「峠の釜めし」の釜、どうしてる? 意外なリサイクル方法も – 乗りものニュース

Home » リサイクル » 「峠の釜めし」の釜、どうしてる? 意外なリサイクル方法も – 乗りものニュース
リサイクル コメントはまだありません

「峠の釜めし」の釜、どうしてる? 意外なリサイクル方法も | 乗りものニュース








信越本線・横川駅(群馬県安中市)の駅弁「峠の釜めし」に使われている陶器の釜は、料理用をはじめ、さまざまな用途に再利用されています。そもそもこの釜はどのような経緯で誕生し、どのような利用方法があるのか、製造元の「おぎのや」に聞きました。


ひとり暮らしに最適? 料理用、植木鉢、さらには…

 信越本線・横川(群馬県安中市)の駅弁「峠の釜めし」は、1958(昭和33)年以来のロングセラー。2017年6月現在、各地で開催される駅弁大会のほか、東京駅や銀座の複合ビル「GINZA SIX」(東京都中央区)、上信越道・横川SA(群馬県安中市)などでも売られています。

おぎのやの「峠の釜めし」(画像:おぎのや)。

 その器は栃木県益子町で作られる益子焼の釜です。「おぎのや」の屋号で釜めしを製造・販売する荻野屋(群馬県安中市)によると、べ終わったあとの空き釜は「基本的にはお持ち帰りいただいています」といいます。

 この空き釜、どのような利用方法があるのでしょうか。おぎのやのウェブサイトでは、空き釜を使った料理レシピを紹介しており、パエリア、チョコレアチーズケーキ、フルーツグラタン、釜あげうどんなど、和洋さまざまなメニューが見られます。これについて、荻野屋に話を聞きました。

――ウェブサイトでさまざまな料理が紹介されていますが、おすすめはなんでしょうか?

 個人的には、まずは釜で炊いた白米を食べてもらいたいと思います。釜を使うとちょうど1合分をふっくらとおいしく、「おこげ」付きで炊くことができます。

――料理以外にも使われているのでしょうか?

 よくあるのは植木鉢です。ほかには灰皿や、ペットのえさやり用の器などでしょうか。珍しいところでは、インターネット上で見た限りですが、各種部品を取り付けてスピーカーにしている人もいらっしゃいました。ふたの裏に絵を描かれる方も多く、寄贈いただいた絵は各店舗に飾っているほか、当社のドライブインなどで展覧会も開催しています。



























関連記事

最新記事

“; $(_target).append(_result); } } if ( t>9 ){ return false } else if ( n==”/”||n.match(/\/[1-9]\//)||n==”/archive/”||n==”/column/”||n==”/hotnews/” ){ return true } else { if(_label===’iine’) { _result=’

  • ‘; } else { _result=’
  • “; } $(_target).append(_result); t++; } }); } }); });
    }





  • コメントを残す