを拒否する人もいる。

数十年ものの中古車を「動く壁画」に変身させる数々のデザインは、運転手が表現する地元への誇りである。正しい色や動物の絵を選ぶのは、数えきれないほどの運転時間よりも難しい。

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

トラック運転手歴40年のハジ・アリ・バハドゥルさんは、アフガニスタンとの国境に近い部族地域の出身で、黄色と緑を自分の色にしてきた。

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

「私たちカイバルやモフマンドなどの部族地域出身の運転手は、車体の縁を花のモチーフで飾るのが好きだ」と、バハドゥルさんは言う。「スワートや南ワジリスタン、カシミール地方の人たちは、山や野生動物の絵を好む」

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

トラック芸術は、パキスタンの最も知られた文化の輸出品の一つとなっており、そこから派生した玩具や家具などが、周辺地域で誕生している。

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

パキスタン経済は加速しており、中国との新たな貿易路も建設されている。トラック芸術は、国外で新たなファンをもうじき生むかもしれない。

(文責:Jibran Ahmad 写真:Caren Firouz)



(2017年 ロイター/Caren Firouz)

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

(2017年 ロイター/Caren Firouz)

(2017年 ロイター/Caren Firouz)



コメントを残す